• HOME
  • スキンケア
  • 鼻の下にできるニキビの治療法とは?有効な方法について知っておこう

鼻の下にできるニキビの治療法とは?有効な方法について知っておこう

スキンケア
スポンサーリンク

鼻の下にできるニキビは、痛みが出やすく目立つので厄介です。

かといって無理に潰すと跡が残る可能性もあるので、ひたすら完治するのを待つしかないのですよね。

鼻の下にニキビができる主な原因は、日頃の不摂生による内臓機能の低下。

暴飲暴食や夜更かし、運動不足の自覚がある人は生活習慣を改める努力をしましょう。

もちろん、メイクをしっかり落とすことや、保湿を心がけることも大切です。

有効な治療法をご紹介するので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

皮膚科や婦人科での女性ホルモン療法

内臓にダメージを与えてしまうような生活は、同時に大きなストレスを抱える生活でもあります。

美肌を保てるかどうかは女性ホルモンの分泌量も大きく関係しているのですが、残念ながらストレスでバランスを乱しやすく、過剰に皮脂を出すプロゲステロンが優位になりがち。

これではいつまでたってもニキビが良くならないので、なんとかして肌にうるおいを与えて良い状態に保ってくれる「エストロゲン」の分泌量を増やす必要があるのです。

大人ニキビに低用量ピルが効く

そこで有効なのが、皮膚科や婦人科で受けられる女性ホルモン治療。

エストロゲンに似せて作った合成ホルモンを補給することにより、分泌量を増やしてニキビができにくい肌にしようというやり方で、そのために使われるのが低用量ピル。

ピルといえば副作用を心配する人が多いですが、中高用量とちがって低用量はホルモンの量を抑えてあるため、正しく使えばそれほど気にする必要はありません。

内臓のダメージを回復させる治療

鼻の下のニキビは内臓が弱っている証拠であると書きましたが、特に胃が荒れているケースが多いようです。

ですから、一所懸命スキンケアを頑張っても、肝心の胃の調子が悪いままでは治りません。

皮膚科で肌を見てもらうように内科での診察も受け、体調を整えるようにしましょう。

胃の不調を改善する

胃の不調としては「胃痛」「胃もたれ」「膨満感」などがありますが、これらの症状を薬によって抑えていきます。

吐き気がひどい場合には、点滴をすることもありますね。

しかし、こうした対処はあくまでも出ている症状を緩和させるだけなので、根本的な解決にはなりません。

本気で胃を治したいと思ったら、原因を探ってそれを改めなくてはならないのです。

日々のストレスに注意

現代人に多いのが、仕事の疲れや人間関係のストレス。

自分のための時間を作るのはなかなか難しいかもしれませんが、体調を整えるのも仕事のうちであると割り切り、リラックスタイムを作るようにしましょう。

映画のDVDや本で泣いたり笑ったりするのもリフレッシュには効果的ですよ。

自宅でできるセルフケア

これまで病院で受けられる治療について紹介してきましたが、自宅でできるセルフケアも重要です。

Point1:生活習慣

周りにいる美肌の持ち主は、みんなイキイキとしていますよね。

これは規則正しい生活を送り、自分に自信が持てている証拠。

生活習慣のコントロールは当たり前なようで実際には難しいので、これがちゃんとできるだけでも気持ちの持ちようが変わってくるのです。

Point2:洗顔

そして、肌のお手入れに手を抜かないことも大切。

メイクをきちんと落とすのはもちろん、洗顔にもこだわって毛穴をキレイにしましょう。

ニキビができている肌は刺激に敏感なので、洗顔料も低刺激なものがベスト。

泡で包み込むように優しく洗い、最低でも30回以上すすいで石鹸の成分が肌に残らないようにしてくださいね。

洗顔前に蒸しタオルを当てておくと、汚れが落ちやすいのでおすすめですよ。

Point3:保湿

保湿は、十分すぎるぐらいしっかりと。

手で肌に触れた時、吸い付くような感覚になるまでせっせと水分と油分を与えてあげてください。

乾燥しやすいオフィスでは、スプレータイプのクリーム化粧水がお役立ちですよ!

おわりに

鼻の下のニキビを治療する方法について、いかがでしたか?

ニキビをきちんと治すにはただ肌のお手入れを頑張れば良いというわけでなく、体の中に眠っている原因にもアプローチすることが大切なのですね。

現在では、こうしたニキビ治療に力を入れている医療施設が増えています。

受診のタイミングは早ければ早いほど効果的なので、時間を作って病院に行きましょう。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事