• HOME
  • メイク
  • カラーアイライナーを使いこなそう!カラー&まぶた別カラーラインテクニック

カラーアイライナーを使いこなそう!カラー&まぶた別カラーラインテクニック

カラーアイライナーでトレンドアイメイク
メイク
スポンサーリンク

2018年はカラーアイライナーでマンネリアイメイク脱却!

2018年のアイメイクのトレンドの一つ、カラーアイライナー。 特に2018年はナチュラルで抜け感のあるアイメイクがトレンドになっており、カラーアイライナーは抜け感アイメイクのアクセントとして大活躍します。

カラーアイライナーは2018年のアイメイクのトレンドアイテム

カラーアイライナーでトレンドメイク

ついつい、いつもと同じアイメイクで済ませてしまう。アイメイクを変えたいけど、難しいテクニックは嫌!
そんな方にオススメなのが、2018年トレンドコスメの一つ、カラーアイライナーです。いつも使っているアイラインに組み合わせたり、かわりにカラーアイライナーでメインのアイラインを引いたり、色々な使い方ができるんですよ。

カラーアイライナーでトレンドメイク

2018年のアイメイクのトレンドは、抜け感と遊び心のあるアイメイク。
2018年春夏の新作コスメにも、カラーアイライナーがたくさん登場!プチプラコスメからは、ヴィセやスウィーツ・スウィーツ、デパコスからはイブ・サンローランやメイクアップフォーエバーなど・・・。様々なコスメブランドが2018年初夏にカラーアイライナーの新色、新作を発売しています。

黒のアイライナーをカラーアイライナーに変えるだけで、抜け感アップ!

黒のアイライナーは、目元をくっきり見せてサイズアップさせるアイメイクの定番コスメ。
2018年は、これまで以上に抜け感のある柔らかなニュアンスのアイメイクがトレンドなので、黒のアイライナーがメインだとちょっと気合いが入りすぎているように見えます。 メインのアイライナーをカラーアイライナーに変えたり、部分的にカラーアイライナーを引いてアクセントにしたりと、遊び心を加えるのが2018年のアイメイクのポイントです。

ペンシル?リキッド?タイプ別カラーアイライナーの特徴

アイライナーで印象的な目元のアイメイク

ペンシルやリキッド、ジェルライナーも、それぞれ魅力があるので、どっちが正解というのはありません。違いは以下の通りです。

 ペンシル:柔らかなニュアンスのラインが引けるので、抜け感を表現しやすいのが魅力。また、ぼかしやすいのでアイシャドウのように広げて使うこともできます。

 リキッド:細く繊細なラインを引きやすく、まぶたの上を筆先がなめらかに動くので、不器用さんでも使いやすいです。

 ジェル:色が鮮やかに発色するので、カラーを強調したいときにぴったり。色持ちも良くて崩れにくいです。

夏に使うなら汗や皮脂に強いタイプが心強いでしょう。ペンシルとリキッド、ジェルライナーの中では、ジェルがもっとも落ちにくいタイプです。次にリキッド、ペンシルとなります。 もしリキッドまたはペンシルを使うなら、アイメイクの前に優秀なアイメイクベースを使い、崩れにくい土台を作っておきましょう。

<オススメアイメイクベース> アイメイク NARS /スマッジプルーフ アイシャドーベース(税抜3,100円)

優秀なアイメイクベースがあれば、例えばダイソーやキャンドゥなど100円ショップのカラーアイライナーでも、ドラッグストアのプチプラなカラーアイライナーでも崩れ知らず! NARSのアイメイクベースは、名前はアイシャドウベースですが、アイライナーやアイブロウのベースとしても使える万能アイテムです。 目元をさらっと整えて、アイシャドウやアイライナーの発色をメイクしたての状態でキープします。 すぐに乾くので、時間がないときのメイクでも使いやすいですよ!

画像提供元:NARS cosmetics

【カラー別】カラーアイライナーの使い方

赤またはバーガンディー

カラーアイライナーでトレンドアイメイク

情熱的で色っぽい赤やバーガンディーのカラーアイライナー。 特にバーガンディーは、2017年に引き続き、2018年も人気のワインカラー。 バーガンディーはは、カラーアイライナーの中でも特に目元になじみやすい色なんです。 目元の粘膜が赤なので、上下瞼の目頭から目尻までのメインラインに使っても、抜け感のある仕上がりになります。

ネイビー

カラーアイライナーでトレンドアイメイク

黒のアイライナーのかわりに使いやすいのが、ネイビーのカラーアイライナー。 パッと見は黒だけど、黒よりも発色が柔らかく、よく見ると青みがかっているのがネイビーのカラーアイライナーの特徴です。 ぜひ、いつもは黒のアイライナーで引くメインのアイラインとして使ってみてください。 カラーメイクは派手なイメージがある、という方でも取り入れやすいですよ♪ ネイビーは知的な印象を持たせる色なので、オフィスメイクにも使いやすく、仕事場でもさりげなくカラーアイメイクが楽しめます。

ブラウン

カラーアイライナーでトレンドアイメイク

ブラウンもネイビーと同じように、取り入れやすいスタンダードなカラーです。 カラーアイライナーの中で、最も主張が優しい色なので、まつげのキワに細く引けばアイラインを引いていないように見えるくらい自然。 目元をくっきり見せるというより、ニュアンス感のある優しい目元に仕上げるので、女性らしさを引き立てたいデートアイメイクにぴったり。 メインラインの他には、目尻側3分の1にはね上げラインを引くのもオススメ。 ブラウンのはね上げラインは、まつげの影のように見えるので、まつげが跳ね上がっているように錯覚させるテクニックです♪

カーキ

カラーアイライナーでトレンドアイメイク

カーキは日本人の肌色になじみやすい色で、普段使いしやすいブラウンアイシャドウとも相性バッチリ。 ブラウンの単色アイシャドウのアクセントとして、カーキのカラーアイライナーをメインラインとして使ってみてください。 アイシャドウをグラデーションにしなくても、華やかな目元に仕上がります。 華やかでも、色合いが渋いので、気合いの入りすぎていない大人の抜け感アイメイクになるでしょう。

カラーアイライナーのプラスαテクニック

一重

カラーアイライナーでトレンドアイメイク

キリッとした目元が印象的な一重さん。 カラーアイライナーは、上下まぶたの目尻に入れると、色が映えてオシャレな目元に仕上がります。 上は目尻側3分の1、下は目尻の三角ゾーンを埋めるようにカラーアイライナーをひきましょう。 クールな目元に仕上げたいときは、シャープなラインが引けるリキッドタイプを。 優しげでフェミニンな目元に仕上げたいときは、柔らかなラインに仕上がるペンシルタイプを。 カラーは暖色系だと腫れぼったく見えますが、ブルーやミントグリーンなど寒色系カラーがなじみやすいのでオススメです。

奥二重

カラーアイライナーでトレンドアイメイク

まぶたが重たく見えがちな奥二重さんは、カラーアイライナーも黒アイライナーも、太く引くのはNG。 目尻長めのアイラインで、切れ長な瞳に見せましょう。 カラーアイライナーを目尻から5mmほど長く引きます。 ラインは、はね上げるとクールな仕上がりに、下げると可愛らしいタレ目に仕上がるので、その日の気分で変えてみてください。

二重

カラーアイライナーでトレンドアイメイク

比較的アイメイクしやすい二重さんにオススメのテクは、インラインを黒アイライナーで引くこと。 カラーアイライナーを上まぶたに引いただけでは、色が浮いて見えやすいので、黒アイライナーでまつげのキワを埋めます。 筆を持つ手の反対側の手の指で、まぶたを引き上げてスタンプを打つようにすると、ラインが引きやすいですよ!

アイライナーと同じ色のカラーマスカラで抜け感&モードアイメイク

オリジナルアイメイク

抜け感も大事だけど、派手すぎず個性的な目元にしたい!
そんなときは、マスカラをカラーアイライナーと同じ色で統一してみてください。 海外ではカラーマスカラを取り入れるポップなアイメイクも定番なんです。 抜け感をなくさないために、ベースは黒マスカラ、毛先にカラーマスカラをのせます。 また、赤や青など目立ちやすいカラーのマスカラの場合は、目尻のまつげにだけのせるとこなれた仕上がりに。

アイシャドウをカラーアイライナー風に使ってみよう

オリジナルアイメイク

アイシャドウを細くラインのようにのせると、派手な色でも2018年トレンドの抜け感のある仕上がりになります。 ラインを引きたい部分に、アイシャドウを細めのチップでポンポン、と少しずつ色をのせ、仕上げにラインを引くようにサッとひとなで。 ただし、プチプラのアイシャドウをラインのように使う場合は、色が落ちやすいことがあるので、優秀なアイメイクベースは必須です! 汗をかく日や、皮脂が出やすい生理前や生理中は特にメイクが崩れやすい日は、アイシャドウではなく、リキッドやジェルタイプのカラーアイライナーを使ってくださいね。

【1,500円以下】2018年春夏プチプラのオススメカラーアイライナー

セザンヌ ジェルアイライナー /500円(税抜)

アイメイクコスメ 画像提供元:セザンヌ化粧品

2018年の新作ではありませんが、口コミ評価の高いセザンヌの繰り出しペンシルタイプのアイライナーです。 カラーはブラウン、バーガンディー、ネイビー、ブラックの合計4色。 ヒアルロン酸やコラーゲン、レチノールなど保湿成分も配合されていて、ワンコインで買えるのは嬉しいですよね。 乾く前にぼかすと、アイシャドウのように色が広がり、ベースのアイシャドウとなじんで自然なグラデーションになります。 私はバーガンディーをゲット。目尻のアクセントとして使うことが多いです。 個人的には、芯がちょっと固いように感じましたが、力を入れずに少しずつ点を打つようにしたら、綺麗にラインが引けました。

セザンヌ ブラウンアイライナー細芯 /480円(税抜)

アイメイクコスメ 画像提供元:セザンヌ化粧品

ブラウンのリキッドアイライナーで、筆先はフェルトタイプ。 個人的にはセザンヌのカラーアイライナーの中で一番のお気に入りです! とにかく描きやすくて、描き心地がなめらか。

オリジナルアイメイク

上記のジェルアイライナーより、こちらの方が落ちにくいと感じました。 ブラウンアイシャドウを使ったとき、目尻にはね上げアイラインを引くと、抜け感のある仕上がりに。 ブラックも販売されているので、追加でゲットしたいと思います。

マジョリカマジョルカ ジェルリキッドアイライナー /950円(税抜)

アイメイクコスメ 画像提供元:資生堂

こちらも2018年の新作ではありませんが、個人的に落ちにくさに感動した、リキッドタイプのジェルアイライナーです。 カラーバリエーションは、漆黒、ブラウン、ネイビー、パープルの合計4色。 ペンの底についているクリックで、三段階の仕上がり調整が可能です。 ワンクリックでペンシル風、ツークリックでリキッド風、そしてスリークリックでジェル風。

アイメイクコスメ

リキッドの描きやすさとジェルの濃密なツヤが1本にまとまった、マルチなアイテムです。 私はネイビーを愛用しているのですが、汗をかいても落ちにくく、朝のメイクしたてのラインが1日中キープできます。 口コミを見ると、クリック機能がうまく使えず、液がたくさん出てしまうというトラブルも。 私も最初は苦戦しましたが、ティッシュを用意して手の甲でラインを引いて練習したら、すぐに慣れました。 スリークリックのもっとも濃く発色するのは、抜け感が薄れてしまうので、ツークリックくらいがちょうどいいです。

ヴィセ カラーインパクトリキッドライナー /1,000円(税抜)

アイメイクコスメ 画像提供元:コーセー

2018年5月に発売された新作です。 高発色なのに、水彩カラーのような透け感があるので、トレンドの抜け感メイクにぴったり。 まぶたへの密着度が高いため、描いたラインが剥がれることなく、長時間発色をキープします。 カラーバリエーションが豊富で、合計8色。 そのうち、オレンジとカーキは限定色なので、お店で見つけたら即ゲットしたい注目アイテムです。

カラーアイライナーで目元に遊び心をプラス♪

カラーアイライナーでトレンドアイメイク

・カラーアイライナーは抜け感アイメイクにぴったりのアイテム ・色別、まぶたのタイプによってラインの引き方を変える ・2018年のトレンドでは、目尻ラインをカラーアイライナーにシフト プチプラコスメから様々なカラーアイライナーが登場していて、2018年はカラーアイライナー注目の年。 2018年のアイメイクは、アイライナーは黒が定番、というルールに縛られず、カラーアイライナーで抜け感と遊び心のあるアイメイクを楽しみましょう!

スポンサーリンク

美容ライター レナ

スキンケア、メイク研究が大好き、日本化粧品検定2級の資格勉強中の美容ライターです。迫るエイジングトラブルの予防に奮闘中!プチプラコスメ、美白コスメを中心に自...

プロフィール

関連記事