• HOME
  • スキンケア
  • 紫外線から肌を守れ!そばかす・シミを作らない正しいUVケア

紫外線から肌を守れ!そばかす・シミを作らない正しいUVケア

夏目前!ダイエット
スキンケア
スポンサーリンク

シミ・くすみ・色むら、たるみの原因と言えば、やはり紫外線!
もちろん、そばかすの最大の要因の一つでもあります。年を取れば取るほど新陳代謝も低下し、一度してしまった日焼けは治りづらくなっていきますので、早いうちから積極的にケアしたいところです。

この記事では、生活の中に取り入れやすい紫外線ケアをご紹介します。

紫外線の仕組みとは

紫外線はシワ・しみ・そばかす・くすみのもと

[紫外線の健康への影響 / 環境省HPより抜粋]

まず、簡単に紫外線の仕組みをおさらいしておきましょう。

紫外線は、波長によって、UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分けられます。UV-Cは現状ではオゾン層に守られて地表に届かないため、日焼け対策としてはUV-A、UV-Bの対策が必要となります。

[太陽光と紫外線 / 環境省HPから抜粋]

紫外線は、日本の季節では6月~8月に、1日のうちでは正午ごろに最も強くなります。また、南下するほどその量は多くなります。

ですが、薄い雲の場合、紫外線の80%以上が地表に届くとされており、冬でも、曇りや雨の日でも一定の紫外線量があります。
(参考:環境省「紫外線環境保護マニュアル」)

[紫外線照射量と全国分布図 / 環境省HPから抜粋]

直接浴びるだけでなく、空気中で散乱して届く散乱光や反射光の場合、日傘だけでは避けることはできません。

地表に届く紫外線量が徐々に増えている近年の状況を考えれば、そばかす・シミのない美肌を作るためには>>>一年中紫外線対策は欠かせない<<<という結論に至ります。

具体的な紫外線ケア

ではどのようにケアしたらいいのか。選択肢はいくつか挙げられます。

  • 日焼け止め
  • UV効果入りファンデーションやスキンケア製品
  • 日傘、長袖、帽子などの着用
  • 栄養補給(ビタミンなど)

おすすめは、日焼け止め+他の選択肢の併用。
季節や生活スタイルに合う、長く続けられるものを選んで無理なくそばかす・シミをケアしていきましょう。

日焼け止めの選び方

UV-A、UV-Bの値で選ぶことがポイントとなります。日焼け止めの裏面にあるSPF(Sun Protection Factor)は、主にUV-Bの防止効果を PA(Protection Grade of UVA)は、主にUV-Aの防止効果を表します。そばかすをケアする日焼け止めを選ぶ際は、SPF・PA両方の数値を確認しましょう。

生活スタイルに合うものを選ぶ

そばかすを消す美白ケアは継続が命!最初だけ頑張っていても、続けられなくては意味がありません。塗るのも落とすのも面倒な日焼け止めですが、スプレータイプの塗りやすいもの、天然香料入りの気分がアガルものなどなど、 選択肢がどんどん広がっていますので、諦めずに自分に合うものを探しましょう。

肌に優しいものを選ぶ

日焼け止めの多くには、紫外線吸収剤が含まれています。これらは、紫外線を熱やエネルギーに変えて放出することで、肌に紫外線が侵入するのを防ぐ効果がある一方で、肌にダメージを与える可能性があります。また、油分に繁殖する雑菌を防ぐため強めの防腐剤が使われていることも少なくありません。

そばかすを消しても、お肌がボロボロになっては元も子もありません。継続使用してお肌に負担をかけないものを選びましょう。

まとめ

見れば見るほど恐ろしい紫外線のお肌への影響…。若いうちは問題なくとも、徐々にシミやそばかす、色むら、くすみといった肌トラブルにも発展するので早いうちからエイジングケアを兼ねて対策していくことをおすすめします。近年はオゾン層の破壊により、更に紫外線量が増えることが懸念されていますので、賢くUVケアして美肌を守っていきましょう。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事