美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル

スキンケア
スポンサーリンク

美容オイルは、古くから美容好きの間では、スキンケアやボディケア、ネイルケアにヘアケアなど日常的に取り入れられてきました。スクワランオイルにホホバオイル馬油、日本なら椿油や米ぬか油などなど。
以前は、使用感が重すぎたり、臭いが気になったりと、使い勝手があまり良くなかったものが、科学技術の進歩により、ここ十数年で、一気にポピュラーに。お手頃価格の、使いやすい美容オイルが沢山出てきました。

べたつく、重すぎる、テカテカする・・・などのイメージがある方も、進歩した現代の美容オイルを使わないのは、もったいなさすぎる!
ぜひこの記事を読んで、毎日のケアに美容オイルを取り入れてみてください。

オイル美容とは

美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル

オイル美容は、普段のスキンケアに美容オイルを取り入れる美容方法です。顔だけではなく、髪の毛身体にも使用できます。
現在よく使われている美容オイルの成分は人の皮脂のバランスに近いものが多いので、肌細胞にしっかりと浸透します。現在のスキンケアにワンステップ美容オイルを加えることで、一味違う美容効果が得られるのでおすすめです!まずは、美容オイルのメリット・デメリット、そしてオイル美容で得られる効果を見ていきましょう!

美容オイルのメリット・デメリット

美容オイルのメリット

まず初めにお伝えしたい事として、美容オイルは肌への刺激がほとんどありません。そのため、アトピーなどの皮膚疾患に悩む人の多くも美容オイルを使っています。

私たちの肌にあるバリア機能が関わってきます。バリア機能とは、私たちの肌を紫外線・乾燥・雑菌などの刺激から守ってくれているものです。
肌の水分が低下すると、このバリア機能が低下してしまうので保湿が大切になります。
美容オイルは、バリア機能をサポートしてくれる役割があり、あらゆる肌トラブルの改善や予防が期待できるのです。
以下がオイル美容の効果一覧です。

オイル美容の効果

 肌細胞に浸透し、しっかり保湿する
 肌を柔らかくする
 肌の新陳代謝・ターンオーバーを高める(シミケア・毛穴ケア
 抗炎症作用を高める(ニキビケア

美容オイルのデメリット

美容オイルは数多く存在している一方、その効果をよく分からないまま自己流の使い方をしている方が少なくありません。間違った使い方をすると、せっかくの美容オイルの効果が半減してしまう恐れもあります。以下が、美容オイルのデメリットです。
 使い方・選び方を誤るとかえって乾燥する

美容オイルは、すぐれた保湿効果がありますが、使いすぎると、お肌の最も優れた保湿成分である自らの皮脂を分泌する皮脂腺の働きを衰えさせることになります。お肌を怠けさせないように、自分のお肌にとって最適な量を使うようにしましょう。その量は、人によって、また使用するオイルによっても異なりますが、たいていの場合は1滴か2滴で十分です。

また、美容オイルを使うと、肌の表面がしっとりすることで肌が潤っていると錯覚しがちです。肌にとっては水分も大切なので、美容オイルを使っていて肌表面が潤っているように感じたとしても、惑わされず、しっかりと定期的に化粧水などで保湿してあげましょう。

 使い方・選び方を誤るとシミ・くすみの元になる

美容オイルを日中に使うと、肌がくすんだり、色素沈着を起こしたりする可能性があります。これが、「油焼け」です。
油焼けは、多くの場合、美容オイルそのものではなく、オイルに含まれる不純物が原因となって起こります。日中に使うオイルは精度の高いものを選ぶのが安心です。
ご自身の美容オイルが「油焼け」を起こさないか心配・・・という時は、メーカーのヘルプページをチェックしたり、問い合わせをしてしまうことをおすすめします。

美容オイルには上記のようなデメリットもありますが、古くから多くの人に愛され、更に進歩を遂げ、人の肌に合うことが立証されてきた美容法です。まずは、夜だけ、ボディケアだけと部分的にでも取り入れることをおすすめします。

美容オイルの種類 

たくさんの種類がある美容オイル。どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。
まずは、美容オイルとして有名なものをいくつかご紹介します。

ホホバオイル

ホホバオイル|美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル
無印良品などで簡単に購入でき、多くの方が使用している美容オイルの1つです。
あらゆる肌質にマッチし、酸化しづらいので、美容オイル初心者の方におすすめ。日中の使用でも油焼けしづらく、敏感肌の方でも安心して使用できます。
肌の保湿に加えて、エイジングケアも期待できる美容オイルです。

アルガンオイル

アルガンオイル|美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル
人間の皮脂成分と近いことから、肌への浸透が良い美容オイルです。洗顔後のブースターとして使っている方が多くいます。皮脂成分に近いオレイン酸と、抗酸化作用が強いビタミンE が豊富に含まれているので、美肌・美白効果が期待できます。アルガンオイルの愛用者は多く、1度は使ってみてほしい美容オイルです。

アーモンドオイル

スクワランオイル|美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル
アーモンドの種子を原料にした美容オイルです。ビタミンE が豊富で、美白効果やエイジングケアに効果があると評価されています。オイルマッサージにも広く使われていることで有名です。

スクワランオイル

アーモンドオイル|美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル
スクワランは皮脂膜に存在している成分でもあるので、敏感肌の方でも安心して使用できる美容オイルです。妊娠線のケアにもよく使われています。保湿効果・新陳代謝を高める効果の他に、皮膚を柔らかくする効果もあるので、毛穴やニキビ要望の効果もあります。

ローズヒップオイル

ローズヒップイル|美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル
野ばらから抽出される植物性の美容オイル。あまり多くの量を取ることができないので、希少価値の高いものとなります。化粧品に多く使われており、美容成分の豊富な美容オイルとして人気です。ターンオーバーを高めるトレチノイン酸を含んでいるので、しわやニキビの改善が期待できます。製品によっては酸化しやすいので、日中の使用には向かないものが多いです。

他にも、アボカド油、ウォールナッツ油、オリーブ油、ココナッツ油、馬油、椿油、米ぬか油、などなど、美容オイルには多くの種類があります。
この後、その中からどれを選んでいけば良いか、簡単な選び方をご紹介します。

美容オイルの選び方

オイル美容を初めてみたいという方に、これだけ抑えておけば間違いない!という、美容オイルの簡単な選び方を2つご紹介します!

美容オイルの原材料や特徴を確かめよう

成分や製法で選ぶ|美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル
美容オイルには、1種類のみの原料で作られた100%ピュアオイルから、数種類のオイルを混ぜたブレンドオイルまで、色々な種類があります。さらっとしているものから、すぐ馴染むもの、重たいもの、時間が経っても肌にしっかりと残りやすいものなど、使用感も様々です。テクスチャーもそれぞれ異なるので、まずは手に取って確かめてみるのが何よりおすすめです。

また、美容製品全般に言えることですが、価格を抑えれば抑えるほど、純度の低い美容オイルが増えてきます。オイルに含まれる不純物の一部は「油焼け」してシミやくすみの原因になるので、注意しましょう。
中でも、石油系界面活性剤や合成着色料などが含まれているものには要注意!美容オイルの効果を半減させるどころか、肌トラブルを引き起こす可能性もあるので選ばないように気を付けましょう。

美容オイルは肌質や効果に併せて選ぼう

使い方で選ぶ|美容オイルの選び方と【厳選】おすすめ美容オイル
美容オイルを身体のどのパーツに使いたいか、どのタイミングでどのように使いたいのか、また、自分の肌質に併せて美容オイルを選んでいくことも大切です。
例えば、乾燥肌や敏感肌の方は、刺激が少なく保湿効果も高いホホバオイルやスクワランオイル、エイジングケアをしたい方は、高い抗酸化作用のあるアルガンオイルなど。
日中使いたい方は、酸化しづらくまんべんなく使えるホホバオイルを選んでおけば安心です。各製品で、どのパーツのケアに向いているかを推奨しているので、しっかりチェックしてから手に入れるようにしましょう。

おすすめ美容オイル

ここからは、編集部おすすめの美容オイルを、お手頃価格のプチプラ編・大切に使いたい高級美容オイル編それぞれでご紹介してきます。

おすすめプチプラ美容オイル

2,000円以内の美容オイルです。オイル美容が初めての方や、予算がない方でも購入しやすいものを集めました。
特に、無印良品は高品質の美容オイルが各種取り揃えられているので注目です。

1.【無印良品】ホホバオイル

【無印良品】ホホバオイル

画像提供元:無印良品

金額:890円(税込)
容量:50ml
特徴:お試しサイズの無印良品のホホバオイルです。さらっとした使用感ながらも、保湿・マッサージ・頭皮のお手入れなどオールマイティーに活躍してくれる美容オイル。

公式ページはこちら。

2.【無印良品】アルガンオイル

【無印良品】アルガンオイル

画像提供元:無印良品

金額:1,790円(税込)
容量:30ml
特徴:高級オイルとも言われるアルガンオイルが、無印良品ではこの金額で試せます。洗顔後のブースターにもおすすめです。

公式ページはこちら。

3.【無印良品】ローズヒップオイル

【無印良品】ローズヒップオイル

画像提供元:無印良品

金額:1,490円(税込)
容量:50ml
特徴:天然成分を使用しているのでローズヒップ特有の香りを楽しめます。エイジングケアやマッサージに活用しましょう。

公式ページはこちら。

4.【無印良品】スウィートアーモンドオイル

【無印良品】スウィートアーモンドオイル

画像提供元:無印良品

金額:1,890円
容量:200ml
特徴:顔をはじめ髪の毛、身体や手足の保湿など、広範囲で使用している方が多くいます。入浴後に全身に塗るという使い方をしている方がほとんどです。

公式ページはこちら

5.【HABA】 高品位 スクワラン

【HABA】 高品位 スクワラン

画像提供元:HABA

金額:1,512円(税込)
容量:15ml
特徴:スクワラン100%の美容オイルです。高純度を誇っており、サラサラのテクスチャー。紫外線などの外部の刺激から肌を守り、しっとりとした肌へ導きます。

公式ページはこちら

6.【クナイプ】ビオオイル

【クナイプ】ビオオイル

画像提供元:クナイプ

金額:1,800円(税抜)
容量:100ml
特徴:化粧水後に使用する美容オイルです。ドラッグストアなどで扱っているので、最も入手しやすい美容オイルの一つです。グレープフルーツ果皮油・オリーブオイル・サフラワー油が主な成分。アンチエイジング・ニキビ跡におすすめです。最高ランクのオーガニック化粧品なので安心して使えます。

公式ページはこちら

7.【アルジェラン】モイストディープスキンケアオイル

【アルジェラン】モイストディープスキンケアオイル

画像提供元:アルジェラン

金額:1,944円(税込)
容量:30ml
特徴:天然由来原料100%配合の美容オイルです。セントジョワーズワートオイルとアプリコットオイル配合。肌の乱れを整え、柔らかく導きます。植物性セラミドも含まれているので、肌に潤いを与えてくれるでしょう。

公式ページはこちら

おすすめ高級美容オイル

一度使ってしまえばやみつきになってしまう贅沢気分が味わえる高級美容オイルです。オイル美容に慣れてきたら、こちらを試してみるのもいいですね。

1.【DHC】オリーブバージンオイル

【DHC】オリーブバージンオイル

画像提供元:DHC

金額:3,620円(税抜き)
容量:30ml
特徴:オリーブオイルは、人間の皮脂に近い作りのため、非常に肌に馴染みやすいのが特徴です。天然100%のオーガニックオイル。スペインの有機栽培のオリーブ農家で作られたオリーブを原料にしており、希少価値の高いオリーブオイルです。

公式ページはこちら

2.【ヴァーチェ】マルラオイル

【ヴァーチェ】マルラオイル

画像提供元:ヴァーチェ

金額:単品注文 3,940円(税込) 定期コース 3,576円(税込)
容量:18ml
特徴:南アフリカにある「マルラの木」の実が原料です。希少なエイジングケアオイルとして支持されています。目元や口元などのしわ、たるみなどが気になる方におすすめの美容オイルです。

公式ページはこちら

3.KUMAMOTO 潤馬化粧養油

KUMAMOTO 潤馬化粧養油

画像提供元:KUMAMOTO 潤馬化粧養油

金額:4,000円(税別)
容量:20ml
特徴:熊本産の馬油を11の精製過程を経て、サラっとした美容オイルになりました。ブースターに向いている美容オイルです。肌馴染みが良く、しっとりとした肌に導きます。

公式ページはこちら

4.【RMK】Wトリートメントオイル

【RMK】Wトリートメントオイル

画像提供元:RMK

金額:4,320円(税込)
容量:50ml
特徴:ブースターや普段の美容オイル、マッサージオイルとしても使えます。アルガンオイルを筆頭に8種類のオイルをブレンド。アルガンオイルが豊富に含まれているので、高い保湿効果が期待できます。

公式ページはこちら

5.【ナチュラルオーケストラ】オーガニックホホバオイル

【ナチュラルオーケストラ】オーガニックホホバオイル

画像提供元:ナチュラルオーケストラ

金額:4,352円(税抜)
容量:55ml
特徴:100%オーガニックのホホバオイルです。この金色は、最高級ホホバオイルの証。肌荒れ・ニキビなどに悩まれている方におすすめの美容オイルです。お試しサイズ(34ml)は2,778円(税抜)です。

公式ページはこちら

このように同じ種類の美容オイルでも、ブランドによって金額やこだわりなどが異なります。どれが自分に合っているのかを確かめるには、お試しサイズを購入してみてくださいね。

まとめ:美容オイルを活用しよう

美容オイルは、1本持っておくだけで、スキンケアの選択肢がぐんと広がる優れもの。通常のスキンケアに加えて使うのがAifeel編集部のおすすめです。肌に弾力が欲しい、ふっくらとした若々しい顔になりたい、保湿効果を高めたいとお思いの方は、ぜひ積極的に使っていきましょう。セルフケアはもちろんのこと、マッサージにも使えるので、ご家族や友人にマッサージをしてあげるのもおすすめです。まずは、お手頃な価格のプチプラ美容オイルからでも始めてみて、ゆっくりと自分好みのものを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事