そばかす・シミの種類と治し方一覧

スキンケア
スポンサーリンク

そばかす・シミと一口にいっても、その見た目も原因も対策もそれぞれに異なります。
そばかす・シミでお悩みの方は、まず、こちらのリストからご自身のそばかす・シミの種類はどれかをチェックしてみましょう。

老人性色素斑(日光性黒子)

特徴

頬骨の高い所や腕の表面などにできることが多い、隆起のない数ミリ~数cmほどのシミ。
加齢によって肌のターンオーバーの機能が低下することにより、増えるとされています。

原因

長年紫外線を浴び続けたことによるダメージが蓄積して色素沈着となり、肌の表面に浮かび上がってきます。

対策

紫外線対策で悪化を防ぐとともに、新たなシミにならないように予防しましょう。
メラニンの生成を抑えるスキンケア製品や抗酸化作用のある食材の摂取が有効です。

肝斑(かんぱん)

特徴

口の周りや頬骨などに左右対称に広範囲に広がるシミ。

原因

ホルモンバランスの乱れが主原因とされ、更年期障害や妊娠中、ピルの服用でも出やすくなります。
紫外線などの肌ダメージの蓄積によるメラニンの過剰生成も。

対策

ホルモンバランスを整えることが何より大切です。
睡眠の質を改善し、バランスの良い食生活を目指しましょう。

雀卵斑(そばかす)

特徴

鼻や頬を中心に広がる小さなシミ。
春・夏には色が濃くなるなど目立ちやすくなる傾向があります。

原因

先天的なものと後天的なものがあり、どちらも老化や、紫外線などの外的刺激で濃くなったり増えたりすることがあります。

対策

メラニンを排出するスキンケア製品や、ビタミン・L-システインなどの含まれる栄養素を摂取するのが有効です。
もちろん紫外線対策で、これ以上増えないように予防するのもお忘れなく。

炎症性色素斑

特徴

皮膚に出来た傷が炎症を起こして色素が沈着し、生じるシミ。

原因

ニキビや肌荒れ、やけど、虫刺されなどの傷が炎症を起こすことが主な原因です。
レーザーなどの美容医療の跡に生じるケースもあります。

対策

患部は色素沈着を起こしやすい状態になっているため、紫外線対策を入念に行うと共に、洗顔や誤ったフェイスマッサージなど肌にダメージを与える習慣を見直しましょう。
肌のターンオーバーを助けるスキンケア製品を使用するのがおすすめです。

脂漏性角化症

特徴

黒から茶褐色の濃く隆起したシミ。
老人性色素斑から脂漏性角化症へ移行するケースもあります。

原因

紫外線や摩擦などの外的刺激が長年積み重なったことにより、できるシミの一種。
別名を老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)・年寄いぼで、皮膚の老化現象として加齢とともに増加します。

対策

外科手術や炭酸ガスレーザーで除去するケースが多いものの、再発し拡大することが少なくないようです。
紫外線や摩擦などの外的ダメージを避け、保湿をしっかりすることで、悪化を防ぐことから始めましょう。

遅発性両側性太田母斑

特徴

灰色~青褐色のあざのように見えるシミ。
皮膚の深いところから生じ、顔の片側のみに発生することが多いシミです。

原因

真皮内の異常なメラニン細胞が増殖・活性化して生じると考えられています。

対策

脂漏性角化症と同じく、外科手術や炭酸ガスレーザーで除去するケースが多いものの、再発や拡大のリスクがあります。
紫外線や摩擦などの外的ダメージを避け、保湿をしっかりすることで、悪化を防ぐことから始めましょう。

まとめ

この他にも、シミには花弁状色素斑・摩擦黒皮症といった様々な種類があります。
また、赤いシミに見えるものは、「有きょく細胞がん」の初期段階である「日光角化症」の可能性があるため、注意が必要です。

そばかす・シミの対策をしっかりして、美肌を育てるためには、信頼できるスキンケア製品とバランスの良い食生活という「内側・外側両面からのケア」が欠かせません。
ぜひ、「【完全ガイド】シミ・そばかすを消す・隠す方法」を読んで、ご自身に合うケアを見つけてみてください。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事