顎ニキビに膿が溜まってしまった!上手な治し方は?

スキンケア
スポンサーリンク

あご周りにニキビがポツポツ。

そのニキビ、中心に白っぽい黄色の膿が溜まっていませんか?

膿を持ったニキビは大きくて目立つし、痛みやかゆみを伴うことも。

さらに治ってもまた同じようなニキビが何度も出来たり、ニキビ跡が残ってしまったり…。

黄ニキビ」と呼ばれる、膿を持ったニキビ。

実は、症状がかなり進んでしまっている状態で、ニキビ跡が残るリスクが非常に高いんです。

ニキビ跡を残さないで早く黄ニキビを治すにはどうしたらよいのでしょうか?

膿が溜まった黄ニキビとニキビ跡

膿が溜まった黄ニキビとニキビ跡

黄ニキビとは、毛穴の中で起きた炎症によって膿が溜まっている状態のことです。

どうして顎ニキビに膿が溜まるの?

毛穴に皮脂が詰まり、その内側でニキビ菌として知られる「アクネ菌」が繁殖して炎症が起きるとニキビが赤く腫れてきます。

一般的に「赤ニキビ」と呼ばれているその状態から、さらに悪化すると炎症によって化膿してしまい、炎症部分に膿が溜まってきます。

それがこの「黄ニキビ」なのです。

顎の黄ニキビを放っておくと…

化膿するほどの強い炎症が起きてしまうと、炎症は目に見える部分だけではなく、肌の奥深くまで広がってしまっていると考えられます。

炎症によって皮膚組織の細胞が破壊され、傷ついた細胞は色素沈着クレーターの原因となり、ニキビが治っても跡が残ってしまう可能性があります。

さらに怖い血混じりの膿「紫ニキビ」

そして、黄ニキビがさらに悪化すると膿の中に血液が混ざり、暗く紫がかってきます。

「紫ニキビ」と呼ばれるその状態まで進行してしまうと、ニキビ跡が残るリスクはますます高まってしまうのです。

早く治したい顎の黄ニキビ!でも…

せっかくニキビが治っても跡が残ってしまうなんて、絶対に避けたいですよね。

そのためにも一刻も早く黄ニキビを治したいところです。

膿が治るまでには時間がかかる

しかし、黄ニキビが完全に治りきるまでには時間がかかります。

ケガなどによる傷口が化膿してしまうと、重症化してしまった状態として治療にも時間がかかりますよね。

黄ニキビもそれと同じく炎症が化膿してしまっている状態なので、治療に時間がかかってしまうのです。

正しい治療セルフケアを継続して行うところから始めましょう。

顎ニキビを潰すのはNG

ちなみに、治りを焦って自分で黄ニキビを潰そうとするのは大変危険な行為です。

炎症によって傷つきデリケートな状態になっている黄ニキビを触ると、手の雑菌が傷口に入り炎症を悪化させてしまいます。

ますます治りが遅くなり、跡が残るリスクも高まります。

正しい治療とセルフケア

顎ニキビに膿が溜まってしまった時の正しい治療法とセルフケア

黄ニキビを治すには、まず化膿してしまった炎症を鎮めるために正しい治療を受けることが重要です。

顎ニキビ、皮膚科での治療

皮膚科では抗生物質などを使用して炎症を抑える治療法が一般的に行われています。

病院によっては漢方治療を並行して行う所もあるようです。

また、ホルモンバランスを整えるため低容量ピルを服用する場合もあります。

炎症の程度や原因に合わせて、適切な治療を受けましょう。

膿んだ顎ニキビの治りを早めるセルフケア

さらに、治りを早めるには自宅でのセルフケアも重要です。

炎症を起こしたニキビ周辺は肌細胞が傷つき弱くなっています。

新たな雑菌が入ることによってこれ以上炎症が悪化しないためにも、ニキビ周辺は常に清潔に保ちましょう。

特にあご周辺のニキビは無意識のうちに手が触れやすい箇所です。

また女性の場合髪の毛がかかりやすい場所でもあるので、手や髪の毛がニキビに当たらないよう注意が必要です。

洗顔後は保湿をしっかり

またニキビ箇所を中心とした洗顔も効果的です。

ただし、洗顔によって皮脂が失われすぎてしまうと、それを補おうと余計に皮脂が分泌されてしまい、逆にニキビができやすくなる恐れがあります。

そのため、洗顔後には必ず保湿をしましょう。

早期治療がカギとなる

赤ニキビ・黄ニキビといった炎症性ニキビには、医師の治療が必要なケースが多いです。

炎症が皮膚の深いところまで達してしまうと、色素沈着ニキビ痕を残してしまいますので、早期治療がカギとなります。

また、ニキビの主な原因としてスキンケア不足が挙げられます。

ニキビ治療だけでなく今後の予防のためにもスキンケアは非常に重要です。

洗顔後はインナードライ(肌の内側が乾燥することで余分な皮脂が出ること)を防ぐためきちんと保湿をしましょう。

膿を持った顎ニキビがある時のスキンケア

膿を持った顎ニキビがある時のスキンケア

黄ニキビまで進行してしまった肌は、炎症によって傷つき大変デリケートな状態になっています。

低刺激のスキンケア用品が◎

スキンケア用品に含まれる成分によっては、ニキビ肌を刺激し逆に炎症を悪化させてしまうことも起こりえます。

成分を確認し、添加物などがなるべく含まれていない低刺激のスキンケア用品を選びましょう。

ケア用品の成分にも注意

また、ニキビは毛穴に詰まった皮脂によって引き起こされます。

保湿の際は油分の多いクリームや乳液で肌に蓋をするのではなく、肌に保湿成分を浸透させ内側から保湿を促すタイプのスキンケア用品が適しています。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事