【紫外線ケア】シミ・そばかすを作らない簡単アフターケア

スキンケア
スポンサーリンク

そばかすやシミ、シワ・たるみの原因にもなる紫外線。
殺菌作用やビタミンDの生成を促す作用など、身体にとっても有益な効能を持つ反面、肌の老化を招くことはよく知られています。

でも、分かってはいても、完全なUVケアというのは難しいもの……。
本記事では、日焼けをしてしまった時に、そばかすやシミなどの肌の老化を招かないようにする賢いアフターケアをご紹介します。

焼ける前に確実にケアしたい方は、「紫外線から肌を守れ!そばかす・シミを作らない正しいUVケア」の記事からチェックしてみてください。

日焼け後のアフターケア

日焼け後の適切なアフターケアは、肌の状態により異なります。
水ぶくれができているなど重篤なケース以外は、以下の手順でケアしましょう。

手順1.冷やす

火照ったり赤みを帯びたりしているのは、肌がヤケドをしているということです。まずは水や濡らしたガーゼなどで冷やしましょう。

手順2.優しくクレンジング&洗顔

クレンジング 剤や洗顔料は低刺激のものを選び、いつもより更に優しく、丁寧に、決してこすらずにぬるま湯で洗いましょう。ダメージはそばかすやシミの原因にも直結します!

その摩擦、シミ・そばかすの原因かも!?美肌を作る洗顔とは?」の記事もチェックしてみてください。

手順3.低刺激の化粧品で保湿する

日焼けしてしまうと、つい使いたくなるのが美白製品。そばかすやシミにならないように、早くリカバーしたくなりますよね。でも、美白製品には刺激の強いものが少なくないので、まずは無添加・低刺激といった、肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。

手順4.休養と栄養をしっかり摂る

新陳代謝の滞った体は、日焼けの肌ダメージからの回復を遅くし、そばかす・シミの原因になってしまいます。しっかり睡眠を取り、水分と栄養バランスの良い食事を取り、ターンオーバーのサイクルを整えましょう。元気な体はそばかすやシミのない、美肌への近道です。

※水ぶくれができているなど、ひどい日焼けをしてしまった場合は、洗顔やスキンケアを避けた方が良いケースもあります。一刻も早く、皮膚科に相談しましょう。

まとめ

日焼けして傷んだお肌には、シンプルでお肌に負担をかけないスキンケアと体調管理が欠かせません。

日焼け後のお疲れ肌にそばかす・シミを作らないためにも、体の内側、外側からしっかりケアをして、そばかす・シミのできにくいお肌を作っていきましょう。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事