乾燥肌の化粧品選びの極意

スキンケア
スポンサーリンク

肌がパサつく、粉をふく、かゆみを感じるなど、乾燥肌さんは他の肌タイプの中でも、特にトラブルが多い肌タイプです。
化粧品選びに失敗して、ますます乾燥したり、肌荒れを引き起こす可能性があるので、化粧品選びには慎重になるという方は多いと思います。
今回は、乾燥肌さん必見の化粧品選びのポイントをご紹介!

乾燥肌の特徴、原因は?

あなたも隠れ乾燥肌かも?乾燥肌セルフチェック

・肌が白く粉吹いている部分がある
・かゆみを感じる
・メイクのりが悪い
・洗顔後、化粧水などをつけないでいると肌がつっぱる
・あぶらとり紙を頻繁に使う

以上のようなことがある場合、あなたの肌は乾燥肌または乾燥が進んでいる状態と考えれます。
では、乾燥肌はなぜ肌が乾燥するのでしょうか。
原因には、皮脂の少なさと角質層内の保湿成分の減少、間違ったスキンケアが挙げられます。

乾燥肌の原因

まず、肌の潤いは肌表面を覆う皮脂や汗と、肌構造で一番表面に近い角質層によって守られています。
皮脂や汗は、天然のクリームと呼ばれており、目に見えないほど薄い膜を作り、外部刺激から肌を守っているのです。
角質層は、内部に天然の保湿成分や、水分を逃さないために抱え込んでいるセラミドなどの細胞間脂質が存在します。
細胞間脂質は、角質層内にある細胞と細胞の間の隙間を埋めることで、外部刺激が肌の奥深くに届かないようにガードする役割も果たしているのです。
このような、皮脂膜と角質層の働きをバリア機能と呼びますが、乾燥肌はバリア機能が低下した状態で、刺激に弱くなります。

なぜバリア機能が低下するのかというと、皮脂を取りすぎる間違ったスキンケアや、保湿不足が主な原因です。
例えば、日中にテカリが気になってあぶらとり紙を頻繁に使ったり、落ちにくいメイクばかりして洗浄力の強いクレンジング剤を使い続けたり、スキンケアが面倒で保湿が不十分だったり・・・。
生まれつき乾燥肌、という方もいますが、元々違う肌質だったのに、上記のようなことが続いて乾燥肌になった、という方が多いのです。

乾燥肌のケアの基本は、当然ですが保湿。
保湿ケアなしに、乾燥肌は潤いを取り戻しません。
かといって、闇雲に化粧水をバシャバシャ、クリームたっぷり、というスキンケアも間違いです。
乾燥肌には乾燥肌に合う化粧品を選び、正しい保湿ケアをしましょう。

乾燥肌の化粧品選びのポイント

その1. 保湿力の高い成分が配合されているかチェックする

まず、化粧品に以下のような保湿成分が配合されているかどうかをチェックしてください。

・セラミド(特にヒト型セラミド)
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・リピジュア
・プロテオグリカン
・プラセンタ など

保湿成分は様々なものがあるので、上に挙げた以外の成分でも構わないのですが、特に保湿力が高いのが上記の6つです。
特に、肌馴染みが良く角質層内にあるセラミドと構造が似ているヒト型セラミドや、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を誇るリピジュア、近年大学で研究され高い保湿力が認められたプロテオグリカンはぜひ取り入れたい保湿成分です。

その2. アルコールフリー、低刺激の化粧品を選ぶ

乾燥肌は肌のバリア機能が弱まっている状態なので、刺激の強い成分が肌に合わず、肌荒れを引き起こす可能性があります。
できるだけ多くの成分を無添加にしている低刺激の化粧品を選びましょう。
最低限、アルコールフリーのものが好ましいです。
アルコール成分は、毒性はありませんが乾燥肌の敏感な状態には刺激が強く、また使い続けるうちに乾燥が悪化する可能性もあります。
特に毎日使う基礎化粧品やベースメイク化粧品は、刺激の少ない化粧品を選ぶことで、毎日の肌負担が減り、肌本来の力が回復しやすくなるのです。

その3. メイクに使う化粧品も保湿力の高いものを使う

スキンケア製品に限らず、メイクに使う化粧品も保湿力の高いものを使いましょう。
メイクをしながらスキンケアができるような、美容効果の高いものが良いですね。
特にミネラルコスメは、天然ミネラルが主成分で保湿力がある上に、落としやすいのでクレンジング負担がかかりません。

その4. 化粧水はとろみ系よりもパシャパシャ系を選ぶ

トロッとしたテクスチャーの化粧水は、肌馴染みが良いですが、肌表面に留まりやすいため、必要な水分が肌に浸透しにくいというデメリットがあります。
浸透力を高めるために、DPGやBGなど浸透剤が多く使われているものもありますが、浸透剤は角質層のバリア機能を弱める可能性があるため、できれば浸透剤不使用または配合量が少ない化粧水が良いですね。
バシャバシャと使える水のようなテクスチャーの化粧水なら、肌に浸透しやすいため、多くの浸透剤を使う必要がないので、肌負担も軽くなります。

その5. 新しい化粧品は生理前、生理中の期間は避ける

女性の肌は生理前と生理期間中は、肌荒れしやすく特に敏感な状態になります。
さらに乾燥していると、より刺激に敏感になるので、新しい化粧品を試すのは生理期間は避けましょう。

その6.. 美白化粧品は美白成分だけではなく保湿成分にも注目する

保湿ケアと同じくらい大事なのが美白ケア。
シミやソバカスなど、紫外線による肌ダメージは一度表面化すると、中々改善しにくいので、美白ケアでしっかり予防しなければいけません。
しかし、美白有効成分には刺激が強いものや、乾燥しやすい特徴を持つものがあります。
美白ケアをする場合は、美白有効成分に合わせて保湿成分が配合されている、保湿力の高い化粧品を使いましょう。

乾燥肌のベースメイクのコツ

メイク前の保湿はWローション使いする

洗顔後はすぐに化粧水をつけて保湿を。
洗顔後の肌は特に乾燥しやすいので、1秒でも素早く水分を与えましょう。
まず使うのはパシャパシャ軽いテクスチャーの化粧水。
スプレータイプのミスト化粧水でも良いです。
先に水分を与えておくことで、次に使うとろみ系化粧水が浸透しやすくなり、化粧水だけでも手触りモチモチの肌になります。

化粧水の後は、夏場ならUV乳液を塗ってベースメイクに入ってOK。
秋冬は乾燥しやすいので、保湿力の高い乳液を塗ってから、日焼け止めやUVカット作用のある下地を塗ってください。

乾燥肌にはリキッド、クッション、クリームファンデ

最近はパウダリーファンデーションでもしっとりとした仕上がりのものが多いですが、乾燥肌はキメが粗くパウダーが肌になじみにくいという欠点があります。
リキッドやクッション、クリームファンデーションなら、水分と油分が豊富に含まれているため、キメの荒い肌でもなめらかに肌をカバー。
ただし、要注意なのが落ちにくさ。
カバー力が高いファンデーションが多いですが、カバー力が高いものにはシリコン系成分や鉱物油が含まれているものが多いです。
シリコン系成分や鉱物油は、肌への密着度が高いため、崩れにくいというメリットと一緒に落としにくいというデメリットがあります。

落としにくいメイクには、洗浄力の強いクレンジング剤が必要になるため、肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまうのです。
ファンデーションを選ぶときは、保湿成分が配合されていて、シリコンや鉱物油が使われていないリキッド、クッション、クリームタイプのものを選んでみてください。

仕上げのパウダーはミネラルパウダーを使う

絶対分かる!美容ライターレナが教える旬の抜け感メイク応用編

メイク崩れを防ぐために、仕上げにパウダーを使いますよね。
中には、汗皮脂対策にベビーパウダーをはたく、という方もいますが、乾燥肌さんにはベビーパウダーやルースパウダーは不向き。
ベビーパウダーやルースパウダーには、タルクという皮脂や汗を吸収する成分が配合されており、夏場は良いのですが秋冬は乾燥が進んでしまう可能性があるのです。
おすすめはミネラルパウダー。
ミネラルが主成分でパウダーなのにツヤ肌に仕上がりますし、乾燥を防いでくれます。
特にシルクなど保湿成分が配合されているミネラルパウダーがおすすめです。

乾燥肌向け化粧品の条件を満たすおすすめアイテムまとめ

フルーティア バランシングトナー /税込4,320円

フルーティア

画像提供元:フルーティア

アルコールや香料などはもちろん、浸透剤も不使用の天然由来成分100%の化粧水です。
天然由来の美容成分と深海の水をベースに作られており、肌内部の保湿力を回復させ、インナードライ肌も潤い溢れる肌へと育てます。
保湿成分には潤いたっぷりのザクロエキス、透明感を高めるイチゴエキスなどを配合。
パシャパシャ軽いテクスチャーで、肌にのせるとグングン浸透していくのに浸透剤不使用だからすごい!
ライターの私自身、実際に使って惚れ込んだアイテムです。

フルーティア

楽天市場

エトヴォス バイタライジングローション /税抜5,184円

エトヴォス

画像提供元:エトヴォス

アルガン幹細胞とヒト型セラミドで、乾燥による肌のたるみやシワを防ぐ高保湿化粧水。
さらにヒアルロン酸やリピジュア、アミノ酸などが肌に潤いを与え、ふっくらした肌へと導きます。
メラニン抑制作用のあるαアルブチンも配合されているので、保湿ケアと同時に美白ケアもできるのがポイント高め。

エトヴォス

Amazon

楽天市場

ヴァントルテ 美容液ミネラルリキッドファンデーション /税込3,500円

ヴァントルテ

画像提供元:ヴァントルテ

100%自然素材、石けんで落とせるほど肌に優しいヴァントルテのリキッドファンデーション。
なんと成分の80%が美容液成分!
コラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカンなど保湿力の高い成分を10種類以上配合し、メイクすればするほど肌が潤うようになります。
ヴァントルテといえば、ミネラルパウダーで有名ですが、リキッドファンデーションの仕上げにミネラルパウダーを使っても、石鹸や洗顔料で落とせるほど肌負担が少ないのがすごい!

ヴァントルテ

Amazon

楽天市場

まとめ

今回は乾燥肌さん向けに、化粧品選びで重視するべきポイントをメインに解説しました。
私たちはつい話題になっている人気コスメを選んでしまいますが、どんなに話題になっていても自分の肌質に合わなければ使い続けられませんよね。
化粧品選びの基準は、落ちにくさや発色の良さ、使い心地の前に自分の肌質に合っているものかどうか、が第一。
せっかく購入した化粧品が肌に合わず、お蔵入りになるのは悲しいこと。
肌質に合わせた化粧品選びをすれば、失敗せず自分にぴったりの化粧品に出会えるはずです。

スポンサーリンク

美容ライター レナ

スキンケア、メイク研究が大好き、日本化粧品検定2級の資格勉強中の美容ライターです。迫るエイジングトラブルの予防に奮闘中!プチプラコスメ、美白コスメを中心に自...

プロフィール

関連記事