あごにできる吹き出物の原因は?上手に治すための方法

スキンケア
スポンサーリンク

あごにできる吹き出物は、どちらかというと10代の思春期より20代以降の大人に多く見られます。

なぜなら、あごの部分にはホルモンバランスの乱れなど、体の中の異常が現れやすいからです。

「最近よくあごに吹き出物ができるなぁ……」という場合は、一度生活習慣の見直しをしてみましょう。

できるだけストレスをためないことも大切です。

あごの吹き出物の主な原因

あごの吹き出物

あごはあまり汗をかかないため、洗顔保湿などの基本的なお手入れがきちんとできていれば、それほど吹き出物のできやすい場所ではありません。

水分量が保たれていれば、皮脂の過剰分泌が起こる心配もありませんよね。

それなのに、「なぜかいつもあごに吹き出物ができてしまう……」という場合は、ストレス食生活の乱れが原因で内臓の機能が低下していたり、ホルモンバランスが乱れていたりする可能性があります。

男性の場合は、ひげを剃る時の刺激も原因となりますね。

また、妊娠中はホルモンバランスが大きく変化しやすいので、いつもよりあごの吹き出物ができやすくなります。

妊娠を継続させるためには黄体ホルモンであるプロゲステロンを優位に保つ必要があるので、どうしても皮脂が出やすくなるのですね。

あごの吹き出物を上手に治すための方法

あごの吹き出物を上手に治す

あごの吹き出物には赤みかゆみが伴いやすいので、1日でも早く治してしまいたいところです。

赤みが出るということは吹き出物が炎症を起こしている証拠なので、炎症を抑える効果のある「オロナイン」などの塗り薬を使ってみましょう。

肌を清潔にし、きちんと保湿もした状態で塗るようにしてくださいね。

汚い手で触ると余計に悪化するので、必要以上にいじらないことも大切です。

また、ホルモンバランスを整えるために、食事サプリメントでビタミンをたっぷり摂り、睡眠不足にならないよう気をつけましょう。

ストレスは血流も悪くするので、こまめに発散してたまらないようにしてください。

内臓を守るためにも、暴飲暴食は厳禁。

冷たいものの飲みすぎには特に注意が必要です。

しつこい吹き出物には皮膚科での治療がおすすめ

しつこい吹き出物は皮膚科で治療する

自宅ケアを頑張ってもあごの吹き出物が治らない場合は、皮膚科へ行って相談してみましょう

内服薬、塗り薬、ケミカルピーリング、レーザー、光フォトなどたくさんの治療法があり、症状に合わせた的確なアドバイスも受けられます。

保険がきかない治療もありますが、悪化させて跡が残る前にきれいに治すことがなによりも大切です。

おわりに

あごにできる吹き出物は、単なる肌トラブルではなく、体や心が疲れてしまっているサインかもしれません。

一度、これまでの生活習慣を振り返り、改善すべきことは直していきましょう。

妊娠中は特にホルモンバランスが崩れやすいので、できるだけリラックスして過ごすことが大切です。

なかなか治らない場合は、無理せず皮膚科で相談してくださいね。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事