第3次ブーム到来!?韓国の美容整形の特徴と選び方

スキンケア
スポンサーリンク

美人になりたい、整形でコンプレックスを解消したいと考える人は多くいます。そして、整形に関する捉え方は、国によって全く異なります。

日本ではまだ抵抗のある人が少なくない一方、韓国では、多くの方が整形をしており、気軽に整形を受けられる環境となっています。 整形大国である韓国は、整形にかかる費用が安く済むため、多くの方が韓国に整形を受けに行っています。日本でもブームが巻き起こっており、旅行代理店が韓国の整形ツアーを企画しているほどです。韓国の美容整形は、日本の整形とどのような点が異なるのでしょうか。ここでは、韓国の美容整形の特徴や受ける際の注意点などについて詳しくご紹介します。

日本と韓国には整形率に大きな差がある

日本では、整形に対してマイナスイメージを持っている人が多く、整形したくても人目が気になって受けられないという方もいます。芸能人に整形疑惑があれば大きく取り上げられ、SNSで炎上するケースもあるほどです。身の回りに整形している人がいると、影で噂したり本人に傷つくことを言ったりするケースも珍しくありません。

このような背景があるため、整形率は低くなっています。

では、韓国はどうなのでしょうか。韓国は整形大国とも呼ばれているほどに整形率が高く、芸能人やアイドルも堂々と整形しています。芸能人やアイドルと同じような顔になりたいために、顔を大きく変える方も珍しくありません。そのため、韓国は整形している美人が多くなってきています。このように、韓国は整形率が高く、多くのクリニックが乱立しているのです。

韓国で受けられる美容医療

韓国では、整形だけではなく美肌治療も受けられます。美人になるための施術であれば、何でも積極的に取り入れるのが韓国の特徴と言えるでしょう。具体的に、どのような整形術や美肌治療を受けられるのかをご紹介します。

整形

激安・韓国の整形でオルチャン美人になりたい

 

受けられる整形術は日本のそれと変わりません。しかし、韓国のクリニック独自の整形術を生み出し、ブランディングしているクリニックも多く存在します。オリジナルの整形術を受ける際には、費用や失敗のリスク、副作用、ダウンタイムなどについて、より詳しい説明を求めることが大切です。これは、症例数が少なく、危険性について詳しくわかっていない可能性があるためです。

それでは、韓国で受けられる整形についてご紹介します。

韓国の整形術:目

目頭切開 目尻切開 部分切開二重術 二重まぶた埋没法

韓国の整形術:鼻

ヒアルロン酸注入 プロテーゼ

韓国の整形術:顎

骨きり術 ピンによる固定

韓国の整形術:胸

・シリコンバッグ挿入 ヒアルロン酸注入 ・乳輪切開 ・切開による乳房挙上術

クリニックによって、施術の名称が異なります。名称が異なっても内容は同じなケースが多いため注意が必要です。最新の治療と誤認することを狙っている可能性があります。また、特別な治療法ということで、費用が高くつくケースもあるため、受けるかどうか慎重に決めましょう。

美肌治療

激安・韓国の美肌治療でオルチャン肌になりたい

韓国の美肌治療では、次のような施術を行います。

・レーザー治療 ・イオン導入 ・漢方治療 ・ヒアルロン酸注入

このように、日本の美肌治療とほとんど変わりません。美肌治療も整形と同じく、オリジナルの治療法のように見せるため、個性的な名称で広告しているケースがあります。

韓国で整形するメリット

韓国の美容整形事情徹底解明・オルチャン美人探訪

整形は日本でも受けられますが、あえて韓国で受ける人も多くみられます。なぜ、韓国に行ってまで整形するのでしょうか。韓国で整形を受けるメリットを知ることで、その理由が判明するでしょう。

日本よりも費用を抑えられる

韓国は、日本と比べて美容整形にかかる費用が少なくて済みます。例えば、目頭切開は両目で約200,000~250,000円が費用の相場ですが、韓国では約75,000~130,000円が費用の相場となっています。旅費を考慮しても、日本で受けるよりも費用を抑えられるのです。

美人になりたいと考えている方は、複数部位を整形する傾向があります。整形箇所が多ければ多いほどに、1箇所あたりの費用をいかに抑えられるかが重要となります。例えば、施術部位1箇所につき日本よりも韓国の方が30,000円費用を抑えられる場合、2箇所の施術で60,000円も得になります。

様々なところを整形して美人になりたいという方は、費用を抑えられる韓国での整形を視野に入れるとよいでしょう。

韓国のアイドルや芸能人のような顔になれる可能性がある

日本と韓国では美的感覚が異なるため、日本のクリニックで韓国のアイドルや芸能人のような顔になりたいことを伝えても、うまく施術してもらえない可能性があります。韓国で整形を受ければ、韓国にとっての美人になれる確率が高いのです。もちろん、韓国で整形をしたからと言って、医師の技術が伴わなければ、韓国における美人になることは難しいでしょう。

大きく整形できる

美人になるためには、一目で整形したとわかるようなレベルの整形が必要な場合があります。しかし、日本の美容整形は、より自然に整形することを追求しているため、大きく整形できないケースがあるのです。それに対して韓国の美容整形は、元の顔が想像できなくなるほどに大きく整形するケースが頻繁にあります。

このように、大きく整形することに対する経験値に差があるため、場合によっては韓国で整形した方がよい結果となるのです。

韓国で整形する際にかかる費用

初診料、再診料、カウンセリング料、手術代、手術に使用する使い捨ての道具代、アフターケア量などがあります。ホームページに記載されている料金以外、一切かからないこともありますが、追加料金が発生する可能性があるため、費用は多めに用意しておきましょう。

旅行や現地での生活などにかかるお金も費用に含めておいてください。金銭的なメリットによって韓国で整形を受けるのであれば、本当に日本で受けるよりも安く済むのか、しっかり計算しましょう。

麻酔が別料金の場合が多い

韓国の美容整形クリニックでは、麻酔をオプション料金としていることが多いため注意が必要です。また、その料金も平均20,000~30,000円と高いため、費用に含めておきましょう。

整形の多くは局所麻酔で行えますが、場合によっては全身麻酔が必要です。また、精神を落ち着けるために鎮静剤を使用することもあります。このように、韓国の美容整形は費用の予測が難しいため、問い合わせて確認しておくことが大切です。

韓国での整形失敗のリスク

美人になりたいと思って韓国で整形を受けたところ、思っていたような仕上がりにならなかったというケースがあります。このような美容整形の失敗は、なぜ起こるのでしょうか。失敗の原因を知っておくことで、事前に対策ができます。韓国で整形して美人になるために、失敗の原因と対策を確認しておきましょう。

日本人と韓国人は美的感覚が違う

日本人と韓国人では美的感覚が異なるため、パッチリ二重にしてほしい、目を大きくしてほしいなどアバウトな要望が伝わりにくく、思っているような仕上がりにならないケースがあります。これは、医師と患者の認識の相違が原因であるため、失敗しないためには十分に相談する必要があるのです。 しかし、ここで言葉の壁が問題となります。日本語が堪能なカウンセラーや、会話を翻訳してくれるスタッフがいるクリニックも多いのですが、細かいニュアンスが伝わりにくいことがあります。そのため、写真などを用いて、できるだけ細かいところまで伝わるように工夫が必要です。

再施術を受けられない

基本的に、思っていたのと違ったといったケースでは、再施術を受けられません。左右差がひどい、明らかに施術を失敗しているといったケースでは、無料で再施術を受けられることがほとんどです。この場合、同じクリニックで施術を受けることになりますが、傷口の状態が落ち着いて完成形がわかるようになった頃には、すでに帰国しているケースが多く、もう一度韓国へ行くことになってしまいます。 そうなると、費用が余計にかかってしまうので注意が必要です。

医師選びが難しい


美容整形は需要が高く、儲けが多いため、美容整形外科医を目指す医師が増えています。それだけ未熟な医師も増えているため、整形失敗のリスクが高いのです。有名な医師がいるクリニックを受診しても、未熟な新米医師が施術する可能性があります。 美容整形に失敗せず、美人になりたいのであれば、実際に施術する医師の経歴や実績を確認しておきましょう。

韓国で美容整形を受ける際の注意点

韓国で美容整形を受ける際には、失敗しないために様々なことに注意が必要です。注意点を守らず、美人になりたいという欲求ばかりが先行すると、失敗するリスクが高まります。失敗しないためにも、次のようなことに注意しましょう。

写真を加工しているケースがある

韓国の美容整形のクリニックのホームページには、ビフォーアフター写真が掲載されています。似ても似つかないような美人へと変貌を遂げた写真が数多く掲載されているため、韓国の整形術に関心を持つ方もいるでしょう。 しかし、写真を加工して、劇的な変化を遂げているように見せているだけの場合があります。理想通りの美人の写真が掲載されていても、実際にはそこまで変化できないケースもあるのです。また、ビフォー写真をノーメイクで撮影し、アフター写真をプロが撮影するなどして、よく見せていることもあります。

過去に体験談をねつ造した事例もある

美容整形を失敗しないために確認したいのが、実際にそのクリニックで施術を受けた人の体験談です。本当に美人になれるのか、失敗しないのか、費用はどれぐらいかかるのかなど、様々な情報を得られるため、確認したうえでクリニックを選びたいところです。 しかし、過去に体験談をねつ造し、不当に利益を得たとして課徴金命令が下されたケースがあります。このようなクリニックを選ぶと、美容整形に失敗し、美人になるどころか違和感のある仕上がりになる可能性があるでしょう。 韓国の美容整形は、費用を抑えて美人になれるとして、多くの方が注目しています。しかし、失敗のリスクも高く、美人になるどころか整形失敗の被害を受ける可能性もあるのです。ただし、日本の整形にも失敗のリスクがあります。費用が安いことばかりに注目し、韓国の整形のリスクを確認せずに施術を受けると、整形失敗によって後悔する可能性があります。 失敗せず、理想に近い美人になるためにも、安さではなくクリニックの質や実績、コンプライアンス、モラルなどを優先して選ぶようにしましょう。

 言うまでもなく、韓国のみならず日本でも、上記のように美容クリニックの事例には信憑性が疑わしいケースはもちろんあります。ただ、現地の状況がはっきりと分からない場合は、そのリスクが高まることは予め理解しておきましょう。

スポンサーリンク

医療・美容ライター RYOTA KATO

医療・美容ライター。 2012年からフリーランスとしてライターを始め、執筆本数は9,000本以上に昇る。情報の正確性とわかりやすさにおいて医師からも好評。正...

プロフィール

関連記事