便秘診断:未病タイプ

インナービューティー
スポンサーリンク

あなたの便通の状況は大変良好で、あなたは便秘ではないのかもしれません。
便秘症とは、日本消化器病学会関連研究会 慢性便秘の診断・治療研究会が作成した『慢性便秘症診療ガイドライン2017』(南江堂)によれば、「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」です。ただ、学会によっては、「便通の回数が十分であっても、すっきり感がない」場合は便秘としてとらえるなど、認識に差異があります。また、「未病」を治療する東洋医学の診察方法であれば、良く知られている「便秘」とは異なる症状にも適切な対処を施せる可能性があります。何かお悩みの症状がある場合は、ぜひ一度専門家の診断を受けてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事