便秘診断:直腸性便秘

インナービューティー
スポンサーリンク

あなたは、「直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)」、もしくは直腸性便秘と他の便秘の複合型便秘である可能性が高いでしょう。

直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)とは、便を出す直前の「直腸」の部分に便が達しているのに排便できないタイプの便秘です。女性に多いといわれています。

直腸性便秘には、
 トイレを我慢する機会が多い
 コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインの入った飲み物で水分を補っている
 痔があり、排便時に痛む。
 腹筋(骨盤底筋)が弱い

といった場合が多く、直腸性便秘の対策としては、トイレをがまんしないことが最も大切です。

また、骨盤底筋を鍛えるというのもおすすめです。骨盤底筋は、骨盤の最下部にある筋肉の集まりで、内臓を支える働きがあります。以下は、ユニ・チャームさんによる分かりやすい医師監修動画ですので、ぜひお試しください。なお、これらを試してみてもだめな人は、一度専門家の診断を受けてみると良いかもしれません。薬を使いたくない人は検査だけでもほとんどの病院が受け付けてくれるはずです。また、排便トレーニングを受けられる病院も増えてきているので探してみてください。

あれ、「直腸性便秘」じゃないかも!?と思った方は、もう一度便秘診断をどうぞ。

便秘診断

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事