• HOME
  • メイク
  • 徹底解説:ミネラルパウダー・ミネラルファンデの特徴と選び方

徹底解説:ミネラルパウダー・ミネラルファンデの特徴と選び方

メイクがグンと変わるフェイスパウダーの使い方
メイク
スポンサーリンク

ミネラルパウダー = 肌にいい、というイメージはあるものの、なぜ肌にいいのか、そもそもミネラルってどんなものか、わからない方は多いと思います。 今回は、ミネラルパウダー愛用者のコスメライター レナが、ミネラルパウダーとは何か、その魅力や特徴、選び方についてじっくり掘り下げてみました!

目次

ミネラルパウダーとは

ミネラル=天然鉱物が主原料

絶対分かる!美容ライターレナが教える旬の抜け感メイク応用編

ミネラルパウダーは、天然鉱物を主原料に作られたパウダーの総称です。 メイクアップに使う「ミネラルファンデーション」と、主にマッサージソルトとやバスソルトとして使う「ミネラルソルト」という分野の違う商品で「ミネラルパウダー」という名称が使われていますが、本記事では、メイクアップに使う「ミネラルパウダー」について解説します。

ミネラルとは、天然由来の鉱物で、主に以下のようなものがミネラルパウダーに使われています。

酸化亜鉛

酸化チタン

マイカ

酸化鉄

シリカ

代表的なのが以上の5つのミネラルで、さらに商品によっては独自に配合したミネラルも含まれます。 例:シリカ、シルク、水酸化アルミニウムなど・・・

ミネラルパウダーに偽物がある?

ミネラルパウダーの選び方|コスメライター・レナのミネラルパウダー徹底解説

実は、現在日本ではミネラルコスメの明確な定義ってないんです。だから、成分にミネラルが含まれていれば、量に限らずミネラルコスメとして販売できるんですね。防腐剤やアルコール、香料などケミカル成分が配合されていても、ミネラルコスメを名乗れるというわけです。

しかし、現実的には、人気の高いメーカーのミネラルパウダーは、ほぼ「ミネラル100%」で、防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などのケミカルな成分や添加物を抑えたものばかりです。手の届きやすいプチプラでも天然ミネラル100%の製品は増えてきているので、せっかくお肌に優しいミネラルパウダーを使うなら、天然のミネラルだけで作られた「ミネラル100%」のミネラルパウダーを使うことをおすすめします。

ミネラル100%でメイクができるのはなぜ?

ミネラル、特に代表的に含まれる酸化亜鉛、マイカ、酸化チタン、酸化鉄は、それぞれメイク作用があります。

酸化亜鉛:

紫外線散乱剤として使われるミネラル。ロングUVAもカットできるほど、紫外線カット力が高い。肌を引き締める作用もわずかながらある。

マイカ:

紫外線散乱剤として使われるミネラル。ロングUVAもカットできるほど、紫外線カット力が高い。肌を引き締める作用もわずかながらある。

酸化チタン:

白色の粉末状になり、透明感のある肌に仕上げる。低刺激で肌に優しいので、敏感肌やアトピーなどの皮膚疾患をお持ちの方も要チェック。

酸化鉄:

黒や赤、黄色、ベージュなど色がついているミネラル。主に顔料として使われる。ファンデーションの色味を出すために必要

ベースメイクってすごくシンプルに考えると、最小限に必要な働きは紫外線カットと肌色補正ですから、上記の4つのミネラルだけでもベースメイクが完成するんですよね。 でも、肌は乾燥や皮脂など、様々なトラブルを抱えています。そこで、肌トラブルを防ぐために、他のミネラルや植物、フルーツなどの天然由来の成分を使用しているメーカーが多いのです。

特徴 /メリット・デメリット

ミネラル以外に使う成分も天然由来のものが多い

ミネラルパウダーの主原料はミネラルですが、メーカーによってオリジナリティを出すために、様々な天然由来成分も配合しています。 多いのは植物エキスですね。ミネラルはベースメイクのための成分、その他の天然由来成分はスキンケア効果を加えるために配合されます。 ミネラルパウダーを選ぶときは、主原料のミネラルの他に、どのような天然由来成分が配合されているかをチェックしましょう。 例えば乾燥肌さんなら保湿性が高い植物エキスが配合されているミネラルパウダーを選ぶなど、自分の肌トラブルをカバーできるものを見つけてくださいね。

ベビーパウダーと違って保湿力がある

ミネラルパウダーとベビーパウダーって違うもの?

ミネラルパウダーとよく比較されるのがベビーパウダー。ファンデーションやフェイスパウダーの代わりに、ベビーパウダーを使用しているという方もいますよね。 「ミネラルパウダーとベビーパウダー、どっちが肌に良いですか」という質問をよくネットで見かけますが、そもそもミネラルパウダーとベビーパウダーは違う目的で作られたものです。

ミネラルパウダー:肌負担の少ないベースメイクのためのアイテム

ベビーパウダー:赤ちゃんのあせもを防ぐためのアイテム

ベビーパウダーは主にタルクとコーンスターチで作られており、皮脂や汗を吸収する作用があるので、ニキビやテカリに良いと言われています。皮脂や汗を吸収する作用のパウダーなら、他にもたくさんある中でベビーパウダーが支持されているのは、成分がシンプルだからでしょう。赤ちゃんの肌に使えるくらいですから、肌に優しいというイメージも人気の背景にありそうです。 上記のように、ベビーパウダーとミネラルパウダーは全く違うアイテムですが、他にも異なる点があります。ミネラルパウダーには、保湿力を高めるための成分や、肌を整える成分が配合され、肌に負担をかけずにメイクをしながら未来の肌ケアもできるのが特徴の優れものですが、汗に弱いという難点があります。一方で、ベビーパウダーの場合は、水分を吸収する作用があるため、使い続けると肌が乾燥しやすくなる可能性があるようです。お家でおこもりする時など、メイクをしたくない時には、汗をかくときはベビーパウダー、それ以外の日はミネラルパウダー、というように使い分けてみても良いでしょう。

ミネラルパウダーのメリット

<クレンジング不要だから肌負担が減る>

ミネラルパウダーには、肌への密着度が高いシリコンなどが含まれていません。つまり、石鹸や洗顔料で簡単に落とせるので、オイルやリキッド、ジェルなどの強力な洗浄力のクレンジング剤が必要ないのです。 クレンジングは、メイクを落とすために必要なステップですが、強力なクレンジング剤を使い続けていると、肌に必要な皮脂まで奪われ、乾燥が悪化したり、肌が皮脂を補充しようと余分に分泌して毛穴やニキビトラブルの原因に。 ミネラルパウダーは、ぬるま湯で予洗い→泡だてた石鹸や洗顔料で優しく洗う→すすぎ、これだけでオーケー。 しかし、このシンプルな洗い方は、日焼け止めや下地も同じように石鹸や洗顔料で落ちるタイプの場合です。ミネラルパウダーの下に、クレンジング剤が必要な日焼け止めや下地を塗った場合は、クリームやミルクタイプのマイルドなクレンジング剤を使いましょう。

<肌に優しい上にカバー力がある>

ミネラルパウダー徹底検証 ミネラルパウダーはまるで素肌のようにナチュラルな、厚塗り感のない仕上がりになります。「素肌のような」と聞くと、カバー力があまりないように思うかもしれません。 しかし、使ってみるとよく分かりますが、実際は毛穴の開きや薄いシミ、ニキビ跡ならミネラルパウダーだけでしっかりカバーできます。 毛穴の開きは状態によりますが、鼻の黒ずみや毛穴の開き程度であれば、ミネラルパウダーでなめらかな状態に仕上げられますよ。商品にもよりますが、カバー力は優しめのパウダリーファンデーションと同じと考えて問題ないです。

<自然なツヤが生まれる>

シミ・そばかすを徹底的に隠す!すっぴん美肌を引き出す究極メイク

ミネラルパウダーに含まれているシリカは、肌に自然なツヤを与えるため、パウダーなのに粉っぽさがないツヤのある仕上がりになります。 時間が経つごとに肌になじみ、質感もしっとりとしてくるので、乾燥肌さんでも使いやすいです。

<下地なしで使えるから時短メイクも可能>

パーソナルメイクを使いこなしてメイク激変

ミネラルパウダーはスキンケアが肌に馴染んだらそのまま肌にのせて使えます。ちょっとだけ外に出かける、という時は下地を塗る手間なく、パウダーをのせるだけで良いので楽チン。その時の肌の状態に合わせて、部分的に下地を使ったり、紫外線が強い日は日焼け止め下地を塗ったりしてもオーケーです。

ミネラルパウダーのデメリット

汗で落ちやすい

ミネラルパウダーには、シリコンなど肌への密着度が高い化学成分は配合されていません。だから落としやすく肌に優しいのですが、汗にも弱いのです。汗をかくとかいた部分だけ落ちるので、崩れ方が汚くなります。 閲覧注意ですが、私があるミネラルパウダーを使って、日中に草取りをして汗をかいた後の状態をお見せします。 もう一度言いますが、閲覧注意です・・・。

ミネラルパウダー

崩れ方、汚いでしょう?特に汗をかいた鼻と鼻周りなんてもうすっぴん肌が見えていますもんね。 一応日焼け止めは塗ってからパウダーを使ったので、紫外線は直撃していないと思いますが・・・。 汗をかく予定がある日は、ミネラルパウダーではなく皮脂や汗に強いファンデーションを使いましょう。</p>

濃いシミはカバーしにくい

薄いモヤモヤとした小さなシミは、ミネラルパウダーを2度ほど重ねればカバーできます。でも、肌に濃く色素沈着してしまったシミの場合は、コンシーラーを使ってからミネラルパウダーを重ねた方が良いでしょう。ファンデーション選びでカバー力を最も重視する方には、ミネラルパウダーのみの使用はおすすめしません。

夏は毛穴落ちしやすい

夏は皮脂の分泌量が増えるため、皮脂の出口である毛穴が開きっぱなしになるんです。特にミネラルパウダーは粒子が細かいので、時間が経つと鼻の毛穴の部が落ちてしまうことがしばしば。 夏は皮脂テカリ予防の下地を塗ってから、ミネラルパウダーを使った方が良いと思います。

プチプラミネラルパウダー紹介

トライアルセットでプチプラ

ヴァントルテ / VINTORTE シルクパウダー ミネラルファンデーション

ヴァントルテ / VINTORTE シルクパウダー ミネラルファンデーション

ヴァントルテのミネラルファンデーションは、100%天然素材。マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、水酸化アルミニウムという一般的なミネラル成分に加えて、ピュアシルクを配合しています。 ヴァントルテのピュアシルクは、特殊コーティング作用でメイク崩れを予防。シルクの保湿力で、パウダーなのに長時間経っても粉っぽくなりません。

公式サイト

ヤーマン ミネラルファンデーション『オンリーミネラル』

ミネラルパウダー 画像提供元:ヤーマン 価格:2,500円(税抜)

ヤーマンがプロデュースしているミネラルコスメ、『オンリーミネラル』では原料が4つという非常にシンプルな成分のミネラルパウダーを開発。 シンプルな成分内容なので、つけたまま眠れるくらい自然。

公式サイト

レイチェルワイン ミネラルメイクアップ「トライアルセット」

レイチェルワイン 「ミネラルメイクアップ トライアルセット」

ミネラルファンデのお得なセットといえば、2色が試せるレイチェルワイン。 7種類の天然ミネラルで作られたミネラルパウダーは、「無重力ファンデ」と呼ばれるほど軽いつけ心地。 仕上がりは、重ねる回数によって変わるから、ナチュラルメイクなら一度塗りで透明感のある仕上がりに。 しっかりメイクなら二、三度重ねてマットな仕上がりに。使い続けるほどに美しくなれるミネラルパウダーです。

公式サイト

エトヴォス / ETVOS)ミネラルファンデーション スターターキットM

エトヴォス / ETVOS)ミネラルファンデーション スターターキットM 価格:1,800円(税抜)

毛穴やシミにお悩みなら、ソフトフォーカス処方のエトヴォスミネラルファンデーションがオススメ。 粒子がきめ細かく、毛穴の凹凸をしっかり埋めてなめらかな肌に仕上げます。 トライアルセットには、2週間分のパウダーに合わせて、エトヴォス自慢のフェイスブラシと4つのスキンケアコスメのミニセットがついてきます。 豪華な内容で2,000円以内という安さに驚き!

公式サイト

トゥヴェール / Touvert ミネラルサンスクリーン ミネラルパウダリーファンデーション

画像提供元:トゥヴェール 価格:2,348円(税込)

夏に使うなら、紫外線カット力の高さに特化したミネラルサンスクリーンがオススメ。 抗酸化力が強く、紫外線による肌トラブル予防にもいいと言われる「フラーレン」を配合。 さらに、4つの保湿成分で肌の乾燥も防ぐから、紫外線対策と乾燥対策が同時にできます。

公式サイト

継続して買えるコスパ抜群ミネラルパウダー

資生堂 インテグレート ビューティーフィルターファンデーション

ミネラルパウダー 画像提供元:資生堂ワタシプラス 価格:1,728円(税込)

ふんわりとした軽い仕上がりになのに、キメを整えて毛穴をカバーするミネラルルースパウダーです。 ミネラルはタルク、酸化チタン、シリカなどが配合されています。 シリカが配合されているので、パウダーでも時間が経つと自然なツヤ肌に。

公式サイト

Amazon

楽天市場

フルーティアカラー ナチュラルフェイスパウダー UV

価格:3,000円(税抜)

天然ミネラルと植物、フルーツエキスで作られた、100%天然由来のフェイスパウダー。 美白有効成分のアルブチンを含むコケモモエキスや、ポリフェノールが豊富ないちごエキスなど、肌を整える天然エキスが配合されています。 肌負担の少ないベースメイクと、メイクをしながらスキンケアを叶えるアイテムです。

公式サイト

楽天市場

イニスフリー(innisfree) ノーセバム ミネラルパウダー

画像提供元:イニスフリー 価格:800円(税抜)

@コスメで人気のミネラルパウダー。100%ミネラル、天然成分ではありませんが、ベビーパウダーと似たような成分に加えて、韓国チェジュ島のミネラルを使用し、肌に優しく作られています。 カバー力は少々低めなので、普段のベースメイクの仕上げのパウダーとしてオススメ。テカリ予防に良いですよ!

公式サイト

Amazon

おまけ:プチプラじゃないけど超オススメのパウダー

MiMC(エムアイエムシー)ミネラルクリーミーファンデーション

画像提供元:MiMC 価格:6,500円(税抜)

ミネラルファンデーションの中では珍しい、クリームタイプ。 美容液成分とミネラル100%で作られ、11種類の植物エキスが肌をケアします。 美容液成分が濃縮されていて、ファンデーション効果もある美容液、といった感じでしょうか。

公式サイト

Amazon

楽天市場

ニールズヤード ミネラルファンデーション

画像提供元:ニールズヤード 価格:3,800円(税抜)

天然成分99%のミネラルパウダー。植物オイルをベースに、メイク成分として天然ミネラル、崩れ予防にアミノコーティング処方されていて、崩れにくく肌に優しいミネラルパウダーとなっています。

公式サイト

Amazon

楽天市場

ミネラルパウダー徹底解説まとめ

ミネラルパウダーは、天然成分100%のものとそうでないものがあります。 天然成分に加えて、化学成分が配合されているものはプチプラで手に入りやすいですが、やっぱりオススメは天然成分100%のもの。 毎日使うベースメイクコスメだから、クレンジング負担がない天然成分100%のミネラルパウダーで美肌を育てましょう♪

スポンサーリンク

美容ライター レナ

スキンケア、メイク研究が大好き、日本化粧品検定2級の資格勉強中の美容ライターです。迫るエイジングトラブルの予防に奮闘中!プチプラコスメ、美白コスメを中心に自...

プロフィール

関連記事