• HOME
  • 未分類
  • 増加する大人のあごニキビ!原因に対しての対処方法を解説

増加する大人のあごニキビ!原因に対しての対処方法を解説

未分類
スポンサーリンク

ニキビができる年頃といえば思春期世代。

中学生・高校生の頃の身体の変化に伴う副産物のようなものと言えるでしょう。

ところが、よくよく周りを見回してみると、最近は頬やあごにニキビができている学生がかなり減っているような気がします。

ニキビは青春のシンボルなんて言われていましたが、しっかりとしたニキビ対策が若い子たちの間で常識になっているのでしょう。

その反面、思春期なんてとっくに過ぎたという人のほうが、あごニキビで悩んでいるという話をよく耳にします。

いわゆる大人ニキビに悩まされているというわけです。

ニキビは顔のTゾーンにできるものと思っている方も多いようですが、確かに思春期には男性ホルモンの分泌により皮脂分泌が過剰になることが原因で、Tゾーンにできることが多くなります。

ところが、あごニキビは思春期とは関係なく、また皮脂分泌の多さが原因ということも関係なくできてしまうニキビだと言えるでしょう。

あごニキビができる主な原因

原因①:ストレスや環境の変化

あごニキビができる原因は、いくつか挙げることができます。

まず、一つの原因としてストレスや環境の変化で、皮膚や細胞の新陳代謝が乱れてしまい、肌を保護するバリア機能が低下したり、毛穴が詰まって老廃物を処理しにくくなったり、角質が厚くなることなどが原因となって、20代・30代になってあごを含む顔全体にニキビができるようになります。

原因②:生活リズムの乱れ

社会人となって、食生活が変わったり睡眠時間が乱れたりすることが原因で、肌への負担が増えることもあると思います。

生活リズムが乱れてくると、ホルモンバランスにも大きく影響し、肌のターンオーバーのサイクルも乱れてしまいがちです。

このターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、あごニキビや吹き出物などの様々な肌トラブルの原因となります。

原因③:肌の乾燥

体の中でもあごの部分は、毛穴が小さいこともあって汗もかきにくく、乾燥しやすいこともあごニキビを作る原因になっています。

ニキビの原因として、保湿不足が関係していることも多く、肌の内側が乾燥しているインナードライ状態に陥りやすいのがあごの部分だといえます。

そのために、思春期の頃と違って、20代・30代になってからは、あごの部分にニキビが多くできるようになり、大人のあごニキビに悩んでいる人が急増しているのです。

原因④:間違ったスキンケア

私たちが普段何気なく行っているスキンケアの中には、あごニキビをできやすくする原因がたくさん隠れています。

ここで特に注意すべき点は、洗顔のしすぎです。

洗顔によって余分な皮脂を落とすことは、あごニキビの改善・予防において大切です。

しかし、1日に何回も洗顔してしまうと、肌が乾燥しやすくなったり、バリア機能の低下を招く恐れがあります。

あごニキビの正しい対処方法

対処方法①:ストレス発散

仕事や人間関係などによるストレスは、ホルモンバランスにも影響を与えてしまうので、あごニキビができる大きな原因の一つと言えます。

ストレスをためてしまうことによって、あごニキビが治らなかったり、何度もしつこく繰り返すといった悪循環に陥ることもあり、生理痛や生理不順になってしまう場合もあるので、体の様々な不調を引き起こす恐れもあります。

スポーツや趣味など夢中になれるものを見つけ、適度にストレスを発散することで、この悪循環を断ち切ることが重要です。

対処方法②:規則正しい生活リズム

あごニキビの対処方法の中で最も重要なのが、規則正しい生活を送るということになります。

栄養バランスの偏った食生活を送ったり、極端なダイエットをしている場合は、あごニキビが繰り返しできやすくなります。

その他にも、睡眠不足や運動不足など不規則な生活をしていると、ホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌が活性化してしまい、あごニキビができやすい状態になります。

化粧品やスキンケアを変えればあごニキビはよくなると思いがちですが、あごニキビを根本的に改善するためには規則正しい生活をすることが大切です。

対処方法③:肌に潤いを与える

あごニキビの原因に対する対処方法もいくつかありますが、まずは肌の保湿をしっかり行い、しっかり潤いを与えるようにしてあげましょう。

その中でも肌のバリア機能の低下を回復させることが、あごニキビ対策には必要不可欠です。

ここで注意しなければいけないのは、保湿化粧品の選び方です。

化粧品の種類によっては、肌にダメージを与えてしまう成分を配合しているものもあり、かえって肌を痛めてしまうことがあります。

あごニキビで悩んでいる方の中には、敏感肌や乾燥肌など肌がデリケートな方も多いため、できるだけ刺激が少ないものを選ぶことが大切です。

対処方法④:自分の肌に合ったスキンケア

2~3万円もするような高級化粧品を使ったとしても、自分の肌に合うものでなければあまり意味がありません。

あごニキビができにくい肌を作るためには、自分の肌に合う化粧品を使って、正しいニキビケアを行う必要があります。

しかし、多くの場合、実際に使ってみないとわからないことが多いので、あごニキビケア専用化粧品を購入してみるのがおススメです。

肌に合わなかったり、異常が起こった場合には返金してくれるメーカーもあるため、保証制度があるところならなお良いと思います。

また、前述したように洗顔のしすぎは間違ったスキンケアなので絶対にNGですが、あごニキビ対策において正しい洗顔はとても重要です。

朝はぬるま湯だけで軽く洗顔し、夜は洗顔フォームを使って汚れをしっかりと落とすようにしましょう。

洗顔する際はゴシゴシ洗うのではなく、優しくなでるように洗うのがポイントです。

あごニキビの原因と対処方法のまとめ

大人になると急増するあごニキビは、いくつもの原因が複雑に絡み合っていることが多く、原因やきっかけを特定することは非常に困難です。

しかし、きちんと対策&治療をすればニキビの発症を予防したり、症状を軽減したりすることは十分できます。

まずは、栄養バランスの良い食事、睡眠時間の確保、ストレス解消といったことを心がけることが重要です。

その上で毎日のスキンケアを正しく行って、お肌が乾燥しないように潤いを保ち、バリア機能を正常に整えることがカギとなります。

生活リズムに気を付けつつ、毎日の正しいスキンケアでお肌のコンディションを整えて、キレイなお肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール