黒ニキビの原因と治し方

スキンケア
スポンサーリンク

あご・口周り・頬・鼻など顔中にぽつぽつと、ホクロのように黒ずんで大きく開いた毛穴…。

指で芯を押し出そうとして潰すことでますます毛穴が広がってしまったり、強く押しすぎて傷跡がつきますます目立ってしまったり…。

なんて経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

見た目も悪いし、ぶつぶつ感が強いため、ニキビの中でも特に気になってしまう「黒ニキビ」。

そんな黒ニキビはどうすれば治すことができるのでしょうか?

黒ニキビの正体は?

黒ニキビ

ニキビは毛穴の中に皮脂汚れが詰まってしまうことで起こります。

そしてニキビが進行するにつれて、詰まった皮脂や汚れが毛穴の中に収まりきらず表面に出てきてしまうことがあります。

その表面に出てきた部分が空気に触れると酸化し、酸化した部分は黒く変色してしまいます。

黒く変色した毛穴の皮脂や汚れが黒ニキビの正体なのです。

炎症が起きる前に早めの対策を

黒ニキビは赤ニキビや黄ニキビと違い、まだニキビの炎症は起こっていません。

しかし黒ニキビが進行すると、毛穴の中でニキビ菌が繁殖してしまい炎症が起きてしまう可能性を持っています。

ニキビの炎症が起きてしまうと、治療が長引いたりニキビ跡が残るリスクが非常に高まります。

一刻も早く黒ニキビを治すことが重要です。

黒ニキビのケア方法

黒ニキビのケア

黒ニキビを治すため、まず日々のスキンケアを見なおしてみましょう。

ニキビケアにおいて重要なのは「洗顔」と「保湿」です。

洗顔で肌を清潔に

洗顔料をしっかり泡立てて、黒ニキビの原因となってしまった余分な皮脂毛穴の汚れを洗い落とします。

肌を清潔に保つことで出来てしまったニキビの悪化を防ぎ治りを早めることができます。

洗顔後はしっかり保湿

また、ニキビケアにおいておろそかにされがちなのが保湿

洗顔後の乾燥した肌をそのままにしておくと、乾燥を防ぐために肌がまた余分な皮脂を分泌してしまいます。

洗顔後は必ず保湿を忘れないようにしましょう。

黒ニキビの治療

なお、オロナインなどドラッグストアで購入できるような市販のニキビ薬には「炎症を抑えてニキビを治すタイプの薬」があり、黒ニキビのように炎症を起こしていないニキビに効果が見られない場合もありますので注意が必要です。

皮膚科では黒ニキビに対して「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」という治療や、「毛穴の詰まりを取り除く効果のある薬を処方する」ことがあります。

黒ニキビを自分で潰すのはNG

ちなみに、黒ニキビは毛穴が大きく開いている状態なので「指で芯を押し出して潰す」という対処をしてしまう方がいらっしゃいます。

しかし指から雑菌が皮膚に付着し、赤ニキビ・黄ニキビへと繋がるような更なる悪化の危険性が高いのでやめましょう。

ニキビの発生については初期のコメド(面皰)とその後の炎症性ニキビにわけて考えます。

コメドはホルモンバランスの変化などで皮脂の分泌が多くなり、毛孔に角質がつまり毛孔内に皮脂が貯留することにより生じます。

黒ニキビのケアの基本は「洗顔」

ニキビのスキンケアは洗顔で皮膚の汚れ過剰な皮脂を洗い落とすことです。

刺激の少ない洗顔料を選び適切な洗顔を行ってください。

しつこいニキビ…まずはしっかりと予防し、炎症性ニキビに移行する前に早期治療を行いましょう。

肌の再生能力を高めて黒ニキビ予防!

ターンオーバー

出来てしまったニキビを治すことと同じくらい重要なのが、新しくできてしまうニキビを予防することです。

大人の黒ニキビとホルモンバランス

特に「大人ニキビ」は生活習慣などによるホルモンバランスの乱れが原因で、ターンオーバーが上手く行われないことに起因するケースが多くあります。

ニキビを治すケアだけでなく、肌の再生能力を高めてターンオーバーを促すケアもニキビ対策には有効なのです。

ターンオーバーを正常化するには

ホルモンバランスの乱れは生活習慣の影響を大きく受けています。

睡眠不足運動不足食生活などを改善させることで、ターンオーバー正常化に繋がることが期待できます。

ただ仕事や家事に追われて忙しい毎日を送っている方は、なかなかそこまでの余裕が作れないこともありますよね。

そのような場合は、肌のターンオーバーを促してくれるケア用品を併用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事