• HOME
  • メイク
  • 鈍感男子もハッとする色っぽ♡抜け感メイク【応用編】

鈍感男子もハッとする色っぽ♡抜け感メイク【応用編】

メイク
スポンサーリンク

美容ライターレナが、あっという間に色っぽ肌になれる抜け感メイクをご紹介!
眉・アイメイクを中心にご紹介する基礎編も併せてお楽しみください。

抜け感メイクの仕上がりを左右するのは肌

抜け感メイクで最も大切なのは肌。つまりベースメイクです。顔の中で最も面積が広く、顔全体の印象を左右する重要なパーツになります。ただトラブルが起こりやすい部分でもあるため、ついメイクでがっつりカバーしがち。 目元がナチュラルでも、肌がファンデーション厚塗りだと、チグハグな仕上がりになってしまいます。でも、ナチュラルなベースメイクというのは、簡単そうに見えて実は難しいもの。 気になる部分をカバーしながら、ナチュラルで素肌感もあるベースメイクには、テクニックはもちろん、土台となる素肌の状態も関係します。

ベースメイクのポイントはツヤ、素肌感

ナチュラルな抜け感メイクの肌のポイントはツヤです。篠原涼子さんが出演しているエリクシールコスメのCMで、「ツヤ玉」というワードが使われているのをご存知でしょうか。 CMでは、ほおにプリッとしたツヤがある様子をツヤ玉のある肌、と表現していました。不思議とツヤ玉がある肌は、素肌全体が綺麗に見え、ナチュラルな魅力が生まれるのです。ツヤ出しコスメを用意しただけではダメなんですね。

ツヤがあれば自然と素肌感が生まれる

シンプルスキンケア

抜け感メイクの肌にツヤが必要なのは、ツヤがあればナチュラルな素肌感も生まれるからです。ツヤというものは、本来コスメで人工的に作るものではなく、自然と肌の内側から生まれるもの。 せっかくのナチュラルなツヤを厚塗りファンデーションで消してしまえば、「ファンデーション塗っています」感が強く現れてしまいます。素肌のツヤを消すことなく、気になる部分を綺麗にカバーしているのが、抜け感メイクの理想の肌です。

ツヤ肌メイクは崩れやすい

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

プロのヘアメイクアーティストの長井かおりさん曰く、「ツヤがあるメイクは崩れやすい」。なぜなら、ツヤは水分と油分でできているから。ツヤを出すコスメは、水分と油分がたっぷり含まれているものが多いです。 水分は肌の上に長い間のっていると蒸発しますし、油分は浮いてしまいます。雑誌モデルさんや女優さんは、写真ではツヤのある肌が素敵ですが、実は写真のようなツヤ肌をキープできるのは短時間だそうです。 よくモデルさんや女優さんのドキュメンタリーで、撮影の裏側で常にメイクさんがスタンバイしている様子がありますよね。撮影時には、常にメイクさんがモデルさんや女優さんのツヤ肌をキープするために、お直しを繰り返しているのです。 でも、私たちはコスメの宣伝で見るモデルさんや女優さんのツヤ肌に憧れて、コスメを購入しますよね。実際はプロの手でも長時間維持するのが難しいナチュラルなツヤ肌を、私たち一般人が1日中保つことができるのか・・・と考えると、抜け感メイクのツヤ肌の難しさがわかると思います。抜け感メイクのツヤ肌は消費期限が短いメイク、と言っても過言ではありません。

抜け感メイクの肌はスキンケアから作る

絶対分かる!美容ライターレナが教える旬の抜け感メイク応用編

魅力的だけど崩れやすい抜け感メイクのツヤ肌ですが、崩れにくくする最大のポイントはスキンケアにあります。 抜け感メイクに限らず、メイク前のスキンケアは、そのあとに行うベースメイクの土台。抜け感メイクのツヤ肌をキープする理想の素肌は、たっぷり潤って触り心地がもっちりしている状態です。素肌がしっかり保湿されていると、メイク崩れの原因である皮脂テカリが起きにくく、ベースメイクの密着度もアップします。 ツヤ肌というと、まずツヤを作り出す下地やファンデーションが必要だと思うかもしれません。まず必要なのは、コスメよりも素肌を整える丁寧なスキンケアです。潤いのある素肌には、自然なツヤが生まれ、ハイライトなどのツヤ出しコスメいらずの抜け感メイクのツヤ肌が実現します。 また、朝のスキンケアでじっくり保湿をすることで、肌の水分と油分のバランスが整うように。そして、ターンオーバーが促進されて、日毎に素肌が美しく生まれ変わっていきます。 素肌が美しくなってくると、使うファンデーションの量が自然と減り、意識しなくても素肌感のある抜け感メイク肌に仕上げられるようになるのです。

抜け感メイクの肌の作り方その1. スキンケア

抜け感メイクのエフォートレスな肌作りは、朝のスキンケアから始まります。スキンケアもメイクステップの一部と考えましょう。スキンケアをしっかり丁寧にやるだけで、いつもと同じコスメでも仕上がりとキープ力に差が生まれます。

朝のスキンケアは潤い仕込みに集中!

スキンケア

洗顔後、すぐにスキンケア開始です。いつも洗顔後は肌に何もつけずに数分間そのまま、という方は要注意!洗顔後の肌は特に乾燥しやすいので、1秒でも早く化粧水をつけましょう。この時に使うのは、プレ化粧水です。 素早く顔全体に使えるミストタイプの化粧水がオススメ。プレ化粧水を軽くなじませたら、移動して本格スキンケアに入ります。 次に、バシャバシャと使えるプチプラコスメの化粧水を手のひらいっぱいに出して、両手で顔全体になじませます。化粧水は、さらっとしたタイプのもので、保湿性の高いものを使いましょう。 とろみのある化粧水は、浸透しているように感じますが、実はとろみがあるぶん肌内部に入り込みにくいんです。プレ化粧水もセカンド化粧水も、たっぷり惜しみなく使える手頃なコスメでOK。大事なのは、たっぷり水分を肌に与えることです。

朝スキンケアに使う美容液は保湿タイプを

化粧水で肌全体を潤いで整えたら、肌に栄養を与えます。美容液は美白タイプなど様々な種類がありますが、抜け感メイクの肌作りには保湿性の高い美容液がオススメです。 保湿成分を肌に与えておくことで、日中の乾燥によるテカリやメイク崩れを予防します。また、美容液は肌のツヤを出す重要なアイテムなので、時間がなくても必ず使いましょう。 化粧水はプチプラでも、美容液はちょっと高価なものを使ってみてください。美容液は美容成分の濃度が化粧水や乳液よりも濃いので、お金をかける価値が十分にあります。 私も、化粧水と乳液はプチプラコスメですが、美容液だけは奮発していますが、明らかに肌の状態が良くなりましたよ。

乾燥がひどいときはオイルでツヤ肌

スキンケア

せっかくのナチュラルな抜け感メイクも、肌が乾燥しているとテカリでメイクが崩れてしまいます。 季節によって乾燥がひどくなる方や、夏や冬になるとオフィスが空調で乾燥するという方は、美容液のかわりにオイルを使いましょう。 オイルをなじませるときに、優しくマッサージをすると血流が良くなり、くすみが改善して透明感のある肌になります。

ツヤ出しのための朝スキンケアの流れ

化粧水のW使い→美容液(またはオイル)とスキンケアを進めたら、仕上げはUV効果のある乳液でフィニッシュ。 普通は乳液かクリームで仕上げますが、スキンケアの最後にUVケアをしっかり行うことで、日中のUVケア不足をカバーします。 下地やファンデーションにもUV効果はありますが、どちらも時間とともに剥がれてしまうので、土台部分でしっかりとUVケアをする必要があるのです。 保湿成分が配合されているUV乳液なら、肌がパサつくこともありません。スキンケア効果のある肌に優しいものを選びましょう。

抜け感メイクの肌の作り方その2. 下地

 

スキンケアが完了したら、肌の手触りをチェック。手触りがペットリモチモチの状態なら、早速ベースメイクに入りましょう。 まだコスメのベタベタ感が残っていたら、ハンドプレス(手のひらでそっと化粧品を押し込むように顔を包む)をして数分待ちます。コスメのテクスチャーが肌に残っている状態でメイクをすると、ベースメイクコスメが肌になじみにくく、メイク崩れしやすくなるので要注意。

下地は種類別に使い分けよう

ナチュラルな抜け感メイクの肌には、下地を2種類以上使います。基本は、毛穴対策下地と肌色を補正するコントロールカラー下地です。下地は自分の肌の悩みに合わせて使います。 例えば、テカリが出やすい人はTゾーンに皮脂吸収性のある下地をプラス。肌の赤みが気になる人はグリーンのコントロールカラーをプラス。 それぞれの肌に合わせた下地を数種類使うことで、ファンデーションをがっつり塗らなくても、ナチュラルで美しい肌に見せることが可能になります。

下地の塗り方は部分別に使う

絶対分かる!美容ライターレナが教える旬の抜け感メイク応用編

ベースメイク方法で「下地を肌全体に塗ります」というテクニックが多いですよね。 でも、下地には様々な種類がありますし、種類によっては全体に塗ると白浮きしてしまうものもあります。 特に、ピンクやグリーン、ブルーなどの肌色を補正するコントロールカラーは、顔全体に使うと白浮きして違和感のある仕上がりになるのです。 そこで、オススメなのが下地の部分使い。毛穴対策下地は、毛穴の開きやすいほおや小鼻まわりに、指をくるくるさせて毛穴に埋め込むように塗ります。 コントロールカラーは、少量を気になる部分に点置きして、指の腹でポンポンとソフトタッチでなじませてください。

抜け感メイクの肌の作り方その3. ファンデーション

絶対分かる!美容ライターレナが教える旬の抜け感メイク応用編

ここ最近は、リキッドファンデの他にクッションファンデがトレンドコスメとして登場しています。 例えば、2018年春に登場したインテグレートの「水ジェリークラッシュファンデ」。 クッションファンデはツヤが出るファンデとして有名ですが、水分が多く崩れやすいです。 抜け感メイクの肌は、コスメで作り込んだツヤよりも、素肌から発するナチュラルなツヤを大事にしたいので、ツヤ出し効果が強くて崩れやすいファンデは不向き。 肌にピタッと密着して素肌感を失わないリキッドファンデを使いましょう。

ファンデ全体塗りは卒業!

ファンデは全体に塗るもの?いいえ、ある部分を中心にたっぷりのせるだけで、簡単に綺麗な肌に見せることができます。 ある部分とは、目頭の下から横にこめかみまで広がる部分。わかりやすいように画像を用意しました。

メイク

画像の部分にリキッドファンデをたっぷりとのせます。普段BBクリームを使っているという方は、BBクリームでもOKです。 ポイントはなめらかで伸ばしやすいものをたっぷりのせること!この部分は、特に紫外線が当たりやすく、シミができやすい部分なので、ファンデをたっぷり使うことで紫外線カット力もアップします。

抜け感ツヤ肌を作る塗り方

ファンデをのせたらスポンジでなじませていきましょう。スポンジはしずく型のものが細かいところにも使いやすくてオススメ。 スポンジでファンデを伸ばすのではなく、スタンプを押すようにソフトタッチでポンポン、と軽くなじませていきます。この時、あまり叩きすぎるとせっかく隠れたシミが浮き出てくるので、優しく。 スポンジが肌に対して垂直になるように、ポンポンポン。ほおの下の部分など、ファンデをのせた境目部分は、スポンジの綺麗な部分を使って軽くポンポンとなじませます。 また、ファンデをのせた部分以外の場所は、スポンジに残っているファンデだけ使ってください。スポンジを肌の上ですべらせるようになじませれば、ファンデーション塗り完了です。

メイク

すっぴん加工なしの素肌なので、お目汚し失礼します・・・。光の加減で肌色が変わって見えますが・・・。こちらファンデをなじませた状態です。 上がビフォー、下がアフターですが、素肌は目の下にシミがもやもやっとありますが、メイク後は綺麗にカバーできました。 このテクニックは、プロのヘアメイクアーティストの長井かおりさんのテクニック。長井さんのメイク本、『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』に書かれています。 長井さんは、美容雑誌VOCEやMAQUIAをはじめ、様々なメディアで活躍されている人気ヘアメイクさんです。 私は長井さんのメイク本を2冊持っていますが、どちらも抜け感メイクのテクニックが詰まった参考書のような存在。書店で見かけたら是非お手にとってみてください!

抜け感メイクの肌の作り方その4. パウダー

メイクがグンと変わるフェイスパウダーの使い方

ナチュラルな抜け感メイクの肌作り、最後の仕上げです。仕上げはパウダー!パウダーも、下地と同じように役割別に使い分けます。 一つのパウダーを最後に全体にパフパフのせるより、粉っぽさがなく、ツヤはそのままキープしたナチュラルな抜け感メイク肌に仕上がるんです。

用意するのはルースパウダーとミネラルパウダー

 ルースパウダー:皮脂を吸収させてテカリを防ぐため

 ミネラルパウダー:肌にツヤと潤いを与えるため

2種類のパウダーを部分使いする

絶対分かる!美容ライターレナが教える旬の抜け感メイク応用編

一つの粉を全体にまぶした肌は、抜け感のないマットな仕上がりになりがち。部分別に違う効果を発揮させるパウダーを使い分けて、抜け感メイクに欠かせないツヤ肌をキープしましょう。
ルースパウダーは、皮脂が出やすいTゾーン、あご、そして目元にのせます。 Tゾーンとあごは、特に皮脂分泌が盛んなゾーン。 パフを使って毛穴を埋め込むイメージで圧力をかけてのせましょう。目元は、ブラシに粉を含ませてササッと。 Tゾーン、あご、目元以外の部分はミネラルパウダーでカバーします。
ミネラルパウダーはスキンケア効果もあり、肌に優しいタイプのものが多いので、敏感肌の方でも使いやすいコスメです。

絶対分かる!美容ライターレナが教える旬の抜け感メイク応用編 パウダーをケースのフタに出したら、ブラシにパウダーを含ませ、余分なパウダーを払い落としてから使います。 ファンデをたっぷりのせた部分は、ファンデが剥がれないようにソフトタッチでスタンプ押し。他の部分も同じようにスタンプ押しを。 仕上げにほおの下部分と首筋に、ブラシをくるくると動かしながらパウダーをつけます。こうすることで、パウダーをつけてもナチュラルなツヤのある肌に仕上がるのです。

まとめ

今回は抜け感メイクの応用として、ベースメイクの方法を解説しました! 私自身試したテクニックですが、本当に簡単にナチュラルツヤ肌が作れるので、ぜひ実践してみてください。 もし、肌のキメが粗くてファンデのりが悪い、という方はスキンケア効果のあるBBクリームを使いましょう。 BBクリームはなめらかで伸びが良いものが多く、キメの粗い肌でもなめらかに整えてくれます。 抜け感メイクは、実は手が込んでいるのに、エフォートレスでナチュラルに見えるメイクです。ただのナチュラルメイクではない、ひと手間、ふた手間加えて完成するもの。 でも、一つ一つのテクニックは決して難しくないので、メイクが苦手な方でもきっとトライしやすいと思います。 また、抜け感メイクはオフィスメイク、デートメイク、イベントメイク、どのシーンでも使える万能メイク。ぜひマスターして、「あの人綺麗だな」と思わせる大人女子を目指しましょう♪

スポンサーリンク

美容ライター レナ

スキンケア、メイク研究が大好き、日本化粧品検定2級の資格勉強中の美容ライターです。迫るエイジングトラブルの予防に奮闘中!プチプラコスメ、美白コスメを中心に自...

プロフィール

関連記事