便秘診断:弛緩性便秘

インナービューティー
スポンサーリンク

あなたは、「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」、もしくは弛緩性便秘と他の便秘の複合型便秘である可能性が高いでしょう。

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは、腸のぜん動運動を行う機能が低下して、便を送り出せないタイプの便秘です。大腸の神経系統に異常がおきている可能性が高いです。

弛緩性便秘には、
 排便の回数がずっと少ない
 便がたまっても、便意が起きない
 腹筋力や背筋力が低下して便を押し出せない
 肥満により腸のぜん動運動が阻害されている

といった場合が多く、弛緩性便秘の対策としては、腸を動かしてあげることが最も大切です。

腸を動かすためには、運動や体操で腸を実際的に動かすこと、水溶性食物繊維を取って、腸に「動いて!」というサインを送ってあげることなどの対策があります。これらを試してみてもだめな人は、一度専門家の診断を受けてみると良いかもしれません。

あれ、「弛緩性便秘」じゃないかも!?と思った方は、もう一度便秘診断をどうぞ。

便秘診断

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事