【即効】むくみケアのすすめ

美脚を作るフットケア|むくみ解消
インナービューティー
スポンサーリンク

むくみの原因とは?速攻効くツボ、セルフケアのすすめ

夕方、足がむくんで靴が入らない。ふくらはぎがパンパンに張って歩くのもツライ・・・。
多くの女性・男性がともに抱える悩みのひとつに「むくみ」があります。むくみは年齢や性別を問わず誰にでも起こる症状で、発祥する場所も体の色々な場所に及びその原因も様々です。

むくみはなぜ起こるのか?その原因と、むくみからわかる隠れた病気と原因、自分でできるツボやリンパケアなど、すぐにできるセルフケア方法と生活の工夫についてもみていきましょう。

「むくみ」とは?

むくみの原因|即効むくみセルフケア
足のすねを指で5秒以上押して離したあと、皮膚がへこんだまま、戻りが悪く、くぼんだ状態のままになることを浮腫み(むくみ)といいます。また見た目にはむくんでないように思えても、足の疲労感、だるさ、重さ、痛みなど不快な症状がある場合、実はむくみが出ている、また手や足、顔など見える部分だけでなく腸などの内臓にもむくみという状態がでることもあります。

むくみの原因とは?

むくみの原因|即効むくみセルフケア

むくみが起こるのは「長い時間体を動かさずじっとしている状態が続くこと」また「加齢や運動不足」が主な原因です。体の運動、活動が停滞すると体の中の組織液(リンパや水分を含む血液など)の循環が悪くなり、体内で不要なものを回収することができず体の中に水分が溢れてしまい、水分量の増加した手や足など体の部分がぶよぶよして腫れたようにむくんでしまうのです。

軽度のむくみであれば、通常は時間とともに解消されていくものですが、長い時間続くむくみ、頻度が高いむくみの原因は、本来ポンプの役割を果すはずの筋肉が弱り、血液やリンパを循環させる力が衰えている場合に起こります。またストレスや疲れ、睡眠のせいで体の代謝が悪くなり、心臓が血液を送り出すポンプの力が弱まっている場合もあります。

生活習慣におけるむくみの原因としては、長時間の立ち仕事の後や、逆に長い時間座りっぱなしの状態があげられます。同じ姿勢を持続していると動かない部分は血行が悪くなります。特に足は心臓から遠い場所にあるため心臓から送り出された血液の流れは足先まで届きにくく、体のいちばん下部にあるため重力の影響も受けやすいパーツですので、体の中でもむくみやすい部分でもあるのです。

また、主に顔がむくむとしたら、それは塩分の摂りすぎか「カリウム」不足かもしれません。高血圧か血圧が高めと診断された事のある方は、まずこの可能性を疑いましょう。塩分を摂りすぎると体内の塩分濃度を一定にしようと、水分をため込むので、身体のむくみにつながります。
これを中和してくれるのが、必須ミネラルの一つで、体内の塩分量を調節してくれる「カリウム」。多く含まれているのは、昆布やわかめなどの海藻類に加えて、きゅうりやバナナなど。夏野菜には特に多く含まれています。どうしても苦手なものばかりで摂りづらいという方は、サプリメントなどで補給するのも手です。
塩分を摂り過ぎた日にカリウムを積極的に摂ると、塩分過多の場合は、即効でむくみ解消の効果を感じられるのでぜひお試しください。

むくみが出ても、一晩休んでしっかり睡眠をとった翌日には治まっているようなら、あまり深刻に心配することもありません。しかし、注意したいのは何度も繰り返すむくみや、症状がひどいと感じる場合です。そういった場合、むくみの原因に重大な病気が隠れているということもありえるので、病気の早期発見のためにもそのサインを見逃さないようにしましょう。

「むくみ」からわかる、気になる病気、原因とは?

むくむ原因・病気|即効むくみヘルスケア

むくみの症状が悪化している場合、まず気にかけたいのは、腎臓、肝臓などの機能不全や病気です。足だけでなくまぶたや顔にもむくみが出ているようなら、肝硬変などの腎臓肝臓障害に原因があることもあります。

また心不全などの心臓障害も原因となることがあります。心臓の動きの衰えによる動脈硬化や狭心症、心筋梗塞など重篤な病気が隠れていることもありますので、気になる方は早めに病院で診断を受けることをおすすめします。

また足にボコボコとした血液のコブができるような症状、下腿静脈瘤という病気が原因でむくみが起こる場合もあります。静脈瘤自体は急に悪化したり、命に危険の及ぶものではありませんが、こむらがえりが起こりやすい、足の血管が浮き出て見える事での外的ストレスなど生活の質を落とすことにもつながる病気です。

他にもがんの手術でリンパ節を切除したことが原因で起こるむくみ、リンパ浮腫があります。最近はリンパ浮腫の専門外来や国家資格をもったセラピスト、相談窓口も増えていますのでこのような症状がある場合には、自己判断せず専門医を受診しましょう。

毎日できるむくみのセルフケア

ツボ押し

むくみに効くツボ|即効むくみヘルスケア

ここではむくみに効く代表的なツボを3つご紹介したいと思います。

 ツボ1 三陰交:さんいんこう
両足の内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交のツボです。そこを指で押します。

 ツボ2 湧泉:ゆうせん
足の指を縮めグーをするようにして、足裏でいちばんへこんでいるところが涌泉のツボです。また足裏を3等分して約3分の1の場所、真ん中あたりを目安にして指で押します。

 ツボ3 曲泉:きょくせん
足のひざを深く曲げ、できた曲がりシワの先端部分が曲泉のツボ。そこを目安に指で押します。

またオヘソまわりの下腹部や仙骨のあたりにもたくさんのツボが集まった場所です。この部分を広範囲で温めることでも、ツボに刺激が入り、むくみ改善効果がありますので、ぜひ試してみてください。

また指で押すだけでなく、お灸をつかってツボを温めるのも効果があります。ドラッグストアなどでも火を使わないお灸も販売しているので手軽にツボ灸をはじめてみるのもいいですね。

東洋医学ではむくみの原因は内臓機能の低下によるものとされています。消火や吸収、排泄をスムーズにするためには足の内側の経絡、また女性には子宮や骨盤内をケアするためにも下腹部や仙骨のツボ押しもおすすめです。

ツボは指を使い簡単にケアすることができるので、とても手軽です。思いついたときに行えるツボ押しは職場でも家庭でも、移動中の電車内などでも、ちょっとしたすきま時間に活用できるのでぜひ覚えておきたいですね。

リンパケア

むくみに効くリンパマッサージ|即効むくみヘルスケア

ここではリンパの大切なスポット、最初に行いたい鎖骨付近のケアを紹介します。

鎖骨リンパ節ケア
左の鎖骨の上下をはさむように2本の指を置き、鎖骨に沿って軽く動かします。心地よく感じる程度の圧で行い、すべりが悪いときはボディオイルなどをつけてもよいでしょう。

皮膚の表層近くにあるリンパ管を通るリンパ液の流れをよくする方法であるリンパケアは、本来はドイツ、フランスの医療現場で用いられてきた施術「リンパドレナージュ」のことを指します。むくみの原因であるリンパをスムーズに流し、むくみ解消、予防を促すと同時に全身の機能バランスを整え免疫力、自己治癒力を高めることを目的としています。

自分でケアするためには、手のひらやタオルをつかいリンパの流れにそって皮膚をさするという方法がおすすめです。ポイントは強すぎず痛くない程度にやさしくリズミカルに流すことです。

簡単ヨガポーズ

ここでは寝る前などのちょっとした時間にできるやさしいポーズをご紹介します。
ごきぶりのポーズ / cockroach yoga | セルフケアのすすめ

踊る虫のポーズ:手と足をあげるポーズ
仰向けになり、両足、両手を天井に向けて上げます。手首足首の力を抜きブラブラと手足をふります。(虫がひっくりかえってバタバタしているイメージ。(なんと別名は「ごきぶりのポーズ」!)
楽な呼吸を数回繰り返し、手足の動きをいったん止め、そのまま3呼吸。この時に手足の血流が流れているイメージを持つことがとっても大切です。最後にひと息吸って、吐く息と同時に手足を下ろします。

ヨガのポーズの中にもむくみに効く動きがたくさんあります。全身の滞りをなくすと同時にゆっくりした呼吸で心もリラックスすることは、自律神経のバランスを整えむくみにくい体をつくることにも役立ちます。

病気の状態ではなくてもむくみを放置しておくと体の疲れは慢性化し、ストレスもたまり、免疫力を下げてしまう原因になりますので、結果的に病気にかかりやすくなってしまいます。一過性のむくみであれば、毎日簡単にできる予防方法にツボ押しやリンパドレナージュ、ヨガなどのセルフケアがあり効果も即効性があります。ぜひ好きな方法を選んで試してみてください。

生活周りのむくみ対策

ランニング|即効むくみセルフケア

むくみの原因を取り除くこと、対策にツボやリンパ、ヨガや体操をすることはもちろん有効ですが、生活の中でもちょっと意識をするだけでむくみを改善できるポイントがあります。

 通勤や立ち仕事のとき:つり革や机、イスなど持ちやすいところを掴んだままカカトの上げ下げを繰り返し行います。足、特にふくらはぎの筋肉を動かすつもりで行い、息を吸ったり吐いたりと呼吸も合わせると効果も倍増です。

 ウォーキングや散歩を日常に取り入れる。階段を利用する:日常生活でなるべく足の筋力を落とさないよう気を付けることが大切です。通勤や買い物のときには少しの距離でも歩く習慣をつけてみましょう。肥満の原因、運動不足改善やダイエットにもつながりますよ。

 着圧ソックス・手袋などを活用する:市販品ではドラッグストアなどにむくみケア用の着圧ソックス、タイツなども販売されています。また医療用の弾性ストッキングや手袋もありますので、手足のむくみのつらい方はドラッグストアや病院で相談されるのもよいと思います。

まとめ

たくさん笑って「むくみ」を吹き飛ばそう!
むくみは内臓機能の低下や生活習慣の乱れが主な原因。身体からの貴重なサインです。あれ?むくんでる?と思ったら、早めのケアが大切です。むくみを改善する方法を取り入れながら、ライフスタイルにも原因を探し、食事や運動量も気にかけてみましょう。

そして同時に見落としがちなメンタル面のチェックも忘れずに。ストレスはたまってないですか?ちゃんと眠れていますか?自律神経の乱れがむくみの原因になることもあります。

体と心、どちらか一方が疲労してしまっていては、どこかに支障がでてきてしまいます。毎日楽しく過ごすこともむくみ防止に大いに役立つこと。毎日の笑顔をキープしてむくみの原因も吹き飛ばしていきましょう!

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事