• HOME
  • スキンケア
  • 大人ニキビと思春期ニキビの大きな違い:それぞれに合う治し方と予防法

大人ニキビと思春期ニキビの大きな違い:それぞれに合う治し方と予防法

スキンケア
スポンサーリンク

ニキビと言えば思春期にできるイメージがありますが、大人になってできる「大人ニキビ」に悩まされている人も少なくありません。あごや口周りなどにニキビがポツポツとできると、スキンケアの方法や治し方を色々調べますよね。早く治したいところですが、「思春期ニキビ」の治し方を参考にしてしまうと、せっかくケアしているのになかなか改善されないので注意が必要なのです。

そこで今回は、

  • 大人ニキビと思春期ニキビの違い
  • 大人ニキビの原因と治し方

この2つのポイントを中心に説明をしていきます。大人ニキビに悩まされないツルスベの肌を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてください。

大人ニキビと思春期ニキビの大きな違い

初心者必見:メイク直しの新常識

それではまず、大人ニキビと思春期ニキビの違いから説明をしていきます。大人ニキビと思春期ニキビはそれぞれ治し方や予防方法が違うので、まずは自分の肌にできているニキビがどちらのニキビに該当するのかを知っておきましょう。

思春期ニキビとは?

「思春期ニキビ」は皮脂の過剰分泌が原因でできるニキビのことです。Tゾーンや頬、おでこなど顔全体の肌にできるのが思春期ニキビの特徴になります。「思春期」という名前のとおり、中学生や高校生などの10代の頃にできやすいニキビです。

思春期は皮脂の分泌が盛んで、さらにホルモンバランスも変動が激しいので脂性肌になりがちです。更に、大人よりは学校の授業でスポーツをする機会も多く、代謝も良いので汗も頻繁にかきます。そして、その結果として、毛穴に皮脂が詰まりやすく「アクネ菌」が繁殖してしまいがちです。

そのため思春期ニキビはなかなか治りにくいのも事実ですが、身体全体の代謝が良く、結果的に肌の代謝も良いので、アクネ菌に効く軟膏の使用や生活習慣の改善によって比較的簡単に治療・予防ができます。
薬を使うときには、自分のニキビのタイプに効くのはどの薬かをあらかじめチェックし、なるべく短期的使用で済むようにしましょう。「【医師監修】使う前に必ず知っておきたい、ニキビ治療薬の基本」の記事も併せてチェックしてみてください。

思春期ニキビの治し方で注意したいのは、洗顔方法です。思春期ニキビは皮脂が原因なので、ゴシゴシと洗顔をすれば治ると考えている方もいます。しかし肌に必要な皮脂を洗顔で落としてしまうと、逆に脳から肌に「危険!脂を出せ!!」という指令が発されて、またアクネ菌のエサになる脂肪が大量に分泌されてしまうので注意が必要です。また、ごしごしこすればシミ・そばかす・ニキビ跡などの跡になって肌に残り、後々まで後悔することになりかねません。まず、正しい方法で洗顔をする事が思春期ニキビを治すには大切なポイントになります。

大人ニキビとは?

「大人ニキビ」は口周りや顎などUラインと呼ばれる部位にできやすいという特徴があります。

睡眠不足や栄養が不足するなどの生活の乱れやストレスが蓄積されると、肌のターンオーバー(生まれ変わりのサイクル)が上手く働かなくなってしまうのです。その結果、毛穴に古い角質や汚れが詰まったままになり、大人ニキビができてしまいます。

また、大人ニキビは肌の乾燥が原因でもできるものです。思春期ニキビと同じく間違った洗顔方法や、スキンケアの時の保湿が不足していると、Uゾーンに大きめのニキビができてしまいます。身体の代謝同様に、肌の代謝も落ちてきているので、なかなか治りづらいのが別称「吹き出物」の大人ニキビの辛いところですね。

大人ニキビをさらに大きく、そしてずるずると長引くストレスににしないためには正しい大人ニキビの治し方を知ることが大切です。

大人ニキビと思春期ニキビの違いまとめ

もう一度、大人ニキビと思春期ニキビの2つの違いを簡単にまとめておきます。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

  • 思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が主な原因、大人ニキビは毛穴の詰まりや乾燥・ホルモンバランスの乱れによる複合的な原因。
  • 思春期ニキビは顔全体にできるが大人ニキビはUゾーンにできやすい。
  • 思春期は10代にできやすく、大人ニキビは20代以降にできる。

この3つのポイントを頭に入れて、自分の肌にできているニキビがどちらのニキビなのかを把握しておきましょう。

大人ニキビの原因は?

大人ニキビは、毛穴の詰まりや肌の乾燥が主な原因だと先ほど述べました。ここでは、その原因の元になっている行動をもう少し詳しく説明していきますので、当てはまる行動をしていないか一度確認してみてください。

肌の乾燥

一見、思春期ニキビが皮脂の過剰分泌から起こるものなので、乾燥肌だとニキビができにくいのでは?と思ってしまいそうになります。

しかしそんなことはなく、肌が乾燥した状態が続くと肌のバリア機能が低下してしまうので、刺激や雑菌などに弱い肌になるのです。

肌の乾燥が起こる原因は先ほども少し触れたように、間違った方法での洗顔とスキンケアの2つ。毛穴に汚れが残った状態にしておくのは肌に良いことではありませんが、強くこすったりピーリングなど刺激の強い洗顔料を頻繁に使うと、余計に肌の乾燥が悪化してしまいます。

スキンケアにおいても保湿が足りなかったり、肌に合わないローションやクリームの使用も肌のバリア機能の低下に繋がってしまうので注意しましょう。

ホルモンバランスの乱れ

大人ニキビを作りやすいのが男性ホルモンなのですが、30代後半から分泌量が増えてきます。20代後半から女性はホルモンバランスが乱れやすい状態になるので、そこでさらに男性ホルモンの分泌が活発になると、大人ニキビがどんどん増える結果に繋がってしまうのです。「30代になってあごにニキビが増えた」と訴える人は多いですが、その原因の多くはホルモンバランスの乱れと言えます。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れはホルモンバランスの乱れに繋がるだけでなく、「交感神経」を刺激する原因にもなります。交感神経が刺激されると男性ホルモンが分泌されやすくなるので、大人ニキビができやすくなるのです。夜更かしをしたり、ジャンクフードばかり食べていると、あご周りにニキビが増える原因になるので注意しましょう。

「睡眠負債」という言葉が数年前に流行語にノミネートされましたが、若い頃は徹夜しても思春期ニキビはできにくいですが、20代後半からは大人ニキビに関係してくるので油断しないことが大切です。

ストレスの蓄積

「たかがストレスぐらいで」と思うかもしれませんが、ストレスも大人ニキビができる大きな原因です。体がストレスを感じると、自分を守ろうとして肌がゴワゴワと固い状態になってしまいます。そうなると毛穴が詰まりやすくなるので、あごを中心に大人ニキビがあっという間に広がってしまうのです。人間の身体は繊細ですね。イライラしている時に大人ニキビが増え始めたら、その原因はストレスと考えられます。

[画像でチェック]大人ニキビの治し方:ニキビの種類別に解説!

できてしまったものは仕方ない!気にし過ぎず、触り過ぎず、正しい治し方で賢く治していきましょう。種類別に大人ニキビの治し方をご紹介します。

大人ニキビには「白ニキビ」「赤ニキビ」「黒ニキビ」「黄ニキビ」「紫ニキビ」の5種類があるので、種類別に治し方をご紹介しましょう。

白ニキビの治し方

白ニキビの治し方

白ニキビはまだできたばかりの大人ニキビで、毛穴に皮脂がたまりだした段階。上の画像では、鼻周りにできています。まだ炎症が起きていないので、症状としては比較的軽く、つぶれてしまっても比較的ニキビ跡になりにくい大人ニキビです。無理に触れると大きくなり、あっという間に赤ニキビへと成長してしまうので、無意識に触らないように注意しましょう。

治し方はいつもどおりの洗顔を行い、触ったり刺激の強いピーリングなどを使わなければ自然に治っていきます。肌が乾燥すると大人ニキビは悪化しやすいので、洗顔後の保湿も忘れないようにしましょう。

赤ニキビの治し方

赤ニキビ

赤ニキビは炎症を起こして全体的に赤くなっている大人ニキビのことです。元は白ニキビですが、悪化して雑菌が繁殖すると赤ニキビになってしまいます。

このニキビは痛みを伴ったり大きくなりやすいので、あごにできると気になって触ってしまう場合が多いですが、できるだけ触れないようにするのが跡を残さないコツです。

「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されたスキンケア用品や、抗炎症作用のある大人ニキビ用の軟膏を塗るのがおすすめの治し方になります。

跡が残りそうな時は、ビタミンCを摂取したりビタミンC誘導体が配合されたスキンケア用品を使用するのが効果的です。

黒ニキビの治し方

黒ニキビの治し方

黒ニキビはニキビの先がポツンと黒くなった大人ニキビのことです。白ニキビが上手く治らないと、ニキビの先に溜まった皮脂が黒くなって黒ニキビへと発展します。

このニキビは毛穴が詰まった状態になっているので、洗顔をしっかり行ったり、ピーリングをして毛穴の汚れを落とすのがおすすめの治し方です。

ただしこすり過ぎやピーリングのし過ぎには注意してください。肌を包み込むように優しく洗顔し、ピーリングは週に1、2回がベストな回数です。

黄ニキビの治し方

黄ニキビ

赤ニキビが悪化すると炎症を起こした部分に膿が溜まってしまいますが、この状態の大人ニキビを黄ニキビと言います。

あごや口周りにできると口を動かしただけでも痛みが走ったり、少し触れただけで「ブヨブヨ」と膿が溜まっているのが分かるのが特徴です。

黄ニキビは赤ニキビより跡が残る可能性が高いので、素早く治療をするのがおすすめ。しかし市販の軟膏やスキンケア用品を使った治し方ではなかなか治らないことが多いので、できれば皮膚科を受診した方がキレイに治る確率が高くなります。

紫ニキビの治し方

紫ニキビ

紫ニキビは名前のとおり、見た目が紫色になってしまっている大人ニキビのことです。毛穴の周辺で膿と血液が混ざっているので、黄ニキビと同様に触ると「ブヨブヨ」しています。

この紫ニキビは今まで紹介したニキビの中で最も跡に残りやすいものです。跡に残ってしまうとなかなか改善が難しいため、治し方としてはやはり皮膚科に行くのが最善と言えます。

あごなどのUラインにできると髪の毛が触れやすいので、なるべく髪の毛を結ぶなどをして髪を触れさせないようにするのも早く治すコツです。

大人ニキビの予防

大人ニキビの治し方を学んでみて、できてからだと治療するのがなかなか面倒と感じた人は多いはず。跡に残ると長引きがちないので、まず大人ニキビを「未病」のうちに防いで、大人ニキビのできにくい肌を保っておくと、自分が楽になります。
では一体どうしたら大人ニキビを予防することができるのでしょうか?ポイントは下記の4つです。

大人ニキビを防ぐ方法

  • 生活習慣に気をつける
  • ホルモンバランスを整える
  • ストレスを適度に発散する
  • 正しい方法で洗顔する

うーん、当たり前!そう感じた方も多いかもしれませんが、正しい生活習慣以上に私たちの肌や身体を整えてくれるものはありません。「質の良い睡眠を取る」「バランスのとれた食事を食べる」「毎日運動をする」この3つが大切です。夜更かしをせず食生活に気を付け、ウォーキングなどの軽い運動を継続しましょう。

ホルモンバランスを整えるには、生活習慣の改善の他に低容量ピルの服用も効果的です。低容量ピルは産婦人科で処方してもらえるので、大人ニキビがひどい人は検討してみても良いかもしれません。日々進化している美容界・医療界のエキスパートの力をうまく借りて辛い大人ニキビを乗り切りましょう。

ストレスの発散については、週に1、2回は趣味に没頭する時間を作ることや、友達や恋人と旅行に行くなどがおすすめです。自分なりのストレス解消方法を見つけ、イライラを溜め込まないようにしましょう。もし運動が苦手でなければ、ぜひ身体を動かしてみてください。ストレス発散になると同時に、代謝を上げることにもなり、大人ニキビの改善にも有効です。

正しい洗顔のポイントは「低刺激の洗顔料を使う」「ゴシゴシこすらない」「ぬるま湯で洗う」という3つです。特にあごにニキビができると強くこすってしまいたくなりますが、優しく撫でるように洗顔するのがコツです。

まとめ

ニキビは「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2種類があり、それぞれ原因や治し方が異なります。

それぞれの違いと正しい治し方を知り、日頃から予防しておけば大人ニキビに負けない肌を手に入れられるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。生活習慣を改善したり、ホルモンバランスを整えたり、ストレスを発散するコツを身に着けたりすれば、「大人ニキビ」だけでなく、肌状態も健康状態も大きく改善されることは間違いありません。ぜひこの記事を読んで、大人ニキビに悩まされない健康的な美肌を作っていきましょう。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事