• HOME
  • スキンケア
  • 【必見】そばかす・シミ取りレーザー治療のリスクとデメリット

【必見】そばかす・シミ取りレーザー治療のリスクとデメリット

レーザーのリスクとデメリット|美容医療
スキンケア
スポンサーリンク

そばかすやシミをきれいさっぱり取りたいなら、やっぱりレーザー!
でも、調べてみると、跡が残った、かえってそばかすが濃くなった、再発した、費用が払いきれなくなったなどなど、怖い口コミも。

リスクとデメリットを洗い出してみましょう。レーザー以外の治療・施術全般の種類を知りたい方は、まず、「【完全ガイド】シミ・そばかすを消す皮膚科(美容クリニック)の治療」をチェックしてみてください。

そばかす・シミ取りレーザーのリスクとデメリット

やけど跡になる

そばかす・シミの原因となる細胞を照射して破壊するレーザー。当然、その周りの肌も傷つき、やけどを負った状態になります。

治療後、かさぶたと赤みが引くまで、1か月は覚悟しましょう。また、皮下出血を生じる場合もあります。

かえって濃くなる・色むらになる

やけど跡のかさぶたと赤みがひいた後、一過性炎症後色素沈着が起こり、新たにシミができたような状態になります。

これは半年ほどで完治するとされていますが、色素が沈着し、結果的にかえってそばかす・シミが濃くなった、色むらになったと感じられる場合もあります。

再発する

そばかす・シミをせっかくレーザーで治療しても、再発する可能性があることは、多くの医院・クリニックがそばかす・シミ取りレーザーのリスクとして説明しています。

そもそも、シミにはさまざまな種類があるので、一つの治療法で部分的にシミを照射したとしても、取り切れずに残ってしまう可能性は少なくありません。また、ニキビや日焼け、ストレスなどの要因により、メラノサイトが刺激され、また同じ場所にそばかす・シミが浮かび上がってくる場合もあります。

【図解】1分で分かる!そばかすの原因とは!?」の記事も、併せてチェックしてみてください。

ケアが面倒

レーザー照射後、以下のような自宅でのケアが求められます。

  • 施術後2週間~1か月ほどは、照射部位へ保護テープを貼り、刺激や紫外線を避ける。
  • 照射部位に専用の外用・内服薬や、コンシーラーを使用する。
  • 入念にUVケアをする。

※治療する医院・クリニックにより差異があります。

これらは絶対厳守とされており、守らないと、治療に不備があった際にも主張することができません。

また、施術後の経過観察にも、複数回、医院やクリニックに通う必要があり、時間のない方にはなかなか大変です。レーザーの進化版で、安全性が高いとされているフォトフェイシャルの場合は、年に数回など、通い続けることが推奨されているケースが多いので、いつまで続ければ良いのかと不安に思う場合もあるようです。

費用がかさむ

保険適用外のそばかす・シミ取りレーザーは、スキンケアなど、他のそばかす・シミを消す手段と比較して、かなり割高ですが、術後にさらに費用がかかるケースも少なくありません。

よく耳にするのは、術後に使用する外用・内服薬の費用が予想以上に高かったという声や、レーザーとフォトフェイシャル、ハイドロキノンなどの混合治療を進められて高額になったという声など。予め、リスクも含めて最も費用が高い場合いくらになるのかを、きっちり確認しましょう。

また、万が一、色素が沈着したり、再発したりする場合、ハイドロキノンなどの他の治療を進められるケースが大半なため、費用が雪だるま式に膨れ上がることになります。

医院・クリニック選びが難しい

美容医療や施術は、基本的に自由診療。保険適用外なので、高額です。

そこで迷ってしまうのが、医院・クリニックの選び方。価格設定・経験値・アフターフォロー・保証・カウンセリングなど、総合的に判断して選ばなくてはなりません。

よく名前が知られてる医院・クリニックだからと言って、妄信するのは危険です。なるべく実際にその医院・クリニックで同じ施術を受けた人から話を聞き、カウンセリングの際は臆せず、聞きたいことを聞くようにしましょう。

いくつかの医院・クリニックでカウンセリングを受け比較してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

Aifeel編集部

寄せられたお悩みや、専門家の先生方のアドバイスを元に、忙しい毎日の中で、楽しく無理なく美しくなるための情報を、ジャンルを超えて、幅広くお届けします。 タレコ...

プロフィール

関連記事