【医療ライター監修】美容医療:光とレーザーの違いを徹底解説

美容ライターレナが教えるパーフェクトメイク
スキンケア
スポンサーリンク

美容医療で使用される光とレーザー。どちらも美肌治療やたるみ、しわの改善などに用いられますが、両者の違いが今ひとつわからないという方は多いのではないでしょうか。ここでは、光とレーザーの違いを仕組みや適用できる症状、費用、副作用などに分けて、わかりやすく解説していきます。

美容医療で使用される光とレーザーの特徴

最初に伝えておくと、美容医療の光とレーザーにおいて優劣を決めることはできません。そのため、クリニックや病院によっては、美肌治療に光治療器とレーザー機器の両方を導入しています。適切に使い分けることで、理想に近い結果を得られるでしょう。まずは、美容医療で用いられる光とレーザーの特徴をご紹介します。

光の特徴

美容医療における光治療というと、インテンスパルスライト(IPL)を指すことが一般的です。光とレーザーの違いの1つに、波長が挙げられます。波長とは、光の長さのことを指し、波長が長いほどに肌の奥深くへと届きます。

光の特徴は、複数の波長を含んでいることです。肌の奥深くへは余り届かず、主に肌の表面に作用して美肌効果をもたらします。

また、パルス幅も異なります。パルス幅とは、照射時間のことで、パルス幅が短いほどに熱を集中できるため、肌の奥深くへ届きます。光のパルス幅は比較的長いため、威力が低く肌の浅いところに作用することが特徴です。

レーザーの特徴

美容医療で用いられるレーザーには、CO2レーザーやYAGレーザー、アレキサンドライトレーザーなど様々な種類があります。それぞれ異なる波長を持ち、美肌治療の目的によって使い分けます。また、QスイッチYAGレーザーは、短い波長のレーザーと長い波長のレーザーを切り替えられるようになっており、様々な美肌医療に用いられています。

パルス幅は光よりも短いものが多く、肌の深いところに作用することが特徴です。

適用できる症状の違い

光とレーザーでは、美容医療において適用できる症状が異なります。どのような症状に効果が期待できるのか、確認しておきましょう。

波長が短く、パルス幅が長い光は、肌の浅いところに原因がある症状に適用されます。美容医療においては、薄いシミや小じわ、そばかす、ニキビ跡などに用いられることが一般的です。また、美肌治療の1つとして、肌にハリをもたらすために用いられることがあります

熱が広がりやすく、肌の奥まで届かないことは一見デメリットに思えるかもしれませんが、それだけ肌への負担が少なく、広範囲に効果をもたらせるため、どちらかというとメリットと言えるでしょう。

美容医療の光治療では、薄いシミや小じわなどにアプローチしつつ、肌にハリをもたらす効果が期待できます。つまり、一度で複数の効果が期待できるということなので、手っ取り早く美肌を目指したい方におすすめです。

それぞれの症状に、どのようにアプローチするのかご紹介します。

薄いシミ

シミは、年齢を感じさせる肌のトラブルとして、多くの方が悩んでいます。自宅でのケアでは十分な改善が期待できないため、美容医療の助けを借りましょう。

シミは、肌を守るために分泌されるメラニン色素が肌に沈着したものです。光には、メラニン色素を破壊する働きがあるため、シミの改善が期待できます。ただし、肌の奥に沈着したものは、光では改善できません。

小じわ

美肌治療においてニーズが高い小じわは、肌の弾力を保つコラーゲンがゆるんだり、水分を保つセラミドが少なくなったりすることで起こります。光には、コラーゲンの生産を促すことで、小じわを改善させる美肌効果が期待できます。小じわは、放置すると深いシワになる可能性があります。美容医療の助けを借りて、早めに解消させましょう。

そばかす

シミと同じく、メラニン色素が沈着したものです。そのため、メラニン色素を破壊できる光で改善が期待できます。そばかすは先天性のものが多く、美容医療では改善できないと思われがちです。ごく一般的な美肌治療で改善が期待できるので、早めに美容医療を受けられる美容皮膚科を受診しましょう。

ニキビ跡


ニキビ跡は、ニキビによる強い炎症が肌の奥深くにまで及び、コラーゲンが破壊されることで肌の再生にムラが生じ、肌が凸凹してしまったものです。一般的なケアでは改善が期待できず、美容医療による美肌治療が必要となります。光治療には、美肌効果だけではなく、肌の再生を促す働きもあるため、ニキビ跡にも効果が期待できます。

レーザー

美容医療におけるレーザーは、波長が長いものや短いものがあり、パルス幅が比較的短いため、深めのシミやたるみ、毛穴の開き、赤ら顔などの改善、タトゥー除去、脱毛などの美容医療に用いられます。

深いシミやたるみ


肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが不足していることが原因なため、レーザーの熱でコラーゲンを引き締めることで改善が期待できます。深いシミやたるみに悩む方はとても多く、コンプレックスの原因になることが珍しくありません。

美容医療の力を借りて、早めに解消させましょう。深いシミとたるみは美肌治療においてニーズが高く、多くの美容皮膚科で治療を受けられるようになっています。

毛穴の開き

毛穴の開きは、毛穴周辺のたるみによって起こるため、美容医療のレーザーで改善が期待できます。毛穴の開きは、毛穴に詰まった角栓が原因の場合もあります。この場合も美容医療の領域となります。レーザーではなく、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)によって角栓を押し出す処置をします。

赤ら顔

お酒を飲んだ後のように顔が赤くなった状態です。内科などで治療するものというイメージがあるかもしれませんが、実は赤ら顔は美容医療の領域です。毛細血管が拡張することで起こるため、レーザーで拡張している毛細血管を破壊すれば赤みが治まります。赤ら顔は、その見た目が問題となるため、美容医療の分野となるのです。

タトゥー除去

タトゥー除去は、美容医療における美肌治療の中でも特に難しい施術です。タトゥーの色素をレーザーで破壊すると、免疫細胞が色素を分解しやすくなります。分解された色素は自然に排出されます。ただし、完全にタトゥーを消すことはできません。うっすらと跡が残ってしまうため、あえて消さない方がよかったと後悔する方もいます。

脱毛


脱毛は、美容医療の領域です。発毛組織をレーザーの熱で破壊することで、毛を生えにくくできます。脱毛には、光を使用することもありますが、発毛組織を破壊できないため、永久脱毛とは呼べません。レーザーであれば、発毛組織を破壊できるため、永久脱毛と呼べます。ただし、半永久的に毛が生えなくなるとは限らないので、それだけは注意しておきましょう。

このように、レーザーは美容医療において様々なシーンで用いられており、特に美肌治療には欠かせない存在となっています。
「美容医療で使用されるレーザーの種類や効果を徹底解説!」の記事では、より詳しくレーザーを使った美容医療についてご説明していますので、ぜひ併せてご一読ください。

治療時間・期間に違いはある?

光とレーザーは、そもそも適用できる症状が異なるため、治療時間や期間の違いを比べる意味はありません。脱毛に関しては、光とレーザーの両方を使用するため、比べる意味はあると言えるでしょう。

光は、レーザーと比べて出力が低いため、脱毛効果を得られるまでの施術回数が多くなります。光脱毛は、約8~13回、医療レーザー脱毛は約5~6回と差があるので、少しでも早く脱毛したい場合はレーザーを選びましょう。

光とレーザーの費用はどれぐらい違う?

美容医療においては、光よりもレーザーの方が多くの費用がかかります。どちらも医療機関によって料金が異なるため一概には言えませんが、光のよる美肌治療は1回10,000~150,000円、レーザーは1回20,000~200,000円が相場です。

光やレーザーは、使用する機器によっても料金が大きく変わります。料金が高いレーザーは、美肌治療の効果が高いことに加え、肌への影響が少ない傾向があります。例えば、筋肉の層に直接働きかけ、シワとたるみを改善させるというタブロ ゴールドというレーザー機器は、1回100,000~150,000円程度の料金設定となっています。

効果の持続性が高いため、通院が面倒という方に人気です。このように、料金が高いものには付加価値があります。

起こり得る副作用

美肌治療に使用するといっても、肌に熱を照射することになるため、様々な副作用が起こる可能性があります。光とレーザーで、副作用にどのような違いがあるのか確認しておきましょう。

照射部位に、赤みやほてり、かゆみ、痛み、腫れなどがみられることがあります。ただし、レーザーと比べて低出力なため、このような副作用が現れる心配は少ないとされています。ただし、赤みやほてりは、珍しい副作用ではありません。

レーザー

美容医療において、レーザーと光の副作用は同じです。ただし、レーザーは高出力であるため、それだけ副作用が現れやすくなっています。赤みやほてりは、高確率で現れることを覚えておきましょう。美肌治療を受けたのに肌が赤くなったと不満に感じる方もいるかもしれませんが、処方される抗炎症剤を塗って冷やしておけば、1~3日程度で治まります。

それ以上、経っても赤みが全く治まらない場合は、施術を受けた医療機関に連絡しましょう。

施術後の生活で注意すること


光とレーザーは、どちらも生活後の注意点が同じです。照射部位には炎症が起きているので、炎症を強くしないために、運動や入浴、飲酒などを避けましょう。これらは、いずれも身体を温めて血流を促し、炎症を悪化させる行為です。このように美容医療の効果を正しく引き出すためには、医師の指示に従って過ごす必要があります。

また、照射したところは刺激に弱くなっているため、摩擦に注意しましょう。その他、紫外線対策も徹底することが大切です。普段なら問題がないような刺激でも、光やレーザーの照射後の肌にはとても過酷です。日焼け止めクリームだけではなく、日傘やアームカバー、帽子、サングラスなどを使用して、徹底的に紫外線をシャットアウトしましょう。

美容医療において、光とレーザーはよく使用されています。また、他にも内服薬や外用剤、イオン導入など様々な種類があります。美肌を目指すのであれば、それぞれの適用できる症状や副作用、費用などについて知っておくことをおすすめします。最近では、「セカンドオピニオン」として複数の皮膚科やクリニックに同時に相談することも珍しくありません。費用も時間もかかる上に、後々まで影響が出る施術・治療になるため、信頼できる複数の専門家に相談して、ご自身に合う適切な治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

医療・美容ライター RYOTA KATO

医療・美容ライター。 2012年からフリーランスとしてライターを始め、執筆本数は9,000本以上に昇る。情報の正確性とわかりやすさにおいて医師からも好評。正...

プロフィール

関連記事