• HOME
  • メイク
  • 鈍感男子もハッとする色っぽ♡抜け感メイク|眉・アイメイク【基礎編】

鈍感男子もハッとする色っぽ♡抜け感メイク|眉・アイメイク【基礎編】

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報
メイク
スポンサーリンク

2018年も引き続き抜け感メイクがトレンド

2018年以前から、メイクやファッション、ヘアなど、様々な美容ジャンルで「抜け感」「エフォートレス」「ナチュラル」というキーワードが多く登場しています。エフォートレスとは、effort(努力)がいらない、つまりがんばりすぎないスタイルのこと。様々な美容雑誌や美容系インスタグラムのアカウントをチェックしても、2018年は以前にも増してがんばりすぎない「抜け感メイク」にこだわる女性が増加!メイクがどんどんナチュラル志向に変化してきているのです。

メイクトレンドの変遷

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

がっつり「盛りメイク」から「抜け感メイク」が定番に

抜け感メイクがトレンドになる以前は、赤リップや太眉など、バブル時代のような濃いめのメイクがトレンドでしたね。さらに以前は、目をいかに大きく見せるかにこだわった、デカ目の盛りメイクが主流に。
つけまつげやカラコンなどを駆使して、アイメイクで別人級に変身する人がたくさんいました。メイクのトレンドって面白いことに、過去と同じように変化しているんですよ。

メイクトレンドの変遷:1970年代~2018年最新トレンドまで|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

1970年代は、松田聖子さんなど女性アイドルが全盛期だった時代で、メイクはすっぴんに近いくらいナチュラル。
1980年代になると、バブルのイケイケ時代でメイクは派手め(平野ノラさんを見るとわかると思います)。
1990年代は、コギャル全盛期で、この頃から盛りメイクが若い世代ではトレンドになっていました。
そして、2000年初頭のデカ目メイクブーム・・・。派手なメイクが長くトレンドになっていましたが、今は1970年代に近いナチュラルな抜け感メイクに回帰しています。
もしかすると、トレンドの流れでまた派手めなメイクがトレンドになることがあるかもしれませんね。

抜け感メイク=ナチュラルメイクというわけではない

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

抜け感メイクといっても、ただナチュラルなだけじゃありません。実は手がかかっているのに、力が入っていないように見えるのがエフォートレスな抜け感メイクです。
また、おしゃれでこなれたように見せるのも、抜け感メイクのポイント。
例えば、カラーアイシャドウやカラーアイライナーを部分的にさりげなく使って、ナチュラルメイクに遊び心をプラスしたり。

カラーアイシャドウやカラーアイライナーを使っても、使い方やアイテム次第でナチュラルで抜け感メイクになるのです。

特に、抜け感を出すためには、透明感のある質感(シアーとも言います)が重要。
肌にスッと溶け込むような発色なら、たとえ赤や青などビビッドな色でも、抜け感のある仕上がりになるのです。

抜け感メイクのファーストステップは眉とアイメイク

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

眉と目元は顔の中で特に印象深いパーツなので、眉と目元の抜け感メイクをまずはマスターしましょう。
この2点を変えるだけで、ガラッと雰囲気が変わります。

もちろん、ベースメイクも抜け感メイクのポイントですが、ナチュラル仕上げのベースメイクには、きめ細かい素肌が必要です。肌のキメが粗いと、どんなにいいベースメイクコスメを使っても、残念な仕上がりになってしまいますよね。

抜け感のあるベースメイクは、ファンデーションや下地の使い方はもちろんですが、まずは土台になる肌をスキンケアで整えることが一番大切。
といっても、スキンケアで肌が変わるのは、1ヶ月かかるターンオーバーが必要。

そのため、抜け感メイクで、ベースメイクこそ、一番ハードルの高いものだと私は考えています。素肌を整える、その次にメイクテクニック、といった感じですね。ベースメイクに関しては、スキンケアのことも合わせて、【応用編】で解説しますよ!
では、今回は眉メイクとアイメイクで抜け感を出すテクニックをご紹介します。

抜け感メイクのやり方【眉メイク編】

ポイントメイクは眉メイクから

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

ポイントメイク、どの順番で行なっていますか?自分がやりやすい順番で行うのがベストですが、抜け感メイクをするなら眉メイクから始めてみてください。アイメイクのあとに行うと、アイメイクに合わせて濃いめの仕上がりになりがち。

抜け感メイクは、顔の上部分から下部分にかけて、濃い色から薄い色になるように意識しましょう。
眉メイクから始めて、アイメイク、リップメイクと順に行い、先に手がけた部分よりも薄め、ナチュラルに仕上がるようにします。

抜け感のある眉毛はふんわりシルエットを目指す

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

ちょっと前はキリッと細めの眉毛がトレンドでしたが、ここ数年は自眉を生かしたナチュラルな眉メイクが主流。
抜け感メイクでも、眉毛はできるだけ自眉に近い仕上がりを目指します。使うのは、スクリューブラシ、ペンシル、パウダー。

 1. まずは、ブラシで毛流れを整えます。眉山はふんわり上に立ち上がるように、中間から眉尻は斜め上に向かってとかしてください。
このひと手間を省く方が多いですが、ブラシを使うと汚れや余分な皮脂が落ち、眉メイクが長持ちするんです。
また、毛流れが整うことで新しく生えてくる眉毛が綺麗に生え揃うようになります。

 2. ブラシで整えたら、ペンシルで眉のアウトラインを描きますが、毛が足りない部分を中心に描いてください。
眉頭から描き、眉山から眉尻にかけては濃いめに描きます。

 3. 仕上げにパウダーを眉毛の中間から眉尻にのせて完成。
眉頭は、自眉を生かすためにあえてパウダーをのせない、またはのせても少量にすると抜け感のある眉毛に仕上がります。

抜け感メイクにお役立ちの定番・おすすめコスメ

簡単抜け感演出眉コスメ

<商品>ヴィセ リシェ ソフト&スリムアイブロウペンシル /800円(税抜)

画像提供元:コーセー 

細めのアイブロウペンシルは、固めの芯で描きにくいものが多いですが、ヴィセのアイブロウペンシルはソフトタッチでするする描けます。
カラーバリエーションも全6色と豊富で、自分にぴったりの色が見つけやすい!
美容成分配合で、保湿効果もあるのが嬉しいですね。

<商品>ケイト デザイニングアイブロウ3D /1,100円(税抜)

画像提供元:ケイト 

リピート率の高いアイブロウパウダーで、眉メイクはもちろん鼻筋のシェーディングにも使えます。ブラシの毛が細いので、眉尻まで色がしっかりのって便利。

抜け感メイクのやり方【アイメイク編】

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

抜け感メイクのアイメイクは、薄色を使うのがポイントです。
眉よりも薄く仕上がるようにすると、薄くてもメリハリのある華やかな顔立ちに仕上がります。

また、抜け感メイクはエフォートレス、つまり何もしていないように見せて、実はしっかり作り込んでいるメイクです。
何もしていないように見せるためには、メイクを自分の顔にしっかりなじませることが大切。
特に力を入れがちなアイメイクで、どのようになじみの良いナチュラルな抜け感メイクにしあげるか、一つずつテクニックを解説していきます。

アイシャドウは単色でグラデーションを作る

2018年に限らず、ここ数年は雑誌などでアイシャドウを単色で使う方法が提案されています。
もちろん、アイシャドウパレットを使って3色グラデーションもいまだに人気。

でも、単色グラデーションなら、簡単なテクニックで抜け感のあるナチュラルな仕上がりになるんです。
色は、肌になじみやすいように透け感のある発色を楽しめるアイシャドウを使います。ラメ感は繊細で、パウダーアイシャドウならまぶたに密着しやすい、粉質が細かいものをセレクト。

<単色アイシャドウの塗り方>

 1. アイシャドウをブラシ、または指でアイホール全体に広げる。

 2. チップで同じアイシャドウをまぶたのキワにのせ、上に向かってぼかす。

プチプラアイシャドウは色が落ちやすいので、アイシャドウベースを使ってメイク崩れを防ぎましょう。

高発色なのに透け感のある仕上がり♪オススメ単色アイシャドウ

画像提供元:DAZZSHOP 

<商品>DAZZSHOP ALLURED SINGLE EYESHADOW /2,000円(税抜)

カラーバリエーション20色、見たままの高発色アイシャドウです。
まぶたにしっとりと溶け込むように発色し、透け感がありながらも彫りの深い目元に仕上げます。
オススメカラーは、「TERRA 08」。日本人の肌になじみやすいレンガブラウンです。

3色のアイシャドウを使うときは締め色から

アイシャドウで透明感あふれるメイクを

単色アイシャドウじゃ物足りない!もっと華やかさが欲しい!
そんな方には、アイシャドウパレットを使ったグラデーション抜け感メイクがオススメ。抜け感のある仕上がりにするために、まずは一番濃い色・暗い色からのせてみてください。

通常、アイシャドウパレットで作るグラデーションアイは、薄い色から広げますよね。逆に、濃い色からのせると、難しいテクニックいらずで抜け感のあるナチュラルな薄グラデーションが作れるんです。
このテクニックは、ヘアメイクアップアーティストの黒田啓蔵さんが発案したもの。まぶたのキワ部分にうっすら影のある、彫りの深い目元に仕上がりますよ!

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報
<3色グラデーションの塗り方>

 1. アイシャドウパレットの暗い色をまぶたのキワに細くのせる。細めのチップを使うとのせやすいです。

 2. 1でのせた締め色を指でサッとなじませ、ミディアムカラーをアイホールに広げる。締め色には少しかかる程度に重ねてください。

 3. アイシャドウパレットの最も明るい色、ハイライトカラーをまぶた全体に広げる。

 4. 下まぶたはミディアムカラー→ハイライトカラーの順に入れて完成!

しっとり溶け込む!オススメアイシャドウパレット

画像提供元:SUQQU 

<商品>SUQQU デザイニングカラーアイズ /6,800円(税抜)

細かいグリッターが含まれていて、ギラつかない繊細な輝きを放つアイシャドウパレットです。
色浮きせず、まぶたに密着して溶け込むように発色です。オススメは、ブラウン、ゴールド、ベージュ、ハイライトカラー4色の「08 光焦-HIKARIKOGARE」。
上品で深みのあるブラウンアイメイクに仕上がります。

アイラインはブラウンで「引いていない感」を演出

オリジナルアイメイク

ブラックのアイラインは、目元をくっきり見せる効果がありますが、抜け感メイクではちょっと強め。
アイシャドウを薄く仕上げても、黒のアイラインを引くと、アイラインだけが目立ってしまい、結果的に抜け感メイクではなくしっかりメイクになってしまいます。

その点、ブラウンアイライナーなら、主張が強くなく、ナチュラルな影のようにさりげなく目力がアップ。ただし、インラインだけは黒のペンシルで埋めることで、ぼんやりとした目元になるのを防げます。アイラインの引き方は、まつげのキワを埋めるようにブラウンで引き、インラインを黒で引き締めましょう。

まつげバサバサは抜け感なし!目指すは繊細なナチュラルまつげ

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

まつ毛を根元からがっつり上がったまつ毛は、2018年だとちょっとtoo muchかも?抜け感メイクのまつ毛は、まつ毛1本1本がナチュラルにカールしたような仕上がりが理想的。

マスカラを重ね付けしてバサっと仕上げると、まつげの影で薄く仕上げたアイシャドウが引き立たなくなります。
ロングタイプのマスカラをブラシを横にしてひと塗りしたら、ブラシを縦にして目尻のまつ毛部分だけ重ね塗り。

目尻部分がほんのり濃くなると、綺麗なアーモンド型の目になり、抜け感と色気がある仕上がりになります。

にじまないロングまつ毛をキープ!おすすめロングマスカラ

<商品>デジャヴ ファイバーウィッグ ウルトラロングF /1,500円(税抜)

画像提供元:デジャヴ 

なめらかなマスカラ液で、自まつ毛を自然に長く見せます。
液がなめらかなので、まつ毛が束になることなく、1本1本を綺麗にカバー。お湯でするっと落ちるクレンジングのしやすさもポイント!

抜け感メイクでナチュラルな色気を演出♡

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

今回は眉メイクとアイメイクの抜け感メイクの方法を解説しました。

眉毛と目元を変えるだけで、パッと垢抜けた印象になりますよ!頑張りすぎない、リラックスしたような抜け感のある顔立ちには、自然な色気が宿ります。
抜け感メイクで、作り込んだ色気とは違う、女性らしいナチュラルな色気で魅力的な女性を目指しましょう♪

スポンサーリンク

美容ライター レナ

スキンケア、メイク研究が大好き、日本化粧品検定2級の資格勉強中の美容ライターです。迫るエイジングトラブルの予防に奮闘中!プチプラコスメ、美白コスメを中心に自...

プロフィール

関連記事