• HOME
  • スキンケア
  • 目立って気になる鼻ニキビ!原因は何?早く治す方法と予防法

目立って気になる鼻ニキビ!原因は何?早く治す方法と予防法

スキンケア
スポンサーリンク

ちゃんと洗顔したり、保湿ケアしているのに、鼻の頭にポツンとできる「鼻ニキビ」。

目立つだけでも十分厄介なのに、赤く腫れて痛みまで伴うこともあります。

しかも一度できるとなかなか治らず、隠すこともできないので悩んでいる方も多いと思います。

そんな鼻にできるニキビを早く綺麗に治すには、一体どうすればよいのでしょうか?

鼻ニキビができてしまう原因や症状、治療法、予防法について解説していきます。

鼻ニキビができる原因とは?

鼻ニキビ

赤くなって目立つことも多い鼻ニキビは、ファンデーションやコンシーラーを使っても隠すのが大変です。

そんな厄介な鼻ニキビができてしまう原因は、主に3つ挙げられます。

【原因1】皮脂の過剰分泌

鼻には毛穴がたくさんあるため、常に皮脂が分泌されています。

皮脂はお肌の潤いを保つのに欠かせないものですが、睡眠不足やストレスなどでホルモンバランスが乱れてしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまうことがあり、鼻ニキビができやすい状態になってしまいます。

また、お菓子の食べ過ぎ辛いものなどの摂り過ぎは、鼻ニキビの原因になることがあります。

お肌のコンディションが悪い時はなるべく摂取するのを控えて、お肌の調子を整えるビタミンが豊富な野菜を中心とした食事を意識的に取り入れることが大切です。

【原因2】不十分な洗顔

鼻の毛穴は他の部位よりも大きく、顔の中でも凹凸が多いので、どうしても汚れが取れにくかったり、残ってしまいがちな場所です。

特に女性の場合は、メイクを落とし切れていないことがあるため、それが原因となって鼻ニキビにつながってしまいます。

顔に皮脂や化粧品等の汚れが残ったままだと、鼻ニキビの原因となるアクネ菌や細菌の栄養になってしまい、鼻ニキビが悪化することもあります。

ただし、過度な洗顔は絶対NGです。

朝は洗顔料を使用せずぬるま湯で軽くすすぐ程度にして、夜は洗顔フォームを使用してしっかりと顔の汚れを落とすようにしましょう。

鼻がテカったり皮脂が気になるからといって、何度も洗顔するのはかえって逆効果になるので、洗顔のしすぎには注意してください。

また、あぶらとり紙の使い過ぎも皮脂の過剰分泌につながるため、ティッシュで軽く抑える程度にしましょう。

【原因3】鼻を触ってしまう

無意識のうちに鼻を触ってしまったり、ゴシゴシ力を入れて洗顔してしまうと、鼻に刺激を与えることになります。

お肌に余計な刺激がかかり、負担になることによってバリア機能を低下させ、鼻ニキビができやすい状態になってしまうおそれがあります。

できてしまった鼻ニキビが気になるからといって指で触ると、指の雑菌が付着してニキビを悪化させることにもなりかねません。

鼻ニキビの原因や治療法とは?

鼻ニキビの原因や治療法

規則正しい生活を心がける

鼻は顔の中でも特に毛穴が多く、皮脂も大量に分泌される部位です。

皮脂や古い角質などが毛穴に詰まりやすいので、アクネ菌が繁殖しやすくなり鼻ニキビにつながります。

鼻ニキビはホルモンバランスが不安定な思春期によく見られますが、ストレス偏った食事不規則な生活によりホルモンバランスが乱れてしまうと、もちろん大人にも発症してしまいます。

まずは生活リズムを一度見直してみてください。

いくらスキンケアを頑張っていても、生活習慣が不規則な状態では、鼻ニキビを治すのは非常に困難と言えます。

生活リズムを改善しながら、自分の肌に合った正しいスキンケアを行うことが大切です。

洗顔のし過ぎに気をつける

鼻ニキビを治す上で洗顔はとても重要ですが、洗顔のし過ぎには気をつけましょう。

特に「鼻のテカりやベタつきが気になる」などの理由で、一日に何度も洗顔すると肌のバリア機能を低下させてしまいます。

肌のバリア機能が低下してしまうと、かえって鼻ニキビができやすくなったり、肌荒れ乾燥肌などの様々な肌トラブルを引き起こす可能性もあるので注意してください。

また、鼻ニキビが気になるからといって、鼻を触ったり無理に潰したりするのは絶対にいけません。

指から雑菌が付着して鼻ニキビを悪化させてしまったり、無理に潰すとニキビ跡が残ってしまう恐れがあります。

鼻ニキビを早くキレイに治すためにも、生活リズムを整えるのと同時に正しいスキンケアを行って、肌のコンディションをしっかり整えましょう。

自宅で簡単!鼻ニキビを予防&対処する

自宅で簡単!鼻ニキビを予防&対処する

鼻ニキビを防ぐためには、とにかく汚れを毛穴に詰まらせないことが重要なポイントとなります。

炎症を起こしてしまう前の段階で、毛穴パックやピーリングを使用して皮脂汚れを取り除くことにより、ある程度鼻ニキビを予防できます。

【ケア方法1】毛穴パック

小鼻専用のシートパックやクリームタイプの毛穴パックを使うと、皮脂汚れを一度にごっそり取ることができます。

中にはお肌のターンオーバーを促す成分が配合されているものなどもあります。

毛穴汚れが気になるからといって、自分でコメドプッシャーピンセットなどを使って、無理に押し出したりするケアよりも断然オススメです。

また、インターネットで「鼻パック」について調べると、オロナインパックニベアパックといった方法も出てきますが、これらの方法はお肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

毛穴パックの使い過ぎはお肌にかなりダメージを与えてしまうだけでなく、余計に毛穴を開いてしまう原因にもなるので気をつけてください。

【ケア方法2】ピーリング

ピーリングは皮脂の汚れを取り除く効果があり、肌のターンオーバーを促進することにより、鼻ニキビをできにくくする効果が期待できます。

種類も豊富なのでドラックストアなどで手軽に購入できますが、摩擦タイプのものや配合されている成分(添加物)によっては、お肌に負担をかけてしまうことがあります。

鼻ニキビができやすい時はお肌のコンディションも乱れがちなので、低刺激でお肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

また、毎日ピーリングすると必要な皮脂まで取り除いてしまい、お肌のバリア機能を低下させる恐れもあるので注意してください。

【ケア方法3】炭酸洗顔

炭酸水を使った洗顔は、たくさんの芸能人やモデルの方も行っており、血行を促進する効果などがあると言われています。

その他にもお肌のトーンが上がったり、ハリが出てくるといった嬉しい効果も期待できます。

しかしその反面、どうしてもお金や手間がかかってしまうため、毎日続けるには不向きかもしれません。

鼻ニキビの原因と対処法まとめ

鼻ニキビの原因と対処法まとめ

目立って気になる鼻ニキビができてしまう主な原因は、「皮脂の過剰分泌」「間違った洗顔」「余計な刺激や雑菌」です。

皮脂の過剰分泌を抑えるためにも、まずは規則正しい生活習慣を送るとともに栄養バランスのとれた食生活を心がけ、毎日しっかりとスキンケアを行うようにしましょう。

その上でニキビ専用のケア用品を使用して、鼻ニキビができにくい肌環境へ整えることが大切です。

鼻ニキビの症状が悪化した場合には、医薬品で治療しないといけないケースもあります。

セルフケアだけでは対処できず、症状が良くならない時は皮膚科を受診することをオススメします。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事