• HOME
  • スキンケア
  • 皮膚科での顎ニキビ治療ってどんなもの?薬は?保険は使える?かかる費用は?

皮膚科での顎ニキビ治療ってどんなもの?薬は?保険は使える?かかる費用は?

スキンケア
スポンサーリンク

できてしまった顎ニキビを早く、きれいに治すには、専門家である皮膚科へ相談するのが最も良い方法です。

通院の手間や費用がかかるなどのデメリットはありますが、その分お肌の状態を的確に見極め、効果の高い治療法を提案してくれるので、悩んでいる人は一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事では、主な治療の内容や保険適用、かかる費用についてご説明します。

皮膚科で受けられる顎ニキビの主な治療法

皮膚科で受けられる顎ニキビの主な治療法

<塗り薬や内服薬>

原因菌を殺して繁殖や炎症を抑えたり、皮脂量のコントロールをしたりする目的で使われます。

漢方を使って、冷え性や肝機能障害を改善することも。

<面皰圧出>

専用器具を使い、毛穴に詰まった皮脂や角質などを取り除きます。

<ケミカルピーリング>

酸を含む薬剤を塗り、ターンオーバーを促します。

<イオン導入>

肌に微弱電流を流し、ビタミンC誘導体や保湿成分をしっかりと浸透させます。

<ホルモン治療>

ホルモンバランスの乱れを調整し、過剰な皮脂分泌を抑えます。

<レーザー治療>

レーザー光線の力で原因菌を殺菌したり、毛穴に詰まった皮脂を溶かしたりします。

皮脂分泌を抑えたり、ターンオーバーを促したりする効果も。

皮膚科での顎ニキビ治療、費用はどれぐらい?

皮膚科での顎ニキビ治療、費用はどれぐらい?

皮膚科で顎ニキビの治療を受ける場合、使われる薬や治療法によっては保険が使えないことがあります。

そのため、治療方法を決める時は、メリットやデメリットと併せて費用がどのぐらい出せるかどうかも考える必要があります。

<保険適用となる治療>

  • 塗り薬/ディフェリンゲル、アクアチムクリーム、ダラシンTゲルなど
  • 内服薬/ルリッド、ミノマイシン、クラリス、ビタミン剤、漢方など
  • 面皰圧出

<保険が使えない治療>

  • 塗り薬/トレチノイン、エストロゲンゲル(ホルモン治療)など
  • ケミカルピーリング
  • レーザー治療
  • イオン導入

保険が使える治療は1回あたり数百円~数千円程度で済みますが、保険が使えないレーザーなどの治療になると、1回あたり2万円程度かかることも普通です。

数回分をセットにしたり、別の治療法と組み合わせたりすることで料金を抑えているクリニックもあるので、口コミなどを利用して調べてみましょう。

皮膚科での治療を成功させるポイント

皮膚科で処方される薬は、ドラッグストアなどで買える市販薬に比べて効き目が強い傾向があります。

また、抗生物質は途中で飲むのをやめてしまうと耐性ができ、効かなくなってしまうので、指示された用法・用量は必ず守るようにしてください。

そして、できるだけ腕の良い医師を探すことが大切です。

特にレーザーやケミカルピーリングなどは技術の差があらわれやすく、ミスをすればトラブルが起きる可能性が大きいので「近所だから」という理由だけでクリニックを選ばず、HPやブログ、口コミなどで情報を得るようにしましょう。

おわりに

しつこい顎ニキビにもう悩まない

しつこい顎ニキビに悩んでいる人にとって、皮膚科での専門的な治療は大きな安心感を与えてくれます

もちろん、自己流のケアに比べると効果のほうもバッチリ!

ただ、治療法によっては費用がかさんだり、リスクが高かったりする場合もあるので、どの治療を受けるかは慎重に判断しましょう。

腕の良い医師を探す努力も必要ですよ!

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事