• HOME
  • スキンケア
  • 生理前にニキビができやすい理由とは?生理前ニキビの原因と治し方

生理前にニキビができやすい理由とは?生理前ニキビの原因と治し方

女性のスキンケア:生理前のニキビ・肌荒れをコントロール
スキンケア
スポンサーリンク

毎月女性におとずれる生理ですが、中には生理前になると「ニキビができやすくなる…」という人も多いのではないでしょうか?

普段どんなにスキンケアや食生活、睡眠などに気を付けていても、生理前になるとニキビや肌荒れが出てしまうことってありますよね。

この記事では、生理前にニキビができやすくなる原因とその治し方や予防法を解説していきます。

生理前にニキビができやすくなる原因とは?

生理前になるとニキビができやすく、鏡を見て悩んでいる女性

生理前にニキビができやすくなるのは、ホルモンバランスの乱れが原因の一つです。

女性ホルモンには「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2種類があります。

生理前になると、これらのホルモンバランスが乱れやすくなり、黄体ホルモンの分泌量が増加します。

黄体ホルモンには皮脂分泌を盛んにする作用があるため、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビができやすい状態になるのです。

また、生理前はストレスや生活習慣の乱れによる影響を受けやすく、「男性ホルモン(アンドロゲン)」の分泌量が増えることがあります。

男性ホルモンが増加すると、さらに皮脂の分泌を促してしまい、余計に毛穴が詰まりやすくなるニキビができやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

生理前にできるニキビの治し方と予防法

生理前にできるニキビは、普段からしっかりと対策することで、ある程度予防することができます

また、ニキビができてしまったとしても、症状もそれほどひどくならないケースも多いです。

生理前ニキビを改善するうえで欠かせない5つのポイントを解説するので、ぜひできることから始めてみてください。

1.正しいスキンケアを行う

ニキビケアの基本は「洗顔」です。

洗顔をすることにより、古い角質や余分な皮脂、残ったメイクなどを洗い落し、肌を清潔に保ことがニキビの予防・改善につながります。

ただし、洗顔しすぎると肌の乾燥を招いてしまい、皮脂の分泌が過剰になり、かえってニキビができやすくなってしまいます。

また、皮脂を取り過ぎてしまうため、洗顔料(洗顔フォーム)の使いすぎもNGです!

朝はぬるま湯で軽く洗うだけにして、夜は洗顔料を使用して肌の汚れをしっかり落とすようにしましょう。

2.栄養バランスのとれた食生活を送る

いくら毎日正しいスキンケアをしていても、乱れた食生活ばかり続けていると、ニキビができやすくなります。

特に刺激が強いものや脂っこいもの、甘いものを食べすぎたりすると、皮脂の分泌量を増やしてしまうので注意してください。

生理前や生理中は、なるべく野菜中心のメニューで過ごすことが望ましいです。

また、ニキビに効くと言われている「ビタミンB2」や「ビタミンB6」などの栄養素を積極的に取ると、より効果的です。

生理前ニキビをできにくくするためには、毎日正しいスキンケアを行うとともに、食生活を見直してみてください。

3.十分な睡眠をとる

寝不足はお肌の天敵」とも言われており、毎晩十分な睡眠が取れていないと、ニキビができる原因となります。

肌の再生(ターンオーバー)を促す「成長ホルモン」は、眠っている間に多く分泌されるため、眠らなければ分泌されません。

睡眠不足によって成長ホルモンが不足すると、肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、古い角質がいつまでもはがれずに表皮に残ります。

また、皮膚の一番外側にある角質(角質層)が厚くなるため、皮脂が毛穴の中に詰まりやすくなって、新しいニキビができやすい状態になってしまうのです。

しかも、できてしまったニキビの治りが遅くなったり、ニキビ痕がいつまで経っても消えないなどの様々な悩みにつながります。

規則正しい生活を心がけながら、遅くても23時までには寝るようにしましょう。

4.ストレスを溜めない

ストレスを溜めるとホルモンバランスの乱れにつながります。

ホルモンバランスが乱れることで、皮脂の過剰分泌を招いてしまい、ニキビの原因になります。

特に生理前や生理中はストレスの影響を受けやすいので注意してください。

まずは自分にあったストレス発散方法を見つけることが重要です。

5.適度な運動をする

適度な運動(ウォーキング・ジョギング・スイミング等)をすることで、肌のターンオーバーの正常化につながり、ニキビの改善を早める効果が期待できます。

さらに、運動することによって腸の働きが促進されるので、便秘の解消にも効果的です。

※過度の負担のかかる運動(筋力トレーニング等)は、活性酸素を多く発生させる原因となり、ニキビができやすくなることもあるので注意してください。

  • 通勤中の電車の中では立つ
  • エレベーターを使わず、階段を使う
  • 一駅手前で降りて歩く

等々…

毎日できるちょっとしたことでも、生理前のニキビを予防するだけではなく、ダイエット効果も期待できるのでオススメです。

生理中にニキビができた場合の治し方とは?

生理中にニキビができて悩んでいる女性

生理前だけではなく、生理中にニキビができてしまうこともありますよね。

どうやって治せばいいのかわからない…」という方も多いのではないかと思います。

でも実は生理中にニキビができた場合も、基本的には生理前ニキビと同じ治療法で問題ありません。

まずはニキビケアの基本である正しいスキンケアを行いながら、毎日の生活習慣を見直し、ストレスを溜めない(解消する)ことが重要です。

また、たかがニキビと放置せず、ニキビができたら“すぐに”治療を開始しましょう。

ニキビは症状が進行するにつれて、ニキビ痕が残ってしまう可能性が高くなるので、早期治療がカギとなります。

市販薬などを使用しても症状がよくならず、自分だけでは対処できない場合には、ニキビ痕を残さずきれいに治すためにも、なるべく早く病院へ行くようにしましょう。

ニキビを潰すのは「ダメ。ゼッタイ。」

黄ニキビを無理やり潰すとニキビ痕が残ってしまう恐れがある

ニキビが進行すると、膿をもった「黄ニキビ」ができることがあります。

黄色ニキビは目立ってしまうので、ついついニキビを潰してしまっている人もいるのではないでしょうか?

しかし、「ニキビが気になる!!」からといって無理やりニキビを潰してしまうと、ニキビ痕が残ってしまう恐れがあります。

一度ニキビ痕ができてしまうとなかなか消すことができず、ニキビを治すよりも遥かに大変です。

できてしまったニキビをきれいに治すには、なるべく患部に刺激を与えないように気をつけて、正しいニキビケアを行うことが大切です。

最後に

生理前にニキビができやすくなる原因と治し方についてご紹介してきました。

生理前のニキビを改善・予防するには、まずは生理周期や排卵日などを把握することが重要となります。

そして、できるだけ生理前ニキビができないよう、スキンケアや食生活、睡眠など生活リズムを整えましょう。話題の「肌の断捨離」や「シンプルスキンケア」を実践してみるのも一つの手段です。

私も生理前にできるニキビにずっと悩んでいましたが、しっかりと対策することによって、だいぶニキビができにくくなりました!

生理前だから仕方ない」なんてあきらめずに、毎日地道にニキビケアすれば、少しずつニキビのできにくい肌へと変わっていきます

生理前ニキビの原因と治し方を知ることで、「ニキビ0」のきれいなお肌をつくりましょう。

スポンサーリンク

医薬品アドバイザー さくら

某大手ドラッグストア店長として働きつつ、登録販売者や化粧品検定の資格を取得し、現在は医薬品アドバイザーとして活動中。化粧品大好き・サプリ大好きな美容健康マニ...

プロフィール

関連記事