• HOME
  • ボディケア
  • つるつるすべすべ【かかとケアガイド】ステップバイステップ

つるつるすべすべ【かかとケアガイド】ステップバイステップ

プロが教えるつるすべかかとケア
ボディケア
スポンサーリンク

プールやビーチに行ったり、サンダルの出番も多い夏!靴下を脱いだら実はガサガサ、ひび割れかかとで恥ずかしいっ!なんてことはありませんか!?

普段みなさんはどんなかかとケアをしていますか?トータルビューティーアドバイザーのMegumiが、つるつるで健やかなかかと美人に近づけるかかとケアの方法を紹介します。

かかとの役割と角質ができる理由

健やかに美しく|Aifeel

東洋医学では第2の心臓ともいわれている足。この足には多くのツボや筋肉が集まっています。また、全身の血液を流すポンプ機能として働いている脚にはリンパもたくさん通っています!
そして、かかとは全身の70%を支えるという大切な役割を担っています。

体の重みを支えるため、外部の刺激や負担の多いかかとの皮膚(角質層)は体の中でも最も硬くて分厚く、顔の角質層と比較すると、なんと100倍もあると言われています。
かかとには皮脂腺がないのでとても乾燥しやすく、乾燥によりガサガサになってしまったり、角化が進むとひび割れが起こりやすくなったりします。そして、角質化がさらに進み、硬くなったかかとはガサガサの乾燥からひび割れの状態が悪化しやすくもなります。

お家で簡単に出来る角質かかとケア&保湿かかとケアで、ガサガサ、ひび割れかかととは無縁の、つるつるすべすべのかかとを手に入れましょう!

つるつる素肌のかかとケア

プロが教えるつるすべかかとケア

角質のお手入れ

ガサガサ、ひび割れかかととはさよなら!まずは古くなり溜まってしまった角質を落としてあげましょう!ガサガサやひび割れの原因ともなる古い角質は、たまると菌が繁殖しやすく、足の病気や蒸れ、いやなニオイの原因になることも…。そんなお悩みを解消してくれるのが、バスタイムです。足先まで温めてあげることができ、角質も柔らかくすることのできるバスタイムはかかとケアをするのに最適。毎日のバスタイムを角質ケアタイムとして活用していきましょう。

かかと角質ケアの手順

① 足の指先までしっかりと温めてあげましょう

② 柔らかくなった古い角質だけが取れるように水分はしっかりと拭き取ります
(水気を取らないと古くなった角質と一緒に柔らかくなった健康な角質まで必要以上に削れてしまうので気をつけてください!)

③ やすりを使い古くなった角質を落とす
かかとやすりの流れは一定に。かかとに沿ってやすりを優しく滑らせましょう

 point:オススメかかと角質ケアアイテム1
ガサガサかかとには、100円均一やドラッグストアで購入することのできる“かかとやすりや軽石”を使ってケアすることができます。

角質ケアの注意点

プロが教えるつるすべかかとケア

角質ケアは、あくまでも古くなった角質をケアするもので、つるつるが良かれとけずりすぎてしまうとガサガサになった古い角質だけでなく健康な角質や表皮まで傷をつけてしまいます。その結果、体がかかとを守ろうとバリア機能が働き、より硬くより強いかかとになろうと皮膚再生を促してしまいます。

つるつるなかかとにしようと無理に剥がすと、かえって逆効果です。かかと表面を傷つけないように古くなった角質のみ、かかとケアをしてあげましょう!

かかとのお肌再生周期(ターンオーバー)とは?

一般的に正常な肌の場合ターンオーバーは28日、かかとの角質層はとても分厚いので他皮膚に比べると長く120日間かかると言われといます。
必要以上にやすりや軽石で角質ケアをしてしまうと正常な再生サイクルに戻るまでに時間がかかってしまい、かえってトラブルの原因に。
かかともお肌の一部です。再生サイクルを乱すことがないように無理な角質ケアは控えるようにしましょう。

 point:オススメかかと角質ケアアイテム2:5セカンズ シャイン
かかとケアのマストアイテム・5セカンズ シャイン|トータルビューティーアドバイザーMegumiが教えるかかとケア

有名TV番組でも紹介され話題となった“ 5セカンズ ”。名前の通りたったの5秒でかかとケアが出来ちゃうんです!!!
0.01mm単位精度のガラス素材で出来ているかかとやすりは、古い角質のみを削ることができ、すばやく!ごっそり!簡単に!つるつるかかとを手に入れることができます。

大人気商品のため、現在ドラッグストアやその他店舗で見つけることが少し難しく入手困難ではありますが、一度インターネットなどを覗いてみてください。

Amazon楽天市場

 point:オススメかかと角質ケアアイテム3

お手軽にできる新感覚!の角質ケアアイテム“足の角質ケアパック”。古くなった皮がペロンと剥ける足パックは気持ちいくらい綺麗に剥けると話題に!ドラッグストアでもお手頃に購入することができるので試して見ても◎

 point:オススメかかとケアアイテム4

ちょっと贅沢にかかと角質ケアをするなら、“ ボディースクラブ ”を使うのもいいかも。

一度に角質がキレイに落ちてつるつるに!とはなりませんが、くるくるとかかとをマッサージをしながら角質ケアをしていくため、硬くなりがちなかかとに負担をかけずケアしてあげることができます。

マッサージをしてあげることによって、肌ストレスを軽減することができガサガサ、ひび割れかかとが改善され、柔らか肌のかかとになることが期待できるでしょう。
好みの香りのもの見つけて心身リラックスしながらかかとケアをしてもいいと思います。

かかとの保湿ケア

プロが教えるつるすべかかとケア

皮脂腺がなく、とても乾燥しやすいかかとには保湿は欠かせないケアとなります。角質ケアをして剥き出しになった表面に潤いを与え丁寧に保湿してあげましょう!保湿をすることでガサガサ、ひび割れを予防することができます。

①化粧水でしっかりとパックをしてあげる

コットンなどがあれば張りつけて浸透させてあげるのも効果的です。

②保湿クリームをたっぷり塗布する。

ゆっくり時間をかけることが出来る様であれば、マッサージをして血行UP効果を期待してもいいでしょう。マッサージをすることで硬くなった皮膚が柔らかくなり、より健やかになります。

マッサージポイント

かかと、くるぶし付近にはたくさんのリンパが通っています。血液が流れにくくなる足首からくるぶし、土踏まずからかかとを揉みほぐしてあげましょう!

足の骨と骨の間には流れにくくなった老廃物が溜まっています。手をこぶしにした状態で指の第二関節あたりを使い、足の指先から足首に向かって、少し痛気持ちいくらいの力でグリグリとさすりほぐしてあげましょう!

③保湿クリームを浸透させる。

ラップやポリ袋を巻いて保温することで保湿クリームの効果を高めることができます。クリームを塗った後に歩くことが気になる方は、靴下を履いて程よい圧迫で保温するのも良いでしょう。

ドラッグストアでも、バラエティショップでも、セレクトショップでも、もちろんオンラインでも、様々な種類のかかとケアアイテムが売られています。ご自分のかかとの状態とクリームの効果や成分を見て自分のかかとに合ったかかとクリームを選んでみてください!

サロン・エステで角質ケア

かかとのケアは、日々地道に自分でセルフケアしていく必要がありますが、たまにはプロの手を借りてみるのもおすすめです。専門のフットケアサロンにエステ、リラクゼーションサロンでもかかとケア・角質ケアを施してもらうことができるので、うまく活用しましょう。

勉強熱心なプロは、日々色々な人のケアをしているので、硬くなった角質、ひび割れしたり、ガザガザになってしまったかかとも、あなたに合った方法でしっかりケアしてくれるはずです。
お家とは一味違う上質なかかとケアをリラックスして楽しんでみてください。「お家ではどうケアしたらいいですか?」と質問して、明日につながるかかとケアの知識を仕入れるのもおすすめです。

終わりに

かかとケアは毎日入念にケアする必要はありません。むしろケアをし過ぎてしまうと逆効果に!
お肌の基本である 清潔、保湿を心がけるだけでガサガサ、ひび割れとは無縁な健やかなつるつるかかとを保つことができます。

春夏秋冬の季節を問わず一年中ケアをしてあることで露出が増える季節にはつるつるすべすべもちもち肌のかかとに
いざ!靴を脱ぐ!という時には自慢のできるつるつるのかかと美人でいましょう。

スポンサーリンク

トータルビューティーアドバイザー MEGUMI

トータルビューティ専門学校にてヘアメイク、ネイル、エステ、 ファッション、ブライダルを学び知識を活かすためフリーライターへ。 自身も様々なアレルギーに悩まさ...

プロフィール

関連記事