顎ニキビが虫歯でできる?定期的な歯科検診が必要な理由

スキンケア
スポンサーリンク

顎のニキビ」と「虫歯」、一見なんの関係もないように見えますが、実は両者の間には深い因果関係があったのです。

顎のニキビを繰り返しており、尚且つ「そういえば、もう何年も歯医者さんに行ってないな……」という場合は、もしかしたら口の中の環境が悪くなっているのかもしれません。

定期的に健診を受け、トラブルを予防・改善していきましょう。

なぜ、虫歯があると顎のニキビの原因になる?

虫歯があるのに気付かず放置してしまうと、膿が溜まったり、ガスが発生したりします。

通常は、体の中でこのような現象が起きても、血液に乗っていつの間にか体外へ排出されるのですが、虫歯周辺に溜まる毒素は非常に排出されにくいため、なんとかして外に出そうと頑張った結果、顎ニキビとして現れてくるのです。

また、虫歯の放置は、歯周病や口臭の原因にもなるなど様々な弊害を生み出します。

特に自覚症状がなくても、定期的に歯科医の診察を受けるようにしましょう。

気になる口臭をマスクでごまかすのはNG!

気になる口臭をマスクでごまかすのはNG

虫歯が進行したり、歯周病にかかっていたりすると、口の中でガスが発生して強い口臭が出てきます。

こうなると口の中の環境はかなり悪くなっていることが予想されるため、できれば1日でも早く歯医者さんに駆け込みたいところです。

しかし、仕事が忙しくて時間がとれなかったり、診察を受けるのが苦手だったりして、ついマスクをすることでごまかそうとしてしまうという人もいるのではないでしょうか?

確かに、マスクをすればある程度の口臭をごまかすことはできます。

しかし、期待しているほどの効果は得られない上、マスクで蒸れて雑菌が繁殖しやすい状況を作り出してしまうため、顎ニキビができやすくなってしまいます。

歯医者さんで上手に診察を受ける方法

歯医者さんで上手に診察を受ける

虫歯を放置してしまう人の中には「治療を受けたいという気持ちはあるけれど、どうしても勇気が出ない」という人が少なくありません。

口の中を見られたり、器具を入れられたりするのに抵抗があったり、嘔吐反射が強くて治療がなかなか進まなかったりするのですね。

このような場合は「笑気麻酔」や「静脈鎮静法」といった麻酔の力を借りて治療を受ける方法もあります。

指示に従える程度の意識はあるものの、頭の中がぼんやりして恐怖感が薄れるため、リラックスした気持ちで治療が受けられるのです。

虫歯を治療しながら顎ニキビもケア

虫歯の進行度によっては、治療が終わるまでに1ヶ月以上かかることもあります。

本数が多ければ尚更ですよね。

しかし、いくら顎ニキビの原因が虫歯かもしれないといっても、その間、ただ手をこまねいているだけでは症状が悪化するだけです。

朝・晩の2回の洗顔、たっぷりの保湿を基本に、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、ストレスの発散などに気をつけてケアしていきましょう。

ハミガキが不十分な人は歯医者さんでブラッシング指導を受け、正しい磨き方で最低でも3分、できれば5分~10分程度磨くと効果的です。

仕上げにデンタルリンスを使うのも、虫歯や雑菌の発生を抑えるのに役立ちますよ。

おわりに

顎ニキビと虫歯の関係、いかがでしたか?

このように全然関係ないように思えるものが意外とニキビを作り出す原因になっているのですから、全身の健康に気を配ることがいかに大切かということが分かりますよね。

虫歯のない健康な歯はあなたのチャームポイントにもなります。

毎日のお手入れで、つるつるの肌と白い歯を手に入れましょう!

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事