• HOME
  • メイク
  • 【簡単】今すぐ試せるメイク直しの裏技と新常識

【簡単】今すぐ試せるメイク直しの裏技と新常識

初心者必見:メイク直しの新常識
メイク
スポンサーリンク

メイク直しで必要なのは乳液?ティッシュやあぶらとり紙?本当に必要なものは、メイクに必ず使うあのアイテム! 美容ライターレナが、メイク直しの裏技と新常識をご紹介します。

メイク直しは崩れる前に行う

抜け感メイクが全盛|美容ライナーレナの最新メイクトレンド速報

「メイク直しは崩れる前に行う」。これはメイクアップアーティストのピカ子さんがおっしゃっていました。 メイクは崩れる前にいかに崩れさせないかが大事なんです。 メイク崩れが起きても、最小限のお直しで済ませるためには、崩れる前のメイク直しが必要になります。

崩れる前のメイク直しとは?

初心者必見:メイク直しの新常識

 

崩れる前のメイク直しとは、余分な油分を適度にオフすること。「適度に」というところがポイントですよ!よく「メイク直しにはあぶらとり紙やティッシュを使う」と語られていますが、あぶらとり紙やティッシュはNG。

初心者必見:メイク直しの新常識

それは、なぜなら、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうから。皮脂というのは、テカリの原因ですが、肌を潤す天然のクリームのような役割も果たすんです。 肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうと、逆に肌が乾燥して、潤い不足を感じて余分に皮脂を分泌してしまいます。 余分な皮脂分泌はメイク崩れの原因になりますから、良かれと思って使っていたあぶらとり紙やティッシュは、逆効果なんですね。 では、肌に適度に油分を残しながら、メイク崩れを最小限に抑えるためのメイク直し術を解説します! 今回は、ピカ子さんのメイク直し術を参考にさせていただきました。

崩れる前のメイク直しに必要な道具

初心者必見:メイク直しの新常識

 清潔なスポンジ(なければパウダリーファンデについているスポンジの清潔な面を使う)

 ベースメイクの仕上げに使ったパウダー

 パウダーブラシ

崩れる前のメイク直しのやり方

100均で揃えるメイク直しの必殺アイテム

1. スポンジで目の下から顔全体を優しくタッピングする。
スポンジを肌に垂直にして、スタンプを押すイメージで使うのがコツ。4回くらい繰り返す。

2. パウダーをブラシでふんわりとのせる。

必要なのは、この2ステップだけ!仕事中でもお手洗いで3〜5分あればできちゃうんです。 スポンジが余分な皮脂を吸収しながら、時間が経って浮いてきたメイクをもう一度肌に押し戻してくれるんです。 このメイク直しの頻度ですが、通勤後に1回、お昼前に1回と午前の間で合計2回ほどがベスト。午後のメイク崩れがいつもより楽になりますよ♪ 使ったスポンジは、できれば毎日洗うか、ダイソーやCandoなど100均のもので構わないので、使い捨てタイプのものを毎日取り替えて使うようにしましょう。皮脂やメイクの油分がスポンジに残ると、雑菌が繁殖して肌荒れの原因になってしまうからです。

崩れを防ぐには乾燥を防ぐ

先にご紹介したメイク直し術は、余分な油分と浮いたメイク対策です。 メイク崩れの主な原因は、皮脂と乾燥なので、乾燥対策も合わせて行いましょう。 乾燥してから保湿を行うのでは、すでにメイク崩れが始まってしまうので、乾燥する前に保湿します。 先ほどご紹介したスポンジテクのパウダーを使う前に、保湿ケアを挟みましょう。 使うのは、保湿スティック、または保湿バーム。どちらも日中の乾燥対策に欠かせないコスメです。

初心者必見:メイク直しの新常識

 保湿スティック
保湿美容液がスティック状になったもの。必ずメイクの上から使えるものを使う。

 保湿バーム
顔だけではなく、毛先のパサつきや指先の乾燥、唇にも使える万能コスメ。

使いやすさでは保湿スティック、保湿力の高さでは保湿バームといったところ。 個人的には指先が汚れない保湿スティックがおすすめですが、マルチに使えるバームも外せませんね。 基本は保湿スティック、乾燥が激しいときや顔以外の保湿ケア用にバームも携帯しておくと良いでしょう。 どちらもかさばらないので、両方化粧ポーチに入れて携帯しても負担になりません。

メイク直しにおすすめの保湿スティック&バーム

<商品>イプサ ザ・タイムR デイエッセンススティック /3,132円(税込)

画像提供元:イプサ

メイクの上から保湿可能なイプサの保湿スティック。乾燥してキメが乱れた肌をスルスルなめらかに整え、メイク直しで使うファンデののりを良くします。 スティックは肌に溶け込むようなテクスチャーで、力を入れなくてもスッと肌に馴染んで使いやすいと評判です。

<商品>クラブコスメチックスクラブ エアリータッチ デイエッセンス /1,500円(税抜

メイク 画像提供元:クラブコスメティックス

クラブホルモンクリームで有名な、クラブコスメチックスクラブの保湿スティック。プチプラならこれがベスト! 美容液仕立てだから、とろけるようなテクスチャーで肌を保湿します。なんと美容液成分を93%も配合した、ほぼ美容液のような保湿スティック。 極小パウダーが配合されているから、乾燥をケアしながらほんのりツヤ肌仕上げになります。

<商品>MiMC ビオモイスチュアスティックAC&UV /3,300円(税抜)

画像提供元:MiMC

個人的にはイプサよりもおすすめしたい、MiMCの保湿スティック。 保湿だけではなく、UVカット効果(SPF20)、ハイライト効果でツヤ出しも叶えるマルチコスメです。 保湿成分には、保湿力の高いシアバター、エイジングケアに良いフルーツエキスを各種配合。 乾燥ケアをしながらエイジングケアもできるので、よりこだわりたい方にはぴったりです。

メイクが崩れた場合のメイク直し方法

初心者必見:メイク直しの新常識

皮脂や乾燥によるメイク崩れを防いでも、完璧にメイクをキープするのは難しいもの。 隠したはずの肌トラブルがまた現れ始めたら、一度汚れを取ってから新たにメイクをします。メイク直しの必須アイテムといえば乳液ということで、これまで、私もメイク直しに乳液を使っていましたが、その常識は疑った方が良いかもしれません・・・。 なぜなら、メイク直しに乳液を使うと、汚れだけではなく、肌に密着していたメイクも取ってしまい、その部分だけ目立ってしまうのです。 落ちない・取れない・焼けない海のメイク 他でもメイク直しには乳液を推奨しているところが多いですが、使うべきは乳液ではなくリキッドファンデーション! プロのメイクさんは、メイク直しにリキッドファンデーションを使うことが多いそうです。 私が知っている限りでは、バラエティに出演することもあるおぐねーこと小椋ケンイチさんや、女性誌やテレビで活躍する山本浩未さんらが、メイク直しにファンデを使っています。リキッドファンデを使えば、ファンデに含まれる油分が余分な皮脂と浮いたメイク汚れを抱えて取り除けるんです。

崩れたメイクを直すために必要な道具

初心者必見:メイク直しの新常識

・普段お使いのリキッドファンデ(保湿も同時に行いたいので、保湿力の高いものを) ・コットン(毛羽立ちがないもの、できればソフトな質感のものがおすすめ) ・綿棒 ・スポンジ ・フェイスパウダー ・パウダーブラシ

リキッドファンデを使ったメイク直し方法

・ベースメイクの場合 1. コットンにリキッドファンデをなじませる。量は、目安としてコットンになじませて液がちょっぴりコットン表面に残る程度。 2. コットンを折りたたんで、ファンデがついている面で直したい部分を優しくなでるように拭き取る。 3. 中指と薬指で肌についたファンデをなじませ、仕上げにスポンジを垂直に当てて優しくスタンプ押し。ここでスポンジを使うことで、ファンデの余分な油分がスポンジに吸収され、表面が均一に整ってパウダーがのりやすくなる。 4. 仕上げにブラシにパウダーを含ませて、ふんわりと肌にのせる。 朝のベースメイクでパウダリーファンデを使った場合は、リキッドファンデのかわりに保湿美容液をコットンになじませて使います。乳液とは違い、美容液だと浮いたメイク汚れだけを取り除けます。直した部分がしっとりするので、表面のキメが整い、パウダリーが再びしっかりフィット!

・小鼻や目元など細かい部分の場合 1. 綿棒にリキッドファンデをなじませ、気になる部分を綿棒でなでるようにして汚れを取り除く。 2. 汚れを取り除いたら、スポンジで優しくスタンプ押し。 3. 仕上げにパウダーをのせて完了! リキッドファンデでも、保湿成分が配合されているものなら、肌に潤いを足して乾燥を防ぎます。乳液でメイク直しを習慣にしていた方も、これからはリキッドファンデでお直しを定番ルールにしてみてください!

乾燥に負けないおすすめリキッドファンデ

<商品>インテグレート リアルフィットリキッド /1,300円(税抜)

画像提供元:資生堂

私・美容ライターレナは、個人的にインテグレートはプチプラコスメの中でも、特にファンデーションの質が高いと考えています。 私自身、パウダリーの「プロフィニッシュファンデーション」と「水ジェリークラッシュファンデーション」の両方を持っていますが、どちらもカバー力が高くて乾燥しにくいんです。 総合的に保湿力が高いのですが、こちらのリキッドファンデーションは、インテグレートのファンデの中で特に保湿力高め。 「寒天クラッシュ技術」という、資生堂独自の保湿技術を使い、高保湿成分を肌に浸透させます。 フィット力も高く、肌負担の少ないミネラル成分配合なのも高ポイントです。

<商品>江原道 マイファンスィー アクアファンデーション /4,968円(税込)

画像提供元:江原道

世界的にも有名な江原道のリキッドファンデーション。カバー力の高さはもちろん、注目したいのは美容成分の多さ。 7つの保湿成分に加えて、肌を整える8種類の天然成分が乾燥とエイジングトラブルを防ぎます。 エステを受けたあとのような艶やかな肌に仕上げ、独自の「グロスフィルム処方」がメイクを長時間キープ!

メイク直しのときに日焼け止めはどうする?

日焼け止めパウダーをこまめに塗る

絶対分かる!美容ライターレナが教える旬の抜け感メイク応用編

日焼け止めはこまめに塗り直すことが必要ですが、メイクの上から乳液タイプの日焼け止めは重ねられません。 そこで使うのが、日焼け止めパウダー。つまりUVカット効果の高いフェイスパウダーです。 朝のベースメイクと日中のメイク直しで使う日焼け止めパウダーは、同じものを使いましょう。 1日中仕事で室内にいて、外出は通勤程度ならSPF20〜30程度のものでオーケー。 アウトドアで外にいることが多いなら、SPF50のものをこまめに使います。 特に目の下のほおの高い部分は、紫外線が当たりやすいので、他の部分よりも少し多めにブラシでのせてくださいね。

おすすめ日焼け止めパウダー

<商品>エトヴォス ミネラルUVパウダー /2,800円(税抜)

画像提供元:エトヴォス

個人的に好きなブランドのエトヴォスからは、高いUVカット力を持ちながら低刺激処方のミネラルUVパウダーがおすすめ。 SPF50、PA++++とUVカット力が高いのに、肌への負担が大きい紫外線吸収剤は不使用。 さらに、スマホやパソコンの画面から発生するブルーライトもカットできるので、パソコンを長時間使う方には特におすすめ! くすみカバー力も高く、ふんわり透明感のある肌に仕上げます。

<商品>msh タイムシークレット ミネラルプレストパウダー /1,944円(税込)

画像提供元:msh

SPF50+、PA++++という国内最高基準のUVカット力を誇るミネラルパウダー。 プチプラなのに、紫外線の他に乾燥、環境刺激からも肌を守るハイクオリティなコスメです。 プレストタイプだから携帯しても容器の中で粉が暴れることもありません。

筆者愛用パウダーはこれ!

<商品>フルーティア ナチュラルフェイスパウダー /3,240円(税込)

画像提供元:ラブピープラネット

私は20代前半に全くスキンケアをしていなかったので、アラサー目前になってから肌トラブルがどんどん現れるようになったんです。 そこで、毎日使うベースメイクコスメはこだわろうと思い、肌に優しくてスキンケア感覚で使えるものを探しました。 見つけたのが「フルーティア ナチュラルフェイスパウダー」。 主成分がミネラル、植物成分(コケモモエキスやイチゴ果実エキス、サボテンエキスなど)で無添加。 カバー力もしっかりしているのに、サラッと軽いつけ心地なんです。 休日はエトヴォスのCCクリームに、このパウダーだけで過ごしています。フルーティアは通販展開のみなので、知名度が少し低いのが残念。

まとめ

どんよりメイク汚れをリセットできるメイク直しアイテム

今回はメイク直しの方法を解説しました!以下にポイントをまとめたので、おさらいしてみてください♪

 メイク直しは「崩れる前」「崩れた後」の2ステップで綺麗なメイクが長時間キープできる

 メイク直しと合わせて、日中のこまめな保湿ケアは必須!

 メイク直し道具は、ポーチと別にまとめておくと便利

 乾燥でメイクが崩れやすい人はリキッドファンデを使う

 メイク直しの仕上げに日焼け止めパウダーを使って紫外線対策

メイク直し道具に関しては、本文で触れませんでしたが、今回崩れる前後2つのメイク直し方法でご紹介しているメイク直し道具をぜひ参考になさってください。リップやアイシャドウなど、他のコスメと合わせてポーチに入れるとごちゃつくので、メイク直し道具専用のポーチを用意するのがおすすめ。2つもメイク直しステップがあるなんて、慣れるまでは面倒くさいと思うかもしれませんが、それぞれ5分あればできる方法なので、覚えておいて損はなし!ぜひ実践してみてください!

スポンサーリンク

美容ライター レナ

スキンケア、メイク研究が大好き、日本化粧品検定2級の資格勉強中の美容ライターです。迫るエイジングトラブルの予防に奮闘中!プチプラコスメ、美白コスメを中心に自...

プロフィール

関連記事